立位訓練

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 468 Tilt tableを用いた立位訓練・他動的肘関節屈伸運動が脳血流量を増加させた1症例 : 気道浮腫により低酸素脳症を呈した患者(理学療法基礎系,一般演題(ポスター発表演題),第43回日本理学療法学術大会)
  • 本田 憲胤,澤田 優子,中路 一大,中野 直樹,木村 貴明,福田 寛二
  • 理学療法学 35(Supplement_2), 260, 2008-04-20
  • NAID 110006800025

関連リンク

私の担当する利用者が最近、立位保持が難しくなりつつあります。そのため、ベッドから 車椅子への移乗等が困難になってきていて、周りのスタッフから「立位訓練を行っては どうか」との意見が上がっています。施設にOTやPTがいないため、どんな立位訓練の ...
【立位訓練の重要性について】 担当の医師またはPTが立位訓練に消極的な場合、その 理由をたずねて、どうしても不可能という理由がなければ、積極的に要求していくことが 大切です。また、自宅でも、工夫して毎日のメニューの中にぜひ取り入れてください。

関連画像

立位訓練~足踏み理学療法士による立位訓練社会福祉法人 兵庫県社会福祉 スタッフブログ Staff blog


★リンクテーブル★
国試過去問102G057」「098A047
関連記事立位」「訓練

102G057」

  [★]

  • 68歳の女性。右片麻痺と言語障害とが突然出現したため3日前に搬入された。左中大脳動脈領域の脳梗塞と診断された。意識は清明。体温36.4℃。脈拍80/分、不整。血圧180/100mmHg。心電図モニター上や心房細動を認める。右上下肢は弛緩性で随意運動は不能。呼びかけに対し理解は可能だが、発話は困難である。嚥下反射は遅延を認める。尿意ははっきりせず、膀胱カテーテルが留置されている。この時点で開始するのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102G056]←[国試_102]→[102G058

098A047」

  [★]

  • 20歳の男性。ラグビーの試合中に頚部を過度に屈曲して四肢麻痺となり、救急車で搬入された。頚椎脱臼骨折に対して観血整復内固定術を行い、現在術後2週目である。肘関節の屈曲と手関節の背屈とは十分な筋力があるが、肘関節の伸展は筋収縮を触知するのみである。下肢では筋収縮を触知できない。
  • この患者に適切なリハビリテーション処方はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 098A046]←[国試_098]→[098A048

立位」

  [★]

standing position, erect position


立位と臨床検査

  • 立位になると、下肢の毛細血管圧が上昇し、血管外に移動できる物質が移動し、血管外に移動できない物質の見かけの濃度が上昇する。直径4nm以上の物質は血管から細胞内に移行できない(参考2)とされている。
  • 立位で濃度が上昇する検査項目にはLDHALP総蛋白総コレステロール中性脂肪ヘモグロビン好中球血小板がある。(参考1)

参考

  • 1.
[display]http://www.kitano-hp.or.jp/section/kensa/cl_comedfaq.html
  • 2.
[display]http://shinryomatrix.net/ReferenceData/yuragi.aspx

訓練」

  [★]

トレーニング




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡