胃液

出典: meddic

gastric juice




胃液の分泌

  • 1-2 L/day (2007年度後期生理学授業プリント)
  • 2-3 L/day (PT. 384)

定義

  • 胃腺から分泌される液体の総称

組成

1. 電解質:Na+,Cl-,K+,H+   特に、Cl-,H+の濃度が高い 2 .有機物:ペプシノゲンI、ペプシノゲンII、粘液、内因子

塩酸の機能

1. 蛋白分解(変性)作用、 2. ペプシンの至適pH (pH1.5-2.0)までpHを低下させる 3. ペプシノゲンをペプシンに変換する。  →ペプシンは不活性型(ペプシノゲン)で分泌され、塩酸と触れて初めて発生を持つ 4. 細菌発育阻害

各相の分泌調節機構

1. 頭相   全食事中の約1/2分泌   味覚、嗅覚(無条件性)   聴覚、視覚(条件性) 2. 胃相   全食事中の約1/2分泌   2-1) 食物流入→頭相による胃液の中和(pH↑)→G細胞のガストリン分泌抑制が解除される   2-2) 食物流入→胃体部・胃幽門洞拡張→胃壁伸展受容器→(迷走神経-迷走神経反射 or 局所反射)      →ACh→壁細胞が塩酸を分泌、G細胞がガストリンを分泌、主細胞がペプシノーゲンを分泌   2-3) 胃液→pH↓→粘膜受容器→局所反射→主細胞がペプシノーゲンを分泌   2-4) 食物中のペプチド、アミノ酸→G細胞がガストリンを分泌 3. 腸相   少量   糜粥→十二指腸粘膜からガストリンとセクレチン分泌の分泌→セクレチンにより主細胞からペプシノゲン分泌、HCO3-に富む膵液分泌

物質毎の分泌調節

1. 壁細胞による塩酸の分泌  塩酸分泌↑   細胞内における二次メッセンジャー(Ca2+、cAMP)の濃度上昇が引き金となり、Cl-チャネル活性化、H+-K+-ATPase活性化、K+チャネル活性化が起こる。    アセチルコリン→M3ムスカリン受容体→[Ca2+]↑    ヒスタミン→H2受容体→[cAMP]↑    ガストリン→ガストリン受容体→[Ca2+]↑  塩酸分泌↓   セクレチン,GIP→壁細胞の塩酸産生が抑制される。

2. 主細胞によるペプシノーゲンの分泌   迷走神経→ACh→主細胞がペプシノーゲンを分泌   pH↓→局所反射→主細胞がペプシノーゲンを分泌

臨床関連

  • 塩酸分泌を抑制するために、次のようなH2受容体遮断剤(抗潰瘍剤)が用いられている

  シメチジン cimetidine   ラニチジン ranitidine

胃液からの胃の保護

 胃粘膜防壁 Gastric mucosal barrier  1. 粘液分泌  2. 粘膜上皮細胞の増殖・分化    細胞新生が早く、3日で新しい粘膜に置換



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/02/02 01:49:41」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 胃液培養陽性で暫定診断した肺Mycobacterium avium complex症の臨床的検討
  • 高佐 顕之,萩原 恵里,関根 朗雅 [他]
  • 結核 89(4), 489-493, 2014-04
  • NAID 40020067538
  • 頸部リンパ節結核9症例の検討
  • 松本 吉史,小柏 靖直,甲能 直幸
  • Nippon Jibiinkoka Gakkai Kaiho 117(3), 184-190, 2014
  • … 周囲への感染拡大を防止する観点から, 胃液や喀痰の培養検査やPCR, クオンティフェロン検査により周囲への拡散のリスクを十分に評価した上で超音波ガイド下の穿刺吸引細胞診を行い, 診断に難渋する場合にはリンパ節の開放生検を考慮することが重要である. …
  • NAID 130003395300
  • 各種増粘剤を用いた医薬品栄養剤における半固形化 : 人工胃液中での経時的粘度比較 (症例特集 半固形状流動食の検証と実践) -- (半固形状流動食の検証)
  • 中山 環,鬼海 るみ,高木 加奈子 [他]
  • ヒューマンニュートリション : 人間栄養 5(5), 20-24, 2013-09
  • NAID 40019797435
  • リンパ節穿孔型気管支結核症の1例
  • 山川 英晃,高柳 昇,石黒 卓,河手 絵理子,鍵山 奈保,杉田 裕
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 35(4), 430-434, 2013-07-25
  • … ため当センターへ入院した.入院時CT検査では,肺野の浸潤影に加え,縦隔および肺門部リンパ節腫大を認めた.臨床経過および10日間の抗菌薬投与が無効であったことなどより,肺浸潤影は肺炎ではないと考えた.胃液から結核菌が同定され,抗結核薬の投与で陰影が改善したこと,入院1か月後の気管支鏡検査で,右主気管支壁に白苔を伴う浮腫性の病変を認め,同部位の生検で壊死を伴う類上皮細胞性肉芽腫を認めたことより,リ …
  • NAID 110009635597

関連リンク

半保護されたページの編集などが可能な「自動承認された利用者」(権限の詳細)になる 条件を、「アカウント作成後4日経過」から「アカウント作成後4日経過かつ10編集以上」 に変更するための投票を実施中です。投票期間:10月7日12:00 (UTC) (21:00 日本 ...
胃液の働きの情報を紹介しています。胃液の3つの成分と働きなど。家族の健康生活を 応援する総合ヘルスケア情報サイト「健康キレイナビ」。

関連画像

画像 胃液 top 胃液 に 関 する 画像 胃液 top 胃液 に 関 する 食物の消化時間は、胃液の状態 画像 胃液 top 胃液 に 関 する 画像 胃液 top 胃液 に 関 する 画像 胃液 top 胃液 に 関 する 胃液が分泌されるのはこんな時


★リンクテーブル★
国試過去問099A024」「106I068」「100G042」「104A018」「100G100
拡張検索胃液検査法

099A024」

  [★]

  • 51歳の男性。嚥下困難と体重減少とを主訴に来院した。6年前から食物のつかえ感を自覚していた。最近症状の悪化があり、体重が1か月で5kg減少した。身長169cm、体重47㎏。胸腹部に異常所見を認めない。血液所見:赤血球384万、Hb11.5g/dl、Ht34%、白血球7,500。血清生化学所見:総蛋白6.1g/dl、アルブミン3.7g/dl、尿素窒素12mg/dl、クレアチニン0.6mg/dl、AST19単位、ALT21単位。上部消化管造影写真を以下に示す。この疾患で正しいのはどれか。
  • a. 男性に多い。
  • b. 嗄声をきたす。
  • c. 吐血することが多い。
  • d. 嚥下性弛緩反応がない。
  • e. 胃液の逆流によって発生する。


[正答]
※国試ナビ4※ 099A023]←[国試_099]→[099A025

106I068」

  [★]

  • 23歳の男性。吐血を主訴に来院した。昨夜、会社の歓迎会で日本酒を5合以上飲んだが、正確な飲酒量は記憶していない。本日、起床直後から胃液嘔吐し、数回目の嘔吐内容が新鮮血であったため驚いて受診した。身体診察所見に異常を認めない。来院後にも少量の新鮮血を嘔吐したため、緊急上部消化管内視鏡検査を行った。食道の内視鏡写真(別冊No. 17)を別に示す。
  • 治療として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106I067]←[国試_106]→[106I069

100G042」

  [★]

  • 消化管ホルモンと作用の組合せで正しいのはどれか
[正答]


※国試ナビ4※ 100G041]←[国試_100]→[100G043

104A018」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 104A017]←[国試_104]→[104A019

100G100」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 100G099]←[国試_100]→[100G101

胃液検査法」

  [★]

examination of gastric juice





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡