脊髄ショック

出典: meddic

spinal shock
脊髄横断障害バスチアンの法則脊髄損傷

  • 重症の脊髄損傷で見られる。すなわち、脊髄の伝導機能が伝導機能が失われた状態となる。
  • このために、自律神経、運動神経、感覚神経の機能および反射が全て消失することになる。
  • 下位脊髄は一般に24時間以内に脊髄ショックから回復する。
  • 症状
  • 運動神経:腱反射の消失、排尿障害
  • 自律神経:心拍出量低下、血圧低下、徐脈、発汗の消失、褥瘡、排尿障害


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脊柱管狭窄症--頸部に急性に生じる頸髄損傷 (特集 ロコモティブシンドローム) -- (ロコモティブシンドロームの三大要因)
  • 外傷の麻酔 脊椎・脊髄外傷 (特集 救急医のための麻酔知識) -- (各論:通常の麻酔とどこが違うか,何に注意しなければならないか)
  • 戸田 雅也,外 須美夫
  • 救急医学 31(1), 93-96, 2007-01
  • NAID 40015205088

関連リンク

世界大百科事典 第2版 脊髄ショックの用語解説 - 脊髄が急性の横断性病変に侵され たときに生ずる,病変部以下の脊髄機能の全般的な低下をいう。脊髄ニューロンの機能 は,正常では上位中枢からの持続的な促通効果によって維持されているため,これらの ...
脊髄損傷(せきずいそんしょう、英語:Spinal Cord Injury)は、主として脊柱に強い外力 が加えられることにより脊椎を損壊し、脊髄に損傷をうける病態である。また、脊髄腫瘍 やヘルニアなど内的原因によっても類似の障害が発生する。略して脊損(せきそん)とも ...

関連画像

Download]


★リンクテーブル★
先読み脊髄損傷」「バスチアンの法則」「脊髄横断障害
国試過去問105I026
リンク元尿閉
関連記事ショック」「脊髄」「

脊髄損傷」

  [★]

spinal lesion, spinal cord injury
lesio spinalis
脊髄脊椎損傷フランケル分類


  • 脊髄が損傷



バスチアンの法則」

  [★]

Bastian law, Bastian's law
バスチアン・ブルンスの法則 Bastian-Bruns law


脊髄横断障害」

  [★]

transverse lesion of spinal cord
横断性脊髄症 transverse myelopathy


105I026」

  [★]

  • 受傷直後の完全頚髄損傷でみられないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105I025]←[国試_105]→[105I027

尿閉」

  [★]

urinary retention, ischuria, urodialysis
retentio urinae
尿貯留


定義

  • 膀胱まで移送された尿が尿道より排泄できない状態 ⇔無尿

原因

  • 器質性
  • 非器質性
SURO.39
  • 前立腺肥大を有する患者が飲酒した場合や抗コリン薬の服用による事が多い

症状

SURO.39
  • 急性尿閉:苦痛有。強い尿意、恥骨上部の疼痛、強度の不安感、冷や汗
  • 慢性尿閉:苦痛は少ない。溢流性失禁、両側水腎症

検査

  • 下腹部エコー (無尿との鑑別)
SURO.111
頻度 疾患 好発年齢
前立腺肥大症 60~
  膀胱頸部硬化症 60~
  尿道狭窄 50~60
  尿道結石 40~
  後部尿道弁 先天性~
  膀胱腫瘍 50~
  尿道腫瘍 50~
  陰茎癌 50~
  真性包茎 小児, 70~
神経因性膀胱 60~

臨床関連

  • 中枢神経(上位ニューロン)障害の急性期には脊髄ショックにより排尿中枢が機能しなくなり尿閉に陥るらしい。


ショック」

  [★]

shock
虚脱状態
産科ショック

メジャー

心筋梗塞、致死的不整脈、心不全
心タンポナーデ収縮性心膜炎肺血栓塞栓症緊張性気胸
出血性ショック、体液喪失(熱傷)・脱水

マイナー

ショックの5P

ショックの判断

簡便

  • 収縮期血圧 90 mmHg以下

循環モニターのためのデバイス・検査項目

  • 血圧・脈拍
  • 心電図
  • 心エコー
  • 呼吸・血ガス
  • 血液検査・尿検査
  • バルーンカテーテル:残尿を排泄し、30分ごとに尿量、血圧、脈拍を測定する
  • 中心静脈圧
  • スワン・ガンツカテーテル
  • PiCCO
  • 胃トノメトリー

治療

心原性ショック 原疾患の治療
低容量性ショック 輸液、輸血、止血、昇圧剤は原則使用しない
敗血症性ショック 抗菌薬、昇圧薬、エンドトキシン吸着カラム、輸血、血糖コントロール、低容量ステロイド
神経原性ショック 輸液、昇圧薬
アナフィラキシーショック エピネフリン、輸液、抗ヒスタミン剤、ステロイド、昇圧薬、H2ブロッカー
閉塞性ショック 緊張性気胸 胸腔穿刺、胸腔ドレナージ
心タンポナーデ 心嚢穿刺、心膜開窓
肺塞栓 塞栓除去術、血栓溶解術



脊髄」

  [★]

spinal cord (M)
medulla spinalis









  • 成人の脊髄は大後頭孔からL1-L2の椎骨まで達する (M.279)

解剖



髄」

  [★]

pulpmarrowmedullapith
延髄穿刺果肉骨髄歯髄髄質パルプ赤色骨髄黄色髄



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡