結膜

出典: meddic

conjunctiva
眼球



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/01/14 01:07:52」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 免疫抑制点眼薬使用中に発症した角膜ヘルペス
  • 能谷 紘子/高村 悦子/三宮 瞳/田尻 晶子/木全 奈都子/篠崎 和美/堀 貞夫
  • 東京女子医科大学雑誌 82(E1), E244-E248, 2012-01-31
  • … 免疫抑制点眼薬は重症アレルギー性結膜疾患に対し有効で安全な治療薬だが、まれに感染症を発症することがある。 … 今回、アトピー性角結膜炎に対し、免疫抑制点眼薬使用中に樹枝状角膜炎を発症した症例を経験したので報告する。 … 2010年2月からアトピー性角結膜炎に対して0.1%タクロリムス点眼を開始した。 …
  • NAID 110008767985
  • ローリスク群およびハイリスク群ヒトパピローマウィルスが検出された結膜乳頭腫の1例
  • 水落 誠/木全 奈都子
  • 東京女子医科大学雑誌 82(E1), E202-E205, 2012-01-31
  • … 【背景】結膜乳頭腫の発症にはヒトパピローマウィルス(HPV)の関与が示唆されている.【緒言】切除検体よりローリスク群およびハイリスク群HPV両者が検出された再発性の結膜乳頭腫の症例を経験したので報告する. …
  • NAID 110008767976

関連リンク

世界大百科事典 第2版 結膜の用語解説 - 眼球とまぶたを結びつけ,まぶたの裏打ちを する粘膜。眼球運動やまばたきを滑らかに行わせる。強膜上の結膜を球結膜,まぶたの 裏,瞼板上を覆っている部分を瞼結膜,両者の移行接続部を円蓋部結膜という。
結膜下出血とは、結膜下の小さい血管が破れ出血したもので、白目部分がべったり赤く 染まります。 多少、目がごろごろしますが、痛み ... 結膜下の出血では、眼球内部に血液 が入ることはなく視力の低下の心配もありません。 出血は、1~2週間ほどで自然に ...

関連画像

 結膜 まぶ た を網膜・視神経疾患、角膜・結膜 結膜 は、白目[ 強膜 ]の表面 結膜下出血〕は、出血量が 結膜ってどの部分?弛緩した結膜は下まぶたとの間


★リンクテーブル★
先読み眼球
リンク元涙腺神経」「conjunctiva」「涙丘
拡張検索結膜炎」「眼球結膜」「眼瞼結膜」「結膜嚢

眼球」

  [★]

eyeball
bulbus oculi


概念

(水晶体の支持靱帯 suspensory ligament of lens)

解剖

外眼筋

  • 内側
  • 外側


涙腺神経」

  [★]

lacrimal nerve
眼神経、涙液分泌反射



conjunctiva」

  [★] 結膜

WordNet   license wordnet

「a transparent lubricating mucous membrane that covers the eyeball and the under surface of the eyelid」


涙丘」

  [★]

lacrimal caruncle
carunculala crimalis
涙器結膜


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


結膜炎」

  [★]

conjunctivitis
結膜
see. マイナーエマージェンシー第1版 p.65 SOP.174

概念

  • 結膜に起こる炎症疾患の総称。

病原体と特徴

  • ウイルス性結膜炎
  • 病原体:アデノウイルス、エンテロウイルス、単純ヘルペスウイルス、インフルエンザウイルス、水痘・帯状疱疹ウイルス、風疹ウイルス、麻疹ウイルス、EBウイルス。
  • 治療法:対症療法。単純ヘルペスに対してはアシクロビル眼軟膏。
  • 症状:透明な滲出液、耳介前リンパ節腫脹、結膜濾胞
  • 細菌性結膜炎
  • 症状:黄白色の眼脂、軽度疼痛

結膜炎をきたす疾患

SOP.175
  疾患名 病原体 潜伏期 病型 症状、経過
感染性結膜炎 流行性角結膜炎 epidemic keratoconjunctivitis はやりめ アデノウイルス8,19,37型(ときに4型) 7-14日 急性濾胞性結膜炎 眼脂、流涙、羞明。眼瞼腫瘤、結膜充血、浮腫、結膜の小出血斑。耳前リンパ節の腫脹と圧痛。2-4週間で消退。発症後10日後に角膜に点状上皮化混濁。
咽頭結膜熱 pharyngoconjunctival fever プール熱 アデノウイルス3型(ときに4,7型) 5-6日 急性結膜炎 急性結膜炎、咽頭炎、発熱。点状上皮化混濁は少ない。
急性出血性結膜炎 acute hemorrhagic conjunctivitis   エンテロウイルス70型 1日 球結膜下出血。眼球は浮腫状、結膜充血、濾胞形成は軽度。耳前リンパ節腫脹軽度。発症より3-4日にびまん性の多発性びらん。眼痛、異物感、羞明。約1週間で治癒。罹患後2,3週間後に四肢の弛緩性の運動麻痺や脳神経麻痺があり得る。  
トラコーマ trachoma          
封入体結膜炎 inclusion conjunctivitis          
新生児封入体結膜炎 neonatal inclusion conjunctivitis          
細菌性結膜炎 bacterial conjunctivitis          
淋菌性結膜炎 gonococcal conjunctivitis          
新生児膿漏眼 blennorrhea of the newborn          
アレルギー性結膜疾患 アレルギー性結膜炎 allergic conjunctivitis          
春季カタル vernal conjunctivitis          
その他の結膜炎 フリクテン性結膜炎 phlyctenular conjunctivitis 束状結膜炎        
慢性濾胞性結膜炎 chronic follicular conjunctivitis          
Stevens-Johnson症候群 Stevens-Johnson syndrome          
眼類天疱瘡 ocular pemphigoid          
結膜弛緩症 conjunctivochalasis          



眼球結膜」

  [★]

bulbar conjunctiva (KL)
tunica conjunctiva bulbi
球結膜
眼瞼結膜結膜
  • 角膜周囲の薄い透明な膜で、その内がわにある白い強膜が透けて見える。角膜上皮に続く。

臨床関連

  • 眼球結膜の角膜内への増殖 → 翼状片
  • 眼球結膜の黄染  →  黄疸を示唆する所見


眼瞼結膜」

  [★]

palpebral conjunctiva
tunica conjunctiva palpebrarum
瞼結膜
結膜眼瞼



結膜嚢」

  [★]

conjunctival sac, conjunctival cul-de-sac





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡