腰方形筋

出典: meddic

quadratus lumborum (K), quadratus lumborum muscle
musculus quadratus lumborum



起始

停止

神経

機能

カテゴリ

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/24 09:36:47」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • CTスキャンによる病弱高齢者の腰方形筋、大腰筋、傍脊柱筋の加齢的変化と自立度について
  • 斉藤 篤,松原 保,秋本 毅 [他]
  • ホスピスケアと在宅ケア 20(1), 36-41, 2012-04-00
  • NAID 40019358627
  • 神経根症状を伴わない急性腰痛に対する徒手療法の試みー即時効果の検討ー
  • 伊藤 直之,大谷 浩樹,山崎 孝,堀 秀昭,水野 勝則
  • 新田塚医療福祉センター雑誌 7(1), 1-4, 2010-03-31
  • … 腰部運動時痛を発生する部位を抽出するために圧痛所見を確認し、圧痛が認められた椎間関節と仙腸関節にはモビライゼーションを、多裂筋と腰方形筋にはリラクゼーションの徒手療法を施行した。 …
  • NAID 120002188351

関連リンク

【腰方形筋の起始・停止】 (起始) 腸骨稜、腸腰靭帯に付着。 (停...
腰方形筋(ようほうけいきん)は、腹部の筋肉のうち、腹腔後壁を形作る後腹筋である。 ほぼ長方形の形状であり、腰椎の両外側に存在し下位腰椎突起、腸骨稜および腸腰 靱帯を起始とし、上方に向かって走り、第12肋骨に付着する。 腰椎を作用側に屈する 作用 ...

関連画像

画像を等倍で表示します起始腰方形筋腰方形筋僧帽筋と腰方形筋腰方形筋が悪い場合は


★リンクテーブル★
リンク元横隔膜」「後腹壁
関連記事方形

横隔膜」

  [★]

diaphragm (Z,K)
diaphragma
  • 図:N.188,189

起始

停止

神経

機能

横隔膜を貫く器官 (N.189)

大動脈裂孔

高さ:T12

大静脈孔

高さ:T8

食道裂孔

高さ:T10

筋束を直接貫いているもの

裏側を通っている

体表解剖

  • 第5肋骨と右鎖骨中線との交点、及び第6軟骨と左鎖骨中線との交点について、これら2交点を結ぶ線

発生

  • 胸腔腹腔心腹膜管をとおして体の後壁に沿って連続している。
  • 発生第5週のはじめに背外側?から胸腹膜ヒダが現れてのびだし、横中隔および食道間膜と癒合する。
  • 発生第7週に胸腔と腹腔が分離する。

画像検査

胸部単純X線写真

  • 正常者の横隔膜の位置は後方第10肋間 (wikipedia ja)

臨床関連


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.






後腹壁」

  [★]

posterior abdominal wall
腹壁

定義

組織 (M.176)

後腹壁筋膜

後腹壁の筋 (M.176)

後腹壁の神経

(体性神経)

(自律神経)

後腹壁血管

方形」

  [★]

rectangle
矩形四角形




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡