膠原線維

出典: meddic

collagen fiber, collagenous fiber
コラーゲン線維、白色線維 white fiber
[[]]
[show details]



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/21 06:35:40」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 血腫形成を伴った腰椎黄色靱帯内ガングリオン嚢胞の病理・免疫組織化学的検討
  • 北浜 義博,難波 宏樹,花北 順哉
  • 脳神経外科ジャーナル 21(2), 132-137, 2012-02-20
  • … グリオン嚢胞によるL5神経根症と診断し,黄色靭帯摘出を実施した.この摘出標本を対象としてHE, EVG, AZAN, congo redの病理染色およびCD31, CD34, VEGFR2, vWFの免疫染色を実施した.病理学的に変性の重症度を弾性線維,膠原線維,間質の硝子化変性の所見を基に評価し,血管新生出現の様子を免疫染色で観察した.【結 果】椎間関節より連続したガングリオン嚢胞には出血所見を伴っていた.ガングリオン周辺には炎症所見を認め,免疫染 …
  • NAID 110009328135
  • チタンメッシュトレーとPCBMによる下顎骨再建を施行した類腱型エナメル上皮腫の1例
  • 川村 貴史,千葉 卓,八木 正篤,古城 慎太郎,瀬川 清,水城 春美,三上 俊成,佐藤 泰生,武田 泰典
  • 岩手医科大学歯学雑誌 36(1), 65-70, 2011-05-10
  • … 類腱型のエナメル上皮腫(desmoplastic ameloblastoma:DA)は,エナメル上皮腫の一亜型で,豊富な膠原線維の増生からなる間質と石鹸泡状のエックス線透過像を特徴とする.DAは,X線学的に境界不明瞭で,腫瘍周囲の被膜がないため切除範囲の設定が困難で,典型的なエナメル上皮腫と比較して,再発の割合が高いと考えられている.2006年9月,58歳の男性が,下顎右側臼歯部歯肉の腫脹と顎骨の膨隆にて近医より当科を紹介受診した.画像所見 …
  • NAID 110008752162

関連リンク

デジタル大辞泉 膠原線維の用語解説 - 結合組織を構成する線維の一種。コラーゲンからなり、腱・靭帯(じんたい)・骨などに多く含まれる。煮ると膠(にかわ)状になる。 ...
線維は、基質を強め、結合組織を支持する。 線維には、膠原線維・弾性繊維・細網繊維の3つがある。 膠原線維 は、コラーゲンから構成され、引く力に対して非常に強い。硬くないため組織に柔軟性をあたえる。ほとんどの結合組織に存在し ...
詳細はコラーゲン線維の項目にあります 膠原線維とは、コラーゲン線維のこと。コラーゲン線維をつくっている 蛋白質? コラーゲンは、日本語の別名を膠原質(こうげんしつ)というので、膠原線維と呼ぶ。

関連画像

膠原線維(コラーゲン copyright 1996 2014 dermis膠 原 線維 束 の 増生 から 乾燥肌には、ヒアルロン酸 真皮膠原線維基質内に無計画 は膠原線維。(EV染色)


★リンクテーブル★
国試過去問102B037
リンク元染色法」「血管」「皮膚の構造」「collagen fibre」「collagen fiber
関連記事原線維」「線維

102B037」

  [★]

  • 肺の細胞と機能の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102B036]←[国試_102]→[102B038

染色法」

  [★]

種類 染色法 染色結果
塩基性色素 ヘマトキシリン
酸性色素 エオジン
色素 染色部位
電荷 種類 種類 電荷
塩基性色素 ヘマトキシリンアズール 好塩基性 核酸、リボソーム(rRNA)、硝子軟骨
酸性色素 エオジン 好酸性 膠原線維



バクテリア



血管」

  [★]

blood vessel, blood vessels
  • 図:M.28

構造

  • 内皮細胞(単層扁平上皮細胞)
  • 基底板
  • 内皮下結合組織(内皮下層 subendothelial layer):疎性結合組織、縦走平滑筋
  • 内弾性板
  • 結合組織に移行

動脈 内膜 中膜 外膜
弾性血管 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
不完全な内弾性板
40-70層の有窓性弾性板
弾性板の間に存在する平滑筋細胞
薄い弾性板
外半分には脈管栄養細胞が分布
線維・弾性結合組織
脈管栄養血管
リンパ管
神経細胞
筋性動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
厚い内弾性板
40層に及ぶ平滑筋細胞層
厚い外弾性板
薄い線維・弾性結合組織
脈管栄養血管は著明でない
リンパ管
神経線維
細動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層:目立たない
内弾性板はなく、弾性線維がある
1-2層の平滑筋細胞 疎性結合組織
神経線維

分類



皮膚の構造」

  [★]

皮膚

機能

  • 外敵や外傷からの保護
  • 体液の保持
  • 体温調整(血管, 汗腺)
  • 感覚(皮神経と感覚終末)
構造名 主な組織の型 その他の組織
表皮 角化重層扁平上皮  
真皮 密性かつ不規則に並んだ弾性線維膠原線維 立毛筋
皮下組織 浅筋膜 疎性結合組織と脂肪 汗腺の最深部、血管、リンパ管、皮神経
皮膚支帯    
筋膜 深筋膜 密性かつ規則的に並んだ密性結合組織  
骨格筋    


collagen fibre」

  [★]

コラーゲン線維膠原線維、膠原繊維

collagen fiber


collagen fiber」

  [★] 膠原線維コラーゲン線維

原線維」

  [★]

fibrilfibrillaryfibrillar
原繊維繊維状


線維」

  [★]

fiber, fibre





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡