自己スプライシング

出典: meddic

self-splicing
セルフスプライシング



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/03/26 19:08:54」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 134 クロレラウイルスのグループI自己スプライシングイントロンについて
  • 西田 憲正,木村 佳樹,藤江 誠,山田 隆
  • 日本生物工学会大会講演要旨集 平成9年度, 19, 1997-09-05
  • NAID 110002924317
  • 557 クロレラウイルスのグループI自己スプライシングイントロンの解析
  • 田村 耕一郎,ソーンスィー プックポーン,会見 忠則,山田 隆
  • 日本生物工学会大会講演要旨集 平成6年度, 189, 1994-10-10
  • NAID 110002923630

関連リンク

自己スプライシング(じこスプライシング)とは、蛋白質因子の非存在下で、イントロン RNA 自身が自己の配列のスプライシングを行う反応。2種類の自己スプライシング イントロンが知られる。実際には生体内では蛋白質の作用も大きな影響を与えると考え ...

関連画像

真核生物のタンパク質合成酵母フェニルアラニンtRNA  rRNAの自己スプライシングExperiment:遺伝子の中の厄介者 アポトーシスとSLEの展望選択的スプライシング


★リンクテーブル★
リンク元self-splicing」「セルフスプライシング
拡張検索自己スプライシング型リボソームRNA
関連記事スプライシング」「自己

self-splicing」

  [★]

セルフスプライシング」

  [★]

self-splicing
自己スプライシング

自己スプライシング型リボソームRNA」

  [★]

self-splicing ribosomal RNA

スプライシング」

  [★]

splicing
イントロン


自己」

  [★]

self, oneself, ego




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡