膜蛋白質

出典: meddic

膜タンパク質

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/10/19 07:42:36」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • G蛋白質共役型受容体の過渡的なダイマー形成 : 1分子観察法による研究 (第5土曜特集 GPCR研究の最前線2016) -- (GPCR研究のあらたな基盤と視点)
  • 大腸癌組織膜蛋白質のプロテオーム解析によるバイオマーカーの開発 (多戦略的大腸癌バイオマーカー開発)
  • 臨床病理 : 日本臨床検査医学会誌 63(3), 322-327, 2015-03
  • NAID 40020422267
  • 若手の最新研究紹介コーナー iTRAQ法による網羅的膜蛋白質の解析を用いた子宮平滑筋肉腫の新しい治療法の樹立(2013~2015年度 文部科学省科学研究費補助金採択研究)

関連リンク

膜蛋白質の膜組込に関わる膜蛋白質YidC オリゴペプチド輸送体 POT Ca2+/H+交換体CAX 多剤排出因子MATE チャネルロドプシン トランスロコン SecDE トランスロコン SecYE マグネシウムイオン輸送体 MgtE Last-modified: 2014-05-26 ...
膜蛋白質の構造研究 岩田 想 京都大学大学院医学研究科 細胞及び蛋白質 私たちの体は無数の 細胞で構成されてい ます。細胞の表面は 細胞膜という脂質の 膜によって覆われて います。細胞には多 くの蛋白質が存在 し、各種の機能を

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元膜タンパク質」「膜結合タンパク質」「表面タンパク質」「内在性膜タンパク質」「細胞膜タンパク質
拡張検索EBウイルス潜伏感染膜蛋白質
関連記事蛋白質」「白質」「

膜タンパク質」

  [★]

membrane protein
膜タンパク膜蛋白膜蛋白質
シグナルペプチドGPIアンカー
内在性膜タンパク質表面タンパク質細胞表面タンパク質膜結合タンパク質細胞膜タンパク質
[show details]




膜結合タンパク質」

  [★]

membrane-associated protein
膜タンパク内在性膜タンパク質表面タンパク質細胞表面タンパク質細胞膜タンパク質膜結合タンパク膜結合性タンパク質膜蛋白質膜結合性タンパク


表面タンパク質」

  [★]

surface protein
膜タンパク内在性膜タンパク質細胞表面タンパク質膜結合タンパク質細胞膜タンパク質表在性タンパク質膜蛋白質

内在性膜タンパク質」

  [★]

integral membrane protein
膜タンパク表面タンパク質細胞表面タンパク質膜結合タンパク質細胞膜タンパク質膜蛋白質


細胞膜タンパク質」

  [★]

cell membrane protein
膜タンパク内在性膜タンパク質表面タンパク質細胞表面タンパク質膜結合タンパク質膜蛋白質


EBウイルス潜伏感染膜蛋白質」

  [★]

EB virus latent membrane protein, LMP


蛋白質」

  [★]

protein
タンパク質タンパク蛋白プロテイン
アミノ酸ポリペプチド
  • L-アミノ酸が重合してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。

食事摂取基準

年齢 男性 女性
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
0~5(月) 10 10
6~8(月) 15 15
6~11(月)
9~11(月) 25 25
1~2(歳) 15 20 15 20
3~5(歳) 20 25 20 25
6~7(歳) 25 30 25 30
8~9(歳) 30 40 30 40
10~11(歳) 40 45 35 45
12~14(歳) 45 60 45 55
15~17(歳) 50 60 45 55
18~29(歳) 50 60 40 50
30~49(歳) 50 60 40 50
50~69(歳) 50 60 40 50
70以上(歳) 50 60 40 50
妊婦(付加量) 初期   + 0 + 0
中期 + 5 + 5
末期 + 20 + 25
授乳婦(付加量) + 15 + 20

QB

  • 蛋白質の1日の摂取量は体重1kgあたり約1g。腎不全の食事療法(低蛋白食)では0.6-0.8g/体重kgである。
  • PFC比率=蛋白:脂肪:炭水化物=10-20%:20-30%:50-70%

臨床関連

  • 血清タンパク:
  • 臨床検査では血清を用いる

参考

  • 1. 「日本人の食事摂取基準」(2010年版)
[display]http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/s0529-4.html








白質」

  [★]

white matter
substantia alba
灰白質


  • 脳と脊髄の断面で、肉眼的に白色を呈する部分。
  • 髄鞘をもった有髄神経線維が密に集合している。
  • 画像:
  • CTでは低吸収にみえる → やはり脂質にとむ髄鞘が多いからでしょう
  • MRIでは高吸収にみえる。見え方としてはCTの逆と覚えればよい。


質」

  [★]

quality
品質




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3