腰痛体操

出典: meddic

exercise for low back pain, exercise for low back management
ウィリアムズ体操



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 慢性腰痛症患者に対する腰痛体操後の即時的変化と大腿筋膜張筋, ハムストリングスへのダイレクト・ストレッチング後の即時的変化 : シングルケースデザインによる検討
  • 大槻 桂右,石倉 隆
  • 理学療法科学 26(5), 651-654, 2011-10-20
  • NAID 10029929311
  • 腰痛予防と腰痛体操 (特集 腰痛予防とリハビリテーション)
  • 中島 義博,原 瑞枝
  • Monthly book medical rehabilitation (134), 43-50, 2011-07-00
  • NAID 40018925158
  • 職場で継続できる腰痛予防体操の提案
  • 澤田 小夜子,林 宏樹,佐藤 恵子 [他],海野 順子
  • 日本職業・災害医学会会誌 = Japanese journal of occupational medicine and traumatology 58(1), 24-28, 2010-01-01
  • NAID 10029837841

関連リンク

腰痛を起こしやすい人には、働く姿勢にも関係がありますが、姿勢の異常や体幹・下肢の筋肉バランスの不良が多く見られることが指摘されています。腰周り3ヶ所の筋肉を鍛える、12種の腰痛体操で、不良姿勢、筋肉のアンバランス ...
4 腰痛体操の注意点 1.柔らかい布団やマットの上で やると腰痛の原因となります 7 四つん這いになって、片足を伸ばします ゆっくり前にかがみます8 両足は軽く開きます 注意!! 腰をひねったり、反らしたりしてはいけません
腰痛予防と腰痛対策に役立つ腰痛体操についての説明です。 ... 腰痛体操 ~家庭で出来る腰痛予防対策~ 簡単にできる腰痛対策・腰痛予防として、一般的な腰痛体操をご紹介します。

関連画像

これは腰痛の再発防止、これは 腰痛体操をご紹介します!お気に入り登録 友だち登録 なり運動できない人は腰痛体操 腰痛が治まったら、こんな体操 の予防改善に効果的な腰痛体操


★リンクテーブル★
リンク元ウィリアムズ体操
関連記事腰痛

ウィリアムズ体操」

  [★]

Williams exercise, Williams exercise for low back management
腰痛体操 exercise for low back managementウィリアムズ屈曲運動法 Williams flexion exercise
腰痛症腰痛



腰痛」

  [★]

low back pain LBP
backachelumbar painlower back painlow backachelumbago
lumbago
背痛腰痛症背部痛腰背部痛腰背痛、放射線による背痛

疫学

  • 腰痛とは、腰部に痛みを訴える状態

疫学

  • 生涯有病率:80% (出典不明)

病因

機序別

  • 変性:腰椎椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、腰椎すべり症
  • 代謝:脊椎の骨粗鬆症による圧迫骨折
  • 外傷:圧迫骨折、横突起骨折、ぎっくり腰(腰椎捻挫)
  • 炎症:可能性脊椎症、強直性脊椎炎、結核性脊椎炎
  • 腫瘍:血管腫、骨髄腫、骨転移

部位別

未完成
  • 脊椎:外傷、変性、感染
  • 泌尿器系:尿路結石、悪性腫瘍
  • 生殖系(産婦人科):子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、切迫流産、前置胎盤早期剥離、絨毛膜羊膜炎
  • 消化器系:胆石、悪性腫瘍

診察

参考1
  • 診断的トリアージと病因分類をおこなう。
  • 診断的トリアージ:
  • (1)Red flag sign:重篤な疾患の可能性がある腰痛
  • (2)Green light:非特異的腰痛。神経学的異常・器質的異常のない予後良好な腰痛
  • (3)Yellow flag sign:慢性腰痛、休職、長期の活動性低下へ移行する可能性がある腰痛

red flag sign

診療エッセンシャルズ 新訂版第2刷 p.313
  • 急性発症
  • 腹部腫瘤
  • 下肢の虚血症候
  • 進行性
  • 安静時に改善しない
  • 夜間の疼痛
  • 発熱、寝汗、体重減少
  • 免疫抑制状態
  • 癌・結核・繰り返す尿路感染の既往
  • 最近の感染症
  • 神経学的異常(特に馬尾症候群)

参考

  • 参考1
http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/search/guideline2009/08-2.html






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡