胎児性抗原

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 複数の腫瘍マーカー高値で肺腫瘤影を呈したアレルギー性気管支肺真菌症の1例
  • 竹安 真李子,髙谷 久史,宇留賀 公紀 [他]
  • 日本呼吸器学会誌 = Annals of the Japanese Respiratory Society 3(5), 723-726, 2014-09-10
  • NAID 40020210961
  • 下顎歯肉に発生した腺扁平上皮癌の1例
  • 中田 憲,福田 雅幸,山下 貴史 [他]
  • 日本口腔外科学会雑誌 = Japanese journal of oral and maxillofacial surgery 60(4), 193-198, 2014-04
  • NAID 40020071995

関連リンク

癌胎児性抗原とは主にがんと胎児の細胞組織で生産される、糖タンパク質の一種です。そのため、血液検査でがんを検知する腫瘍マーカーに採用されて
CEA(癌胎児性抗原)|腫瘍マーカー・がんの血液検査|CEA(癌胎児性抗原)はヒトの大腸癌から取り出された蛋白で、その免疫学的な性質が胎児の組織と共通性を示すことから癌胎児抗原あるいは癌胎児蛋白と呼ばれています。CEA(癌 ...

関連画像

抗癌胎児性抗原ポリクロ 癌胎児性抗原(CEA) - 胃がんや 卵巣癌(胎児性癌):腫瘍細胞 抗 癌 胎児 性 抗原 モノクロ


★リンクテーブル★
拡張検索癌胎児性抗原
関連記事胎児」「抗原」「胎児性」「

癌胎児性抗原」

  [★]

carcinoembryonic antigen, CEA
癌胎児性蛋白抗原
腫瘍マーカー広域腫瘍マーカー


概念

  • M.W. 180 kDa
  • 大腸粘膜で発現している糖タンパク質。癌患者の血清中の他に、胎児の消化管粘膜にも見いだされたことから命名された。消化器癌の腫瘍マーカーとして使われている。臓器特異性、疾患特異性は高くない。早期癌の診断には役立たない。補助診断、治療のモニターとして使われる。

基準値

  • 5 ng/dl以下
  • 0.0-3.0 ng/ml(nonsmokers), 0.0-5.0 ng/ml(smokers) (HIM.A-4)

注意

  • 類似構造を持つNCA, NCA-2, NFAなどの関連抗原が存在 → 異なるモノクローナル抗体を使っているので、検査キットにより異なるカットオフ値をとる (臨床検査法提要第32版 p.632)

疾患との関連

  • 大腸癌、膵癌で50-60%の陽性率だが、ほとんど進行例で早期発見には有用ではない (臨床検査法提要第32版 p.632)
  • 消化器癌(*大腸癌、胃癌、膵癌) (臨床検査法提要第32版 p.632)
  • 非消化器癌(肺癌甲状腺髄様癌、乳癌、胚細胞腫瘍)。局所再発、肝臓転移で陽性 (臨床検査法提要第32版 p.632)
  • 喫煙者や良性疾患(肺結核など)、慢性肝炎、肝硬変、胆道障害、腎不全、糖尿病などでも上昇しうる (臨床検査法提要第32版 p.633) ← 特異度が低い
  • 消化管粘膜や白血球中にも存在。
  • 正常人の大腸粘膜で産生され、糞便中に検出される
  • 正常人の血中には検出されない

婦人科領域での意義

  • 子宮癌、卵巣癌、粘液性卵巣腫瘍


-carcinoembryonic antigen
CEA


胎児」

  [★]

fetus
胎児の発生
  • 産科学:妊娠8週以降の児を指す。
  • 区別すること!!

成長

およそのめやすね。正確ではない。(SPE.68)
25週: 750g
30週:1500g
35週:2000g ←だいたい2200gだけど
40週:3000g
25週から5週間で230週から10週で2

循環器

  • 胎児心拍動は妊娠6週で認められ、妊娠7週目では100%確認できる。(G10M.6 QB.P-209)

感覚系

  • 妊娠10週ごろから刺激に反応して口、指、趾、目を動かす。(NGY.285)

聴覚

  • 妊娠中期には聴覚が発達。(NGY.285)
  • 妊娠28-30週(妊娠後期の始め)には音の刺激により心拍数が増加。(QB.P-190)

胎児の成長

G10M.6改変
妊娠月数
(月)
妊娠週数
(週)
胎児のイベント
1 2 肺胞期着床(受精後6日後)
2 5 中枢神経系、心臓形成開始
6 肺形成開始
7 胚形成、胎盤形成開始
3 9 胎児心拍最速(170-180bpm)
10 躯幹と四肢の運動が超音波で測定可能
11 外陰の性差が決まる(が超音波では分からない)
4 12 排尿が超音波で観察可能、胎便形成開始。
15 胎盤完成。呼吸様運動が不規則に観察可能(10週から始まっているが観察は容易ではない)。
5 16 嚥下が超音波で観察可能。 → 胎盤完成以降に羊水量が(急に)増えるが、嚥下が観察可能になるのはこれと関係ある?
17 外陰の性差が超音波で観察可能
18 胎動を感ずる(18-20週)
6 20 肺サーファクタント産生開始
7 26 肺の構造完成
8 28 肺サーファクタント増加
9 34 胚が成熟、腎の発生完了

国試



抗原」

  [★]

antigen Ag
抗体


分類


胎児性」

  [★]

胎仔胎児胎性胚性胚芽胚体胎生期胎仔型


原」

  [★]

proto
プロト




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡