胃・膵反射

出典: meddic

gastropancreatic reflex

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • STUDIES ON PANCREATIC BLOOD FLOW IN CONSCIOUS DOGS (III):Role of the gastric and intestinal phases
  • 河野 保,井上 一知,嶋 廣一,橋田 修平,小笠原 敬三,鈴木 敞,戸部 隆吉
  • 日本消化器病学会雑誌 80(10), 2240-2248, 1983
  • The role of the gastric and intestinal phases with regards to pancreatic blood flow were observed by the heated thermocouple method using conscious dogs in which a tiny atraumatic element had been imp …
  • NAID 130001063311

関連リンク

迷走神経を通しての胃-膵反射 膵液は食事をとると分泌されるが、頭の中で食べ物の想像したり、目や鼻などの5感で食物を感じるときにも膵液は分泌される。これは迷走神経を介して起こる分泌である。食事を始めると、食物が胃の中に ...
... を始めると、食物が胃の中に入って胃壁が伸展される。そうすると、迷走神経を通しての胃-膵反射がおこって、膵液の分泌が多くなる。 この分泌は食事を始めて1-2分でおこって、2-3時間続く。つぎに、胃からの酸性ビ汁が 十二指腸 ...
... を始めると、食物が胃の中に入って胃壁が伸展される。そうすると、迷走神経を通しての胃-膵反射がおこって、膵液の分泌が多くなる。 この分泌は食事を始めて1-2分でおこって、2-3時間続く。つぎに、胃からの酸性ビ汁が 十二指腸 ...


★リンクテーブル★
リンク元迷走神経反射
関連記事」「反射

迷走神経反射」

  [★]

vagal reflex
迷走・迷走神経反射 vagovagal reflex
胃・膵反射
  • 手術操作:喉頭鏡操作、眼球圧迫、腸管牽引


胃」

  [★]

stomach (Z)
gaster, ventriculus
消化器系#上皮の移行
  • 図:KL.346(動脈)

解剖

  • 胃は以下の間膜によって連結されている。
    • 横隔膜の下面との間は胃横隔間膜
    • 脾臓との間は胃脾間膜

胃の位置

  • 噴門口:第7肋軟骨の胸骨付着部より約2cm左(T11の高さ) (KL.342)
  • 胃底:胃底の上端は左第5肋骨の高さ (KL.342)
  • 幽門:L1の高さ (KL.342)

胃の動脈


生理

胃腺の分布

2007年後期生理学授業プリント

粘膜上皮細胞 主細胞 壁細胞 副細胞
(頚粘液細胞)
腸クロム親和様細胞 D細胞 G細胞
噴門腺            
固有胃腺  
幽門腺          

HIS

部位 胃小窩 胃表面上皮細胞 主細胞 頚粘液細胞
(副細胞)
壁細胞 幹細胞 内分泌細胞
噴門部 噴門腺 浅い  
胃体部 固有胃腺 中間
幽門部 幽門腺 深い  

胃腺の移動

  • 胃底腺幽門腺の境界は移動する。
  • 年齢に伴って上昇する?らしく、これにともない胃酸の分泌が低下する。

胃液のホルモンによる分泌調節

消化管ホルモン 分泌細胞 分泌調節(+) 分泌調節(-) 作用
ヒスタミン 腸クロム親和様細胞 アセチルコリン
ガストリン
  胃酸分泌
ソマトスタチン D細胞     胃酸分泌抑制
ガストリン G細胞   胃pH低下 胃酸分泌

生理

神経支配

  • 内在神経系
  • 1.粘膜下神経叢
  • 2.筋層間神経叢
  • 外来神経系
  • 1.交感神経系
T6,7の側柱→大内臓神経(節前線維)→腹腔神経叢(節後線維)→内在神経叢内でシナプス前抑制、一部直接作用
  • 2.副交感神経系
迷走神経(節前線維)→内在神経系(アセチルコリン作動性ニューロン(興奮性)、VIP,NO作動性ニューロン(抑制性))

役割

  • 1. タンパク質の消化
  • 2. 食物の貯蔵
  • 3. 殺菌

機能

  • 1. 食物貯蔵
受け入れ弛緩(胃近位部弛緩)
  • 2. 食物混和
蠕動運動、逆移送
  • 3. 糜粥排出

受け入れ弛緩

  • 迷走神経反射。胃近位部伸展受容器→迷走神経→脳幹→迷走神経

臨床関連





反射」

  [★]

reflex
反射の一覧

反射中枢の存在レベルによる分類

構成要素からの分類

cf.原始反射

原始反射

  • 生命維持のためにする反射
  • 正常な新生児において特徴的に観察される反射的行動を総称してこう呼ぶ。

原始反射の例

  • 乳さがし反射: 口の片側を触られると、赤ん坊の頭がそちらのほうを向くという反射。
  • 吸啜反射: 赤ん坊の口の中にものを入れると、すぐにそれを吸い始めるという反射。
  • モロー反射: 赤ん坊の背中と頭を支えて仰向けにした状態で、上体を数cm上方に起こし、手で支えながら急に頭部を落下させると、両手と両足を左右対称的に外側に伸ばし、それに続いてゆっくりと抱き込むような上肢の運動が見られる反射。大きな音などで驚いたときにも見られる。
  • バビンスキー反射: 足の裏の外縁をゆっくりと踵からつま先に向かってこすることにより、母趾(おやゆび)が背屈し他の4趾が開く(開扇現象)反射。

参考(読んでおく)

[反射]








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡