紫外線再活性化

出典: meddic

UV-reactivation


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

【課題】微生物が再活性化する光回復現象の抑えを図る。【解決手段】紫外線照射による被処理水中の殺菌・不活化の水処理を行う場合に、高圧水銀ランプが生成する250~280nmの波長帯分光スペクトルのピークエネルギー値Xと ...
名称 略称 正式名称 初感染 再活性化 癌化 単純ヘルペスⅠ型 HSV-1 HHV-1 歯肉炎・咽頭炎 口唇ヘルペス ヘルペス脳炎-単純ヘルペスⅡ型 HSV-2 HHV-2 外陰腟炎 性器ヘルペス 子宮頚癌 水痘帯状疱疹ウイルス VZV HHV-3 水痘 帯状疱疹

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事紫外線」「活性化」「活性」「紫外」「再活性化

紫外線」

  [★]

ultra violet, UV, ultraviolet rays, UV rays
化学線 chemical rays
ドルノ線電磁波
  • 波長が短いほど生物学的作用は強く
  • UVA, UVB, UVCの区分分けは資料によってまちまち

特徴

  • UVC(290~320nm)
  • 表皮:表皮の表層のみ
  • UVB(290~320nm)
  • 表皮深部:表皮の細胞のDNA:皮膚癌、紅斑
  • UVA(320~400nm)
  • 真皮:コラーゲンなどのタンパク:日焼け

分類1

種類(波長) 地上への到達度 生物影響
UV-A
(315~400nm)
地表まで到達する。 UV-Bほど有害ではないが、長期間曝露された場合の健康影響が懸念される。
UV-B
(280~315nm)
ほとんどは成層圏オゾン層などに吸収されるが、一部は地表へ到達する。 皮膚や眼に非常に有害である。日焼けを起こしたり、皮膚がんの原因になる。一般に、有害紫外線と呼ばれる。
UV-C
(100~280nm)
大気や成層圏オゾン層に吸収されて、地表には到達しない。 非常に有害である。

分類2

  • UVC(290~320nm)
  • UVB(290~320nm)
  • UVA(320~400nm)



活性化」

  [★]

activationactivateturn onactivated
賦活賦活化活性化型オンにする



活性」

  [★]

activity
活性度活動性活量活動


紫外」

  [★]

ultravioletUV
紫外線紫外部


再活性化」

  [★]

reactivation
活性化




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡