胎内窒息

出典: meddic

intrauterine asphyxia


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

赤ちゃんは胎内ではへその緒経由で母体と酸素交換をしており そもそも「羊水の中で肺呼吸」をしていません。 なので、肺呼吸をしている我々が海川やプールなどで溺れる要領での「水を飲んで窒息」は起こらないのです。
たとえば、ホロトロピック・セラピーのセッションにおいて、どこか暗いところに押しこめられ、肩の筋肉が硬直し、妙な窒息感を感じる体験をしたとしよう。これを産道での胎児の体験として解釈するのは比較的容易である。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事窒息」「

窒息」

  [★]

asphyxia, suffocation
低酸素血症 hypoxemiachokingasphyxiationasphyxiate
仮死気道閉塞息詰まり


頚部圧迫による窒息

手段による分類

頚部圧迫による窒息の機序

  • 気道閉鎖:15kgの加重で起こる
  • 舌根挙上 → 咽頭鼻部・口部閉鎖
  • 舌背挙上 → 口腔閉鎖
  • 頚部血管の閉鎖
  • 頚静脈(2kg)
  • 頚動脈(3.5-7kg)
  • 椎骨動脈(13-16.6kg)
  • 神経反射
  • 頸動脈洞・迷走神経圧迫によって突然の心停止をきたす。

脳組織の酸素欠乏に対する抵抗性

  • 末梢神経>脊髄>延髄>脳幹核>脳幹神経節>大脳皮質



息」

  [★]

breath
呼吸一呼吸




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡