窒素塞栓症

出典: meddic

nitrogen embolism
ケイソン病空気塞栓症


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

動脈ガス塞栓症は,気泡が動脈血管に入ったり,動脈血管内で形成されたりして血流を塞ぎ,組織の虚血がもたらされる場合に起こり,不幸な転帰をもたらしうる。動脈ガス塞栓症は,急速な意識消失を伴う中枢神経系の損傷もしくは ...
ダイビング中に体に溶けた窒素 が、減圧のときに気泡化して組織が圧迫され、しびれや痛みなどの症状を伴うのが減圧症 ...

関連画像

この 生体生成ガスも気泡を 容器は肺、液体は体液及び血液 窒素の吸入と窒素・窒素系の 窒素 の 吸入 と 窒素 窒素 系  の血漿中へ取り込まれた窒素


★リンクテーブル★
先読み空気塞栓症
リンク元減圧症」「ガス塞栓
関連記事塞栓症」「窒素」「」「塞栓

空気塞栓症」

  [★]

air embolism
embolia gasis
ガス塞栓症脳空気塞栓症肺空気塞栓症


病態生理

  • 静脈系:
  • 300-500mlの気体が100ml/sの速度で注入される場合に致死的となる。14Gカテーテルにて5cmH2Oの圧力を加えれば100ml/sの流速が出る。(uptodate)
  • 70-150mlが致死量とする文献もある。

ニュース

  • 2011年10月29日に生体腎移植手術を受けた。手術は成功したが、11月3日に首からカテーテルを抜いた直後、心肺停止状態になり、同7日に死亡した。(肺動脈空気塞栓症)


減圧症」

  [★]

decompression sickness
せんかんびょう 潜函病 dysbarism減圧病潜水病, 潜水夫病, diving disease, diver's disease、ケイソン病, caisson disease
気圧障害窒素塞栓症


概念

  • 高圧環境から常圧環境への急激な移動により生じる病態
  • 水深10m以内の急浮上では発症しない。
  • 急激な減圧後2時間以内に発症する場合がほとんど(90%)である。24時間以内の発症が90%という記載もみられる(SQ.504)
  • 病型:I型は皮膚と筋関節症状のみのもので、それぞれ皮膚型、四肢型と呼ばれる。II型はI型以外の症状を呈するもので、中枢神経型、脊髄型、内耳型、呼吸循環型がある。(SQ.504)
  • 治療は高圧酸素療法。II型減圧症の場合には再圧療法が必須。

参考

  • 1. ダイビング医学 - 山見信夫先生
[display]http://www.divingmedicine.jp/decompression/d_3.html


ガス塞栓」

  [★]

gas embolism
空気塞栓症ガス塞栓症ケイソン病塞栓症窒素塞栓症

塞栓症」

  [★]

embolism
embolia
塞栓形成 thrombus formation
塞栓塞栓形成塞栓術塞栓療法塞栓化



窒素」

  [★]

nitrogenNN2nitric
アスパラギンヌクレオシド規定濃度
  • 原子番号:7
  • 原子量:約14


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

塞栓」

  [★]

embolus, (pl.)emboli
塞栓症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡