腹壁反射

出典: meddic

abdominal reflex, abdominal wall reflex
腹皮反射、腹壁皮膚反射 abdominal skin reflex
表在反射表在性腹壁反射



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脊髄空洞症に伴う側彎症の臨床的特徴 : 側彎症初期診断における側彎可撓性と腹壁反射の重要性
  • 岩崎 幹季,坂浦 博伸,大島 和也,藤森 孝人,吉川 秀樹
  • 脊柱変形 : 日本側彎症研究会会誌 = Spinal deformity : the journal of Japanese Scoliosis Society 24(1), 40-43, 2009-12-20
  • NAID 10027068853
  • 側弯症初期診断における腹壁反射の重要性
  • 岩崎 幹季,坂浦 博伸,大島 和也,吉川 秀樹
  • 日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 19(1), 19, 2008-03-20
  • NAID 10025188467

関連リンク

表在反射とは「粘膜や皮膚に刺激が加わり、筋肉の反射的収縮が起こる」こと。 ... a) 腹壁反射:背臥位で膝関節を軽く曲げ腹壁を軽く弛緩させ、先に鈍い針で腹壁を外側 より正中に向かってこすると腹壁の収縮により、臍あるいは白線が刺激された側に動く。 3 ...
角膜反射: 角膜にものが触れると目が閉じる。 くしゃみ反射: 鼻の粘膜をこよりなどで くすぐるとくしゃみが出る。 咽頭反射: 咽頭後壁の粘膜を強く押すと吐き気を起こす。 腹壁反射: 腹壁の片側を先の鈍い針などで引っかくと、腹壁の筋が収縮して、臍が刺激 された ...

関連画像

 各種神経障害による反射異常腹壁表在反射とは先の尖った 咨询电话: 13601303601 胡主任張 反射 は 同じ 種類 の 反射 腹壁表在反射


★リンクテーブル★
国試過去問081A070
リンク元表在反射」「皮膚反射
関連記事反射」「腹壁

081A070」

  [★]

  • 嘔吐を繰り返す4歳児で左に示す所見があるとき、まず考えるべき疾患は?あっている組み合わせ?
[正答]

表在反射」

  [★]

superficial reflexes
皮膚反射
  • 皮膚あるいは粘膜受容器を刺激することにより生ずる反射性筋収縮であり、多シナプス反射である。
  • 錐体路徴候の一つあり、錐体路が傷害されると表在反射が消失する

分類

  • 粘膜刺激によるもの
  • 皮膚刺激によるもの
  • 睾挙筋反射:L1,2。大腿内面を軽くこすると同側の睾丸が挙上する。
  • 手掌反射
  • 肩甲反射
  • 肩甲間反射
  • 腹壁表在反射/腹皮反射
  • 腹壁皮膚反射/腹壁反射:上部(T6-T9)、中部(T9-T11)、下部(T11-L1)で腹壁の外側より正中に向かってこすると、正中線が刺激側に移動する。
  • 殿部反射
  • 足底反射:(バビンスキー反射)L5-S2。
  • 肛門表在反射
  • 肛門反射:S4,5。肛門又はその周囲の痛覚刺激、あるいは肛門に指を挿入すると肛門八ツ役筋の収縮が見られる。



皮膚反射」

  [★]

skin reflex, cutaneous reflex
皮膚筋反射 skin-muscle reflex
表在反射



反射」

  [★]

reflex
反射の一覧

反射中枢の存在レベルによる分類

構成要素からの分類

cf.原始反射

原始反射

  • 生命維持のためにする反射
  • 正常な新生児において特徴的に観察される反射的行動を総称してこう呼ぶ。

原始反射の例

  • 乳さがし反射: 口の片側を触られると、赤ん坊の頭がそちらのほうを向くという反射。
  • 吸啜反射: 赤ん坊の口の中にものを入れると、すぐにそれを吸い始めるという反射。
  • モロー反射: 赤ん坊の背中と頭を支えて仰向けにした状態で、上体を数cm上方に起こし、手で支えながら急に頭部を落下させると、両手と両足を左右対称的に外側に伸ばし、それに続いてゆっくりと抱き込むような上肢の運動が見られる反射。大きな音などで驚いたときにも見られる。
  • バビンスキー反射: 足の裏の外縁をゆっくりと踵からつま先に向かってこすることにより、母趾(おやゆび)が背屈し他の4趾が開く(開扇現象)反射。

参考(読んでおく)

[反射]






腹壁」

  [★]

adbominal wall


  • 正式な解剖学用語ではない(Z)






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡