胃抑制ペプチド受容体

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

胃抑制ペプチド (GIP; Gastric Inhibitory Peptide) 43残基のポリペプチドホルモン。小腸内面の特殊な細胞から分泌され、胃液の分泌、胃の運動、胃の収縮を抑制する。また、インスリンの分泌を促進する。消化管にグルコースがあれば GIP ...
延髄 孤束核 成長ホルモン分泌 胃 弓状核 摂食亢進 迷走神経節 迷走神経求心路 摂食と成長ホルモン分泌情報 下垂体 NPY/ AgRP 受容体の輸送 GHRH グレリン 受容体 成長ホルモン 産生細胞

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元GIP受容体
関連記事受容体」「胃抑制ペプチド」「抑制」「受容」「

GIP受容体」

  [★]

GIP receptor
胃抑制ペプチド受容体


受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

胃抑制ペプチド」

  [★]

gastric inhibitory peptide gastric inhibitory polypeptide GIP
糖依存性インスリン放出ペプチド glucose-dependent insulin-releasing peptide
消化管ホルモンホルモン


種類

分類

性状

  • ポリペプチド 43aa

産生組織

  • 十二指腸、空腸の粘膜(K細胞)

標的組織

受容体

作用

  • 消化管内の糖・脂肪酸の存在によりインスリンの放出を刺激
GIP is sometimes called "glucose-dependent insulinotropic" peptide because it stimulates pancreatic insulin secretion in the presence of hyperglucemia.

外分泌

  • ↓:胃:胃酸分泌 ← 上に書いてあることと違う・・・
  • ↓:腸:腸液分泌抑制(QB CBT vol2 p.295)

内分泌

  • ↑:膵:インスリン放出

分泌の調整

  • 脂肪酸、アミノ酸、経口グルコース投与

分子機構

臨床関連

生合成

抑制」

  [★]

inhibitionsuppressiondepressionrestraintinhibitsuppressdepressabrogaterestrain
うつ病拘束、制限、阻害阻止、低下、撤廃抑圧抑欝廃止取り消す抑止抑えるうつうつ状態サプレス制圧鬱病抑うつ抑うつ状態





受容」

  [★]

accept, acceptance
受け取る承認受諾認容認める受け入れる



体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡