腎クリアランス

出典: meddic

renal clearance
クリアランス



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/25 02:24:33」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 30P2-140 がん病態下におけるMRSA治療薬バンコマイシンの腎クリアランス上昇機構の検討 : 血漿中内因性物質の影響(薬物動態(TDM・投与設計等),医療薬学の扉は開かれた)
  • 松下 良,八田 志乃,岩田 知恵子,横川 弘一,木村 和子,宮本 謙一
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 16, 427, 2006-09-01
  • NAID 110006961696
  • 7.ヒトにおけるペルフルオロオクタン酸(PFOA)とペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)の腎クリアランスと種着の血中濃度に及ぼす影響(第44回近畿産業衛生学会)
  • 原田 浩二,井上 佳代子,森川 亜紀子,吉永 侃夫,齋藤 憲光,木村 みさか,新保 愼一郎,小泉 昭夫
  • 産業衛生学雑誌 47(1), 48, 2005-01-20
  • NAID 110003839002
  • 早産児の原発性無呼吸におけるテオフィリンの薬物動態
  • 成井 研治,井上 真理,水谷 佳世,岩崎 順弥,田中 大介,竹内 敏雄,飯倉 洋治,梅田 陽,高橋 晴美
  • 昭和医学会雑誌 63(2), 154-162, 2003
  • … 濃度を求め, さらに以下の計算式から, THPの全身クリアランス (以下CLとする) , 排泄「腎クリアランス」 (以下CL<SUB>R</SUB>とする) およびそれらの差である代謝「肝クリアランス」 (以下CL<SUB>H</SUB>とする) を求め日齢, 修正週数, 尿量との相関について検討を行った.◇全身クリアランスCL (ml/kg/min) = (投与量 (μg/kg) /投与間隔 (min) ) /血中THP濃度 (μg/ml) ◇腎クリアランスCL<SUB>R</SUB> …
  • NAID 130001822154

関連リンク

クレアチニン・クリアランスとは、腎機能の検査の一つです。腎臓の糸球体が老廃物などを取り除く力がどれくらいあるかを調べることによって、軽度の腎機能障害を発見することができます。
クリアランス クリアランス(clearance) クリアランスとは、 臓器が体液中の物質(薬物等)を除去する能力 を示す指標です。 クリアランスと言えば、 通常は、腎クリアランスを指します。 腎クリアランスとは、 ある特定の物質 ...

関連画像

また、下に腎クリアランスと クレアチニン・クリアランス 腎クリアランス-血漿中薬物  クリアランスでもあり、最近で クリアランスの値が低下してPoint1 糸球体での濾過能力は


★リンクテーブル★
関連記事クリアランス」「」「クリア

クリアランス」

  [★]

clearance
清掃値浄化値


定義

  • 1. ある物質について、単位時間あたりどれだけの量の血液をきれいにできるか。
  • 2. ある物質が排泄されるために必要な単位時間あたりの血漿量
  • 3. ある物質が単位時間に腎によって完全に除去(清掃)される血漿の量 (生理学実習1 実習テキスト p.4,SP.777-778)
  • 4. it is defined as the rate of elimination of the drug from the body relative to the concentration of the drug in plasma

(PPC.42) [(amount/time)/(amount/volume)]

  • 5. clearance is the rate at which plasma would have to be cleared of the drug to account for the observed kinetics of change of the total amount of drug in the body, assuming that all the drug in the body is present at the same concentration as that in the plasma.(PPC.42)

意味

  • クリアランス↑→物質の排出能が高い、排出されやすい、再吸収されにくい
  • クリアランス↓→物質の排出能が低い、排出されにくい、再吸収されやすい

  • 定義1~3に基づくと
UX: Xの尿中濃度
V : 尿量~
PX: Xの血漿濃度~
CX: クリアランス(前述の定義参照)
UX・V = PX・CX
CX= V・UX/PX
  • 定義4に基づくと
Clearance = (amount/time)/(amount/volume) = 血漿からの薬物の除去速度 / 血中薬物濃度 = 単位時間あたり尿量 x 尿中薬物濃度 / 血中薬物濃度
  • 上記の式は定常状態(単位時間あたりの薬物濃度が変化しなくなった状態)における血中薬物濃度を規定する式に変形できる。定常状態では単位時間に排泄される薬物量と単位時間に取り込まれる薬物量が等しくなった状態であるから、以下の通りとなる。(PPC.44)
血中薬物濃度 = 血漿からの薬物の除去速度 / クリアランス = 薬物の血漿への投与速度 / クリアランス = bioavility x dose / (dosing interval x clearance)
  • これによれば、同一の投与間隔でdoseを2倍量にすれば、血中濃度が2倍になるということが分かる。

備考

  • 一般的にクリアランスはGFRと正比例の関係にある(TP.469)。
  • クリアランスは尿細管での再吸収や分泌と関係するので、対象とする物質の血漿濃度により変化する(TP.469)。



腎」

  [★]

kidneyrenal
腎性腎臓

漢方医学

機能

  • 1. 成長、発達、生殖能を維持する
  • 2. 骨、歯牙の形成と維持に関与
  • 3. 水分代謝を調節する
  • 4. 呼吸脳を維持する
  • 5. 思考力、判断力、集中力を維持する

失調

  • 症状:性欲減退、骨の退行性変化、歯芽の脱落、毛髪の脱落、夜間頻尿、浮腫、口渇、息切れ、精神運動の低下、視力・聴力の低下、不眠、四肢の冷え・ほてり、しびれ、小腹不仁
  • 治療方剤
  地黄 山茱萸 山薬 沢瀉 茯苓 牡丹皮 桂皮 附子 牛膝 車前子 特徴的な効能
八味地黄丸     四肢の冷え
六味丸         四肢のほてり
牛車腎気丸 四肢の冷え、下肢のむくみ


クリア」

  [★]

clear
明らか清澄明白明瞭




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡