臍仙痛

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 腹部 (特集 小児外来の育児相談) -- (各論2 身体上の相談)
  • 再発性臍仙痛の症例における箱庭療法

関連リンク

トップページ | 漢方で改善されたお客様 | 生活習慣病と漢方薬 | 女性と漢方薬 | カゼと 漢方薬 | 皮膚病と漢方薬 | 痛みと漢方薬 | 糖尿病と漢方薬 | 漢方薬の解説 | オリエンタルハーブティー | お店のご案内 | リンク集 |. TOP > 小児腹痛 反復性臍仙痛 ...
2012年3月26日 ... miraのLoves it!の記事、再発性臍仙痛?です。 ... 帰ってきてググってたら「再発性臍仙 痛」という病名をみつけました。 ○幼稚園、小学校、中学校の時期に、 4歳~15歳くらい までの年齢で、 検査で異常がなく 器質的には異常がなく、 ...

関連画像

所当前页面:网站首页-- 小鱼际 陶器灸と刺さないてい鍼の鈴木 出ている状態です。前方(おへそ側)に傾いて


★リンクテーブル★
リンク元起立性調節障害
関連記事

起立性調節障害」

  [★]

orthostatic dysregulation OD, orthostatic intolerance
起立性低血圧

概念

  • 立ちくらみ、めまい、頭痛、朝起きが悪いなどの起立性低血圧症状に、動悸、頭痛、腹痛などを伴った全身性の自律神経反射の不安定な状態。
  • 朝起きられず、学校に行きづらいために登校拒否と間違われている例が少なくない(PED.967)

疫学

  • 思春期(10歳以降、12-14歳で最多)に多く、性差なし(若干、女児多い) (PED.968)
  • 学童の3-10%に認められる (PED.968)
  • 4月から7月に症状が悪化。成績が低下しうる。
  • 家族、特に母親にも同様の症状をみることが多い。

病因

  • 自律神経の失調:起立という動作に対する心臓、血管を主体とする循環器系の反応、調節が十分でないために種々の症状を呈する(PED.967)。
  • 心理的ストレスの影響を受ける:小学生では母親からの分離不安や転換性障害。中学生では学業や友人関係のトラブルから生じる適応障害、不安障害、転換性障害など。

病態

  • 本来起立時に起こる血管反射の失調 → 下半身への血液の貯留 → 循環血液量減少 → 心拍出量低下 → 脈圧↓(収縮期血圧↓、拡張期血圧↑)、脳血流低下

症状

  • 立ちくらみ、眩暈
  • 易疲労感、食欲不振、頭痛、腹痛

診断

  • 症状 + 起立試験

鑑別診断

  • 貧血、脳腫瘍、てんかん、神経症など

診断基準

PED.967 参考3
  • 大基準
  • A. 立ちくらみ、あるいはめまいを起こしやすい
  • B. 立っていると気持ちが悪くなる、ひどくなると倒れる
  • C. 入浴時あるいは嫌なことが目開すると気持ちが悪くなる
  • D. 少しでも動くと動悸あるいは息切れがする
  • E. 朝なかなか起きられず、午前中調子が悪い
  • 小基準
  • 顔色が青白い。
  • b. 食欲不振。
  • c. 臍仙痛をときどき訴える。
  • d. 倦怠あるいは疲れやすい。
  • e. 頭痛をしばしば訴える。
  • f. 乗り物に酔いやすい。
  • g. 起立試験で脈圧狭少16mmHg以上。
  • h. 起立試験で収縮期血圧低下21mmHg以上。
  • i. 起立試験で脈拍数増加1分間21以上。
  • j. 起立試験で立位心電図T1, T2 の0.5 mV以上の減高、その他の、変化。  ← I誘導、II誘導のT波のことらしい

判定

以上の症状のうち、次のいずれかに当てはまり、かつ器質性疾患を除外して、起立性調節障害と診断する。
  • (1)大症状1と小症状3以上
  • (2)大症状2と小症状1以上
  • (3)大症状3以上

検査

  • 起立試験
  • 1. 脈圧低下が16mmHg以上
  • 2. 収縮期血圧低下が21mmHg以上
  • 3. 脈拍数増加が1分間に21以上
  • 4. ECG上、I,II誘導においてT波が0.2mV以上減高

治療

  • 薬物療法:昇圧薬(アメジウム、ミドドリンジヒドロエルゴタミンなど)、末梢血管収縮薬、抗不安薬を選択し
  • 生活療法:睡眠リズムを正常に戻す生活指導、運動療法、乾布摩擦などの鍛練療法、 → 血管反射を促す
  • 心理療法:自律訓練法など

参考

  • 1. 起立性調節障害Support Group
企画・監修:田中 英高 (大阪医科大学小児科准教授) 、企画協力:松島 礼子 (済生会吹田病院小児科)
http://www.inphs-od.com/
  • 2. 日本小児心身医学会
http://www.jisinsin.jp/detail/01-tanaka.htm
  • 3.
http://www.uraoka.com/sonota/od.html


痛」

  [★]

pain
痛み疼痛




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡