経皮的ビリルビン濃度測定法

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 経皮的ビリルビン濃度測定法--光線療法経過中での測定値の信頼性
  • 山内 芳忠,山内 逸郎
  • 小児科臨床 36(11), p2579-2582, 1983-11-00
  • NAID 40001822057
  • 経皮的ビリルビン濃度測定法--新生児生理的黄疸における皮膚黄疸の進展の観察 (未熟児新生児<特集>)
  • 山内 芳忠,山内 逸郎
  • 小児科臨床 36(8), p1778-1782, 1983-08-00
  • NAID 40001821938

関連リンク

た機器で,新生児の鼻に透明部分を押し当てその色調の段階を肉眼的に評価するもの であ. る. 簡便ではあるが,部屋の明るさや測定者の経験に左右され,客観性に乏しい. 2.経皮的ビリルビン濃度測定法(ミノルタ黄疸計). プローブを皮膚に押し当てて血液を ...
一般に新生児の黄疸は経皮ビリルビン濃度測定法を用いてスクリーニング検査が行 われ. る.スクリーニング陽性であれば,血清ビリルビン値を測定する.その結果,以下の よう. (図 2)新生児黄疸の診断手順(文献1より引用). N―524. 日産婦誌54巻11号. 研 ...

関連画像

コニカミノルタ、新生児黄疸を ミノルタ黄疸計健康医療機器ガイドは健康器具 経皮的ビリルビン測定法 ミノルタ黄疸計


★リンクテーブル★
関連記事ビリルビン」「測定」「測定法」「経皮的」「経皮

ビリルビン」

  [★]

bilirubin
ヘマトイジン類血素 hematoidin
黄疸

血清ビリルビンの由来

  • 70-80%が網内系での老廃赤血球の破壊に由来、20-30%が骨髄での無効増血と肝臓での代謝回転の早いヘム由来のシャントビリルビンに由来。
  • 70-75%が脾臓、肝臓などで老化赤血球に由来、10-20%が骨髄の無構造血、約10%が肝臓などのヘム蛋白に由来。1日に250-300mg生成される。
  • 細網系由来:ヘモグロビンは細胞内秘計でヘムとグロビンに分解され、ヘムはヘムオキシゲナーゼにより開裂切断を受けてビリベル人となり、さらにビリベル人還元酵素の作用を受けて遊離型ビリルビンになる。遊離型ビリルビンは水溶性が低いため血中で血清アルブミンと結合して存在し、肝臓に運ばれてミクロソーム内のUDP-グルクロニダーゼにより、グルクロン酸抱合されて抱合型ビリルビンとなる。抱合型ビリルビンの大部分は胆道系を経て胆汁に排泄され、一部は血液中に漏れだし、尿中に排泄される。胆汁中の縫合ビリルビンは腸内に排泄され腸内細菌により還元されウロビリノゲン隣、大部分は便中に排泄される。一部のウロビリノゲンは小腸で再吸収されて血液中に移行し、大部分は肝臓で処理され胆汁に移行(腸肝循環)するが、一部は尿中に排泄される(LAB.563)。

基準値

血清ビリルビン

単位:1 μmol/L = 0.058 mg/dl

(流れが分かる臨床検査マニュアル上 p.13)

HIM.A-4

  • total bilirubin: 5.1-22μmolL, 0.3-1.3 mg/dl
  • direct bilirubin: 1.7-6.8μmolL, 0.1-0.4 mg/dl
  • indirect bilirubin: 3.4-15.2μmolL, 0.2-0.9 mg/dl

ビリルビンの吸収波長

  • 450-460nm


臨床関連




測定」

  [★]

measurementmeasuredetermineestimate、(水深を)fathom
基準計測決定、処置、推定程度定量判定評価見込み見積見積もる予算特定測定値尺度確定ファゾム


測定法」

  [★]

methodmethod for measurementassay、metry
アッセイ検定検定法、試験法、測定方法定量手順分析分析法方法定量法アッセイ法手法方式


経皮的」

  [★]

percutaneoustransdermaltranscutaneouspercutaneouslytransdermallydermallytranscutaneously
経皮経皮性


経皮」

  [★]

percutaneousdermaltransdermaltransepidermal
経皮的真皮真皮性皮膚経皮性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3