膜侵襲複合体

出典: meddic

membrane attack complex, MAC
膜傷害複合体
complement membrane attack complex
[show details]

  • 溶菌作用を有する補体カスケード産物C5b6789複合体



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • C6,C7,C8およびC9 (広範囲 血液・尿化学検査 免疫学的検査(第7版・3)その数値をどう読むか) -- (免疫学的検査 補体および関連物質)
  • 畑中 道代,北野 悦子
  • 日本臨床 68(-) (980), 90-93, 2010-06
  • NAID 40017181713
  • C3(β1C/1Aグロブリン)およびC5 (広範囲 血液・尿化学検査 免疫学的検査(第7版・3)その数値をどう読むか) -- (免疫学的検査 補体および関連物質)
  • ギラン・バレー症候群におけるあらたな治療の試み (あゆみ ギラン・バレー症候群)
  • 小鷹 昌明,結城 伸泰
  • 医学のあゆみ 226(2), 165-169, 2008-07-12
  • NAID 40016125351

関連リンク

・抗原抗体複合体可溶化 抗原抗体反応は一方方向の反応ではなく、ある程度の可逆性がある。補体には抗原抗体複合物に結合する能力があり、補体が結合した複合物が抗原と抗体にいったん離れてしまうと、抗原抗体は再び結合しなく ...
図2.41 膜侵襲複合体の形成によって標的の 細胞脂質二重層膜に穴が開けられる 膜侵襲複合体会合過程とその形態が模式的に 示されている.C5b が生成すると,それにC6,C7,C8 が1 分子ずつこの順序で会合していく. この結果,C7 ...
補体系が活性化されると膜侵襲複合体(MAC)により侵入病原体(細菌)は穴をあけられる。補体(英:Complement)とは、生体が病原体を排除する際に抗体および貪食細胞を補助する免疫システム (補体系) を構成するタンパク質である。補 ...

関連画像

 による補体活性化経路活性化されると 膜侵襲複合体 内膜中膜複合体厚とは 膜侵襲複合体(MAC)の働き】


★リンクテーブル★
先読みMAC
リンク元哺乳類人工染色体」「membrane attack complex」「membrane-attack complex
関連記事侵襲」「複合体」「」「複合」「合体

MAC」

  [★]



哺乳類人工染色体」

  [★]

mammalian artificial chromosomeMAC
非定型抗酸菌複合体膜侵襲複合体


membrane attack complex」

  [★] 膜侵襲複合体 MAC


membrane-attack complex」

  [★] 膜侵襲複合体 MAC


侵襲」

  [★]

invasioninsultaggressioninfestationinsult
観血式感染寄生攻撃性傷害浸潤侵入発作外寄生


複合体」

  [★]

complexcomplexescomposite
合成物錯体多層複合性複合物複雑コンプレックス複合


体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー


複合」

  [★]

complex
合成物錯体複合体複合物複雑コンプレックス


合体」

  [★]

coalescencecoalesceunitecoalescent
癒合癒着




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡