羊膜腔内接種法

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

を各群3個 宛の卵に接種 した.尚,こ. の実験に使用. したウイルス株は,河 本株47株代 目,金 光株42代 目. 及び森本株41代 目のものである. 接種法としては,漿 尿腔内接種法 ,漿 尿膜上接種. 法,卵 黄嚢内接種法及び羊膜腔内接種法に就て比較. ,し,接 種 量は ...
ウイルスの分離は鼻汁拭い液、気管や肺病変部を発育鶏卵の羊膜腔内あるいは尿膜 腔内接種して行う。特異的な治療法はないため、対症療法を行う。一般に予後は良好で あり死亡率は1%以下であるが、肺炎に進行すると予後は悪く幼若ブタでは致死的となる ...

関連画像

パポバウイルス科 Papovaviridaeヘルペスウイルス科


★リンクテーブル★
関連記事接種」「」「羊膜腔」「腔内

接種」

  [★]

接種材料種菌播種接種菌液シーディング


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


羊膜腔」

  [★]

amniotic cavity (Z)
cavitas amniotica
羊膜胎膜脱落膜
  • 図:NGY.286


腔内」

  [★]

intraluminalendoluminalintracavitaryintraluminally




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡