腎 神経因性膀胱

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 小児移植の現況と今後の課題 (AYUMI 小児臓器移植の最前線)
  • 宍戸 清一郎
  • 医学のあゆみ 244(10), 919-923, 2013-03-09
  • NAID 40019600038
  • 血液透析再導入後の移植に発生した気腫性炎の1例
  • 高比 優子,児島 康行,奥見 雅由 [他],三村 仁昭,森本 章,田畑 勉,小角 幸人,高原 史郎,野々村 祝夫
  • 日本透析医学会雑誌 46(12), 1163-1168, 2013
  • … 1型糖尿病および糖尿病性神経因性膀胱を合併している. … 糖尿病性症による末期不全のため2005年に血液透析導入, 2007年に夫をドナーとして生体移植を受けたが, 繰り返す炎にて移植機能が低下し, 2011年血液透析再導入となった. …
  • NAID 130003385740

関連リンク

この神経が病気になったり、けがをしたりして排尿がうまくできなくなった場合を神経因性 膀胱(機能麻痺)といいます。 この排尿障害は嚥下(えんげ)性肺炎、褥創(じょくそう= 床ずれ)とともに神経疾患の3大合併症と言われており、放置すると尿路感染や腎機能 ...
筑波大学附属病院 腎泌尿器外科診療グループ · お知らせ一覧 ... 神経因性膀胱とは 神経の病気によって膀胱や尿道の機能に変調を来している状態です。 膀胱や尿道の 働き ... 神経因性膀胱を来す神経の病気にはどのようなものがありますか? 神経の 病気で ...

関連画像

神経因性膀胱」についての これを頭に入れて神経因性膀胱 因 性 膀胱 の 病態 の 図 を 神経因性膀胱を来す神経の病気


★リンクテーブル★
関連記事神経因性膀胱」「膀胱」「」「神経」「神経因性

神経因性膀胱」

  [★]

neurogenic bladder
vesica neurogena
神経原性膀胱神経障害膀胱 neuropathic bladder
排尿筋neurogenic urinary bladder

概念

神経系に生じた障害により生じる蓄尿・排尿障害

分類

神経因性膀胱

IMD SURO.164
橋排尿中枢より上位の障害 脳血管障害(脳出血、脳梗塞)、パーキンソン病、認知症、脳外傷、脳腫瘍 [橋排尿中枢への抑制が失わる]蓄尿による求心性知覚線維(Aδ)の興奮→(中枢より抑制を受けず)PMCによる排尿指令→仙髄副交感神経中枢による排尿指令→排尿筋収縮 蓄尿障害(排尿筋不随意収縮、切迫尿失禁、頻尿)
核上脊髄障害 脊髄損傷、多発性硬化症、損傷部位に依存して後縦靭帯骨化症、二分脊椎、HAMでも起こる [異常な排尿回路の形成]蓄尿による求心性知覚線維(C)の興奮→(C線維による2つの異常な回路が形成され、求心性知覚情報はここに入力)(1)仙髄副交感神経中枢による排尿指令、(2)オヌフ核による外尿道筋収縮→排尿筋収縮+外尿道筋収縮 蓄尿障害(反射性尿失禁)、排尿障害(排尿筋括約筋協調不全)
仙髄より下位の神経障害 下位脊髄損傷、仙髄以下馬尾神経の障害をきたす二分脊椎、脊髄稽留症候群、腰部脊柱管狭窄症、下位の損傷を起こすような後縦人口骨化症、シャイ・ドレガー症候群、脊髄小脳変性症、多発性硬化症、脊髄癆、HAM   排尿障害、残尿、尿閉



膀胱」

  [★]

urinary bladder (M,N), bladder (Z)
vesica urinaria
膀胱容量
  • 図:N.353

組織

  • 粘膜には多くのヒダが存在し、膀胱が伸展すると消える (HIS.388)
  • 被蓋細胞+移行上皮細胞 (HIS.388)
女性 上部 移行上皮
下部 非角化重層扁平上皮
男性 前立腺部 移行上皮
隔膜部 重層円柱上皮
多列円柱上皮
海綿体部 重層円柱上皮
多列円柱上皮
非角化重層扁平上皮

血管(M.210)

  • 図:N.327,328
  男性 女性
膀胱の前上部 上膀胱動脈 上膀胱動脈
膀胱底、膀胱頚 下膀胱動脈 膣動脈






腎」

  [★]

kidneyrenal
腎性腎臓

漢方医学

機能

  • 1. 成長、発達、生殖能を維持する
  • 2. 骨、歯牙の形成と維持に関与
  • 3. 水分代謝を調節する
  • 4. 呼吸脳を維持する
  • 5. 思考力、判断力、集中力を維持する

失調

  • 症状:性欲減退、骨の退行性変化、歯芽の脱落、毛髪の脱落、夜間頻尿、浮腫、口渇、息切れ、精神運動の低下、視力・聴力の低下、不眠、四肢の冷え・ほてり、しびれ、小腹不仁
  • 治療方剤
  地黄 山茱萸 山薬 沢瀉 茯苓 牡丹皮 桂皮 附子 牛膝 車前子 特徴的な効能
八味地黄丸     四肢の冷え
六味丸         四肢のほてり
牛車腎気丸 四肢の冷え、下肢のむくみ


神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


神経因性」

  [★]

neuropathicneurogenic
神経原性神経障害神経障害性神経性ニューロパチー




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡