膜電位依存性

出典: meddic

voltage-dependency, membrane potential dependence
電位依存性


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 心筋膜電位依存性カルシウムチャネルに対するステロイドホルモンの遺伝的および非遺伝的作用 (特集 電位依存性Caチャネルの時間・空間的制御の分子機構)
  • 伊藤 淳平,Maturana Andres Daniel,山田 充彦 [日本語訳]
  • 日本薬理学雑誌 = Folia pharmacologica Japonica : くすりとからだ : ファーマコロジカ 144(5), 206-210, 2014-11
  • NAID 40020250737
  • 心筋膜電位依存性カルシウムチャネルに対するステロイドホルモンの遺伝的および非遺伝的作用
  • 伊藤 淳平,
  • 日本薬理学雑誌 144(5), 206-210, 2014
  • … モデリングを促進する.L 型膜電位依存性カルシウムチャネルとT 型膜電位依存性カルシウムチャネルは,心筋細胞におけるステロイドホルモンの主たる標的である.両チャネルはカルシウムの細胞内流入の主経路であり,カルシウム流入は心臓の収縮と自動能双方を引き起こす.この総説で我々は,ステロイドホルモンの心筋細胞内の両膜電位依存性カルシウムチャネルに対す …
  • NAID 130004704233
  • T型膜電位依存性カルシウムチャネルを介した認知機能調節
  • 森口 茂樹
  • 日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica 139(4), 187, 2012-04-01
  • NAID 10030572613

関連リンク

形質膜越えのカルシウムイオン (Ca 2+) 流入経路として、異なる活性化機構により開口するカルシウムチャネルが知られる。 それらの中でも膜電位の脱分極によって開口する電位依存性カルシウムチャネル (Voltage-dependent calcium ...
2. 構造と分類 VDCCは、生体膜電位の変化に応じてイオン透過孔の開閉を調節し、選択的にCa 2+ を透過させる。高電位活性化型と低電位活性化型の2つのVDCCに分類されている。高電位活性化型のVDCCは、α1、α2/δ、βおよびγ ...

関連画像


★リンクテーブル★
リンク元電位依存的
拡張検索膜電位依存性チャネル」「膜電位依存性Na+チャネル」「膜電位依存性Ca2+チャネル」「膜電位依存性K+チャネル
関連記事膜電位」「依存」「電位」「電位依存性」「依存性

電位依存的」

  [★]

voltage-dependent
電位依存性膜電位依存性

膜電位依存性チャネル」

  [★]

membrane potential dependent channel


膜電位依存性Na+チャネル」

  [★] 電位依存性ナトリウムチャネル

膜電位依存性Ca2+チャネル」

  [★] 電位依存性カルシウムチャネル

膜電位依存性K+チャネル」

  [★] 電位依存性カリウムチャネル

膜電位」

  [★]

membrane potential
膜内外電位差 transmembrane potential
静止膜電位活動電位


  • ネルンストの式
  • ゴールドマン-ホジキン-カッツの式
透過性をPK : PNa : PCl = 1 : 0.04 : 0.45考慮して
  • PNa = 0.04PK
  • PCl = 0.45PK
ここでカリウムの透過性のみが変わるとしてカリウムのPKをaPKに置き換える。


  • aを小さくしていくと分母の方が影響が大きいのでlnの中の数字は大きくなる → lnで計算される値も大きくなる → カリウムの膜透過性が低下すると脱分極の方向に向かう → インスリンの分泌の生理学的な説明となる
a
0.001 -1.79645468504936
0.01 -1.81464138279217
0.1 -1.97199551953099
0.2 -2.10805663276504
0.5 -2.38022896106008
0.7 -2.49890594514455
1 -2.62728259307073

参考


依存」

  [★]

dependence
薬物依存麻薬中毒


依存の3要素

  • 1. 身体依存:精神作用物質が長時間体内にあり、効果を発現し続ける結果、生体がその物質に適応して正常に近い機能を営むようになった状態。身体依存が生じる薬物は抑制性の薬物で、離脱症状は興奮性となる
  • 2. 精神依存:精神作用物質を使用したいというしばしば強く、時には抵抗できない欲求
  • 3. 耐性  :精神作用物質の効果が長期の摂取のために減弱し、初期の効果を得るためにより大量の摂取が必要となった状態


電位」

  [★]

voltagepotentialelectrical potentialelectric potential
可能可能性潜在的ボルテージポテンシャル有望電圧


電位依存性」

  [★]

voltage dependencevoltage dependencyvoltage-dependent
電位依存的膜電位依存性電位依存


依存性」

  [★]

dependencydependent
依存依存的依存型依存度




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡