結合組織母斑

出典: meddic

結合組織

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 多発性の結合組織母斑が認められた多発性内分泌腺腫症1型(MEN1)の親子例
  • 新倉 冬子,河内 繁雄,松本 和彦,櫻井 晃洋,斎田 俊明
  • 日本皮膚科学会雑誌 110(14), 2217-2224, 2000-12-20
  • NAID 10008118741

関連リンク

結合組織性母斑は多くの場合、小児において堅く、わずかに盛り上がったエンドウ豆大 の淡褐色の楕円形丘疹の集合として生じ、主に腹部、背部、臀部、上腕または大腿に局 在する。単発性に生じるが、ブルスヌヴィーユ-プリングル病のような遺伝性疾患の部分 ...
生涯あまり変化せず,腫瘍を生じることもほとんどないため. 放置してもよい.美容的に 問題のある場合は外科的切除,凍結. 療法,レーザー治療など. 同義語:類器官母斑( organoid nevus). ● 表皮,付属器,結合組織など,種々の成分由来の細胞が異常 ...

関連画像

母斑細胞(弱拡大) 正常な (Intramucosal Nevus 真皮内母斑 画像をクリックすると拡大表 localisation: 首診断: 弾性線維性


★リンクテーブル★
国試過去問082B083
関連記事母斑」「結合」「組織」「結合組織」「

082B083」

  [★]

  • 4歳の男児。てんかん発作があり、頭部X線CTスキャン像で脳室壁に石灰化像が認められる。体幹に三つの葉状脱色素斑がみられる。
  • 今後、この患児に生じてくる皮疹はどれか?

母斑」

  [★]

nevus, birthmark
naevus
あざ

定義

  • 遺伝的ないし胎生的素因に基づき、生涯のさまざまな時期に発現し、きわめて徐々に発育し、皮膚の色調あるいは形の異常を主体とする限局性の皮膚の奇形

分類

由来による分類

  • A. メラノサイト系母斑(神経堤由来):
  • B. 上皮細胞系母斑
  • C. 間葉細胞系母斑

母斑

通常型
特殊型
  • D. 皮膚の色素異常を伴うその他の母斑

神経皮膚症候群



結合」

  [★]

bindingbondlinkageconnectionconjugationconjunctionunionbonding、engagement,
bindassociateconjugatecombineconnectcoupleengagejoindockligateconjoin
会合関係関与関連協同共役組み合わせ結合性結紮結線従事接合接合体同僚ドッキングバインディング複合物付随併用抱合抱合体結びつける約束癒合癒着連関連結連合連鎖連接、連絡、団結組合参加接続一対合併組み合わせるカップル組合せ


組織」

  [★]

tissue
textus
  • 何種類かの決まった細胞が一定のパターンで集合した構造の単位のこと。
  • 全体としてひとつのまとまった役割をもつ。

分類

  • 上皮組織
  • 支持組織
  • 筋組織
  • 神経組織



結合組織」

  [★]

connective tissue
textus connectivus



斑」

  [★]

macula
発疹




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール
  • is ga ar it id cy uk et nl el hr sv es sk sl sw sr th cs da de tr no hu fi fr bg vi iw be fa pl pt mk lv lt ro ru en ko cn ja


  meddic.jp

リンク
連絡