膵液瘻

出典: meddic

pancreatic fistula
膵瘻



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臨牀指針 膵体尾部切除後の膵液瘻に対し経鼻膵管ドレナージ術が有効であった1例
  • 児玉 肇,渡邉 学,浅井 浩司 [他]
  • 臨牀と研究 89(12), 1709-1711, 2012-12-00
  • NAID 40019542175
  • 臨床報告 メタリックステントを使用して非観血的に内瘻化しえた膵頭十二指腸切除術後難治性膵液瘻の1例
  • 石橋 雄次,伊藤 豊,大森 敬太 [他]
  • 臨床外科 = Journal of clinical surgery 67(13), 1584-1587, 2012-12-00
  • NAID 40019507889

関連リンク

新臨床外科学 膵液瘻 山形大学医学部 器官機能統御学 消化器・一般外科学 (第一外科) 木村理 Kimura Wataru 索引用語:膵液瘻,瘻孔,ドレーン管理,持続洗浄,Letton-Wilson 変法 〒 990-9585 山形市飯田西2−2−2
膵液瘻は、破損した膵管から膵分泌物の漏出が原因で膵臓および他の器官との間の通信異常です。 ''外部''膵液瘻は皮膚と通信するものです、そして内部の膵液瘻は、他の臓器またはスペースと通信するのに対し、また ...
原著 膵頭十二指腸切除術後の膵液瘻に対するドレーン排液中の アミラーゼ濃度と排液量に関する検討 国立がんセンター東病院上腹部外科 信岡 大輔 後藤田直人 小西 大 中郡 聡夫 高橋進一郎 木下 平 はじめに:近年,膵頭十二指腸切除 ...

関連画像

膵頭十二指腸切除術について 膵液瘻の予防効果を改善せず内瘻チューブ(胆管ステント)5.早期経腸栄養の実際


★リンクテーブル★
国試過去問097H034
リンク元膵瘻
関連記事膵液

097H034」

  [★]

  • 消化管瘻と排液の性状の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097H033]←[国試_097]→[097H035

膵瘻」

  [★]

pancreatic fistula
膵液瘻


膵液」

  [★]

pancreatic juice
膵臓

概念

  • 消化酵素を含むアルカリ性の分泌液である。

分泌量

  • 1.2-1.5 L/day

構造

  • 1. 腺房
腺房細胞
消化酵素分泌、チモーゲン顆粒(+)
腺房細胞は隣接する細胞とGap junctionを形成
→cAMP,Ca2+などは隣接細胞に拡散
→腺房が分泌の機能単位
  • 2. 導管系
介在導管intercalated duct
一部は中心腺房細胞として腺房内に入り込んでいる。チモーゲン顆粒(-)
小葉内導管intralobular duct
小葉外導管extralobular duct

成分

  • 1. 電解質
陽イオン:Na+,K+(ほぼ血漿濃度)、Ca2+,Mg2+(濃度低い)
陰イオン:HCO3-(血漿濃度の4倍),
Cl-,SO42-,HPO42-(濃度低い)
なお、HCO3-とCl-は分泌速度依存的
膵液の分泌速度が速いとき、HCO3-↑、Cl-↓
膵液の分泌速度が遅いとき、HCO3-↓、Cl-↑
  • 2. 消化酵素
  • アミラーゼ
膵αアミラーゼ
  • ペプチダーゼ:不活性化状態で分泌
トリプシノーゲン
キモトリプシノーゲン
プロカルポキシペプチダーゼA,B
プロエラスターゼ
  • リパーゼ
膵リパーゼ(ステアプシン)
コレステロールエステルヒドロラーゼ
プロホスホリパーゼA2
  • 核酸分解酵素(RNA,DNA→ヌクレオチド)
リボヌクレアーゼ
デオキシリボヌクレアーゼ

生理的分泌調節機構

  • 1. 頭相
全食事中の約20%分泌
味覚・嗅覚(無条件性)、聴覚・視覚(条件性)→迷走神経(ACh作動性)→膵腺房→膵液分泌↑→胃G細胞→ガストリン↑
  • 2. 胃相
  • 2-1. 胃壁伸展→迷走神経局所反射(Ach作動性)
→膵腺房→膵液分泌↑ →胃G細胞→ガストリン↑
  • 2-2. 食物ペプチド,アミノ酸→胃G細胞→ガストリン↑→膵液分泌↑
  • 3. 腸相
全食事中の約80%分泌
  • 3-1. フェニールアラニン・脂肪酸,モノグリセリド→小腸I細胞→CCK↑→膵腺房→膵液分泌↑
  • 3-2. 腸pH<4.5→小腸S細胞→セクレチン↑→導管→Na+,HCO3-分泌↑
  • 3-3. アミノ酸,脂肪酸,→十二指腸粘膜→迷走神経反射→ACh↑→膵腺房→膵液分泌↑

電解質の分泌調節

  • 1. 腺房細胞
  • ACh(迷走神経),CCK→[Ca2+]i↑→K+,Cl-チャンネル活性化→血漿成分に近い電解質および酵素を分泌。すなわちCl-のみ分泌されるため、細胞間隙からNa+,H2Oが移動する結果等張となる。
  • 2. 導管細胞
  • セクレチン→cAMP↑→Cl-チャンネル活性化→HCO3-/Cl-交換輸送→HCO3-分泌→電気的勾配に従ってNaが分泌される。

消化器ホルモンによる分泌調節






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡