穿孔性膿胸

出典: meddic

penetrating empyema
empyema necessitatis, empyema penetrans
膿胸


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P20-3 気管支鏡検査施行後に肺膿瘍を形成し穿孔性膿胸を併発した空洞型腺癌の1切除例(気管支鏡合併症/AFI,ポスター20,第34回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
  • 岡部 直行,穴沢 予識,星野 実加,鈴木 弘行,後藤 満一
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 33(増刊), S271, 2011-05-20
  • NAID 110008681645
  • 胸腔洗浄後, 肺剥皮術を施行した急性穿孔性膿胸の2例(結核・膿胸・肺感染症 (3), 第22回日本呼吸器外科学会総会)
  • 小林 利子,横須賀 哲哉
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 19(3), 499, 2005-05-20
  • NAID 110004034799

関連リンク

膿胸 1. 定義 肺が収められている体腔のことを胸腔といいます。この胸腔内に膿性液の貯留した状態が膿胸です。罹患期間が 3ヶ月以内の場合を急性膿胸、3ヶ月以上の場合を慢性膿胸といいます。 2. 原因 ① 肺感染症由来
膿胸とは、胸腔内に膿性の液体が貯留した状態である。 【分類】 (1)急性膿胸と慢性膿胸;3ヵ月以内を急性。3ヵ月以上を慢性とする。(2)部分膿胸と全膿胸;片側肺の完全虚脱のあるものを全膿胸、それ以下を部分膿胸という。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
拡張検索胸壁穿孔性膿胸
関連記事膿胸」「穿孔」「

胸壁穿孔性膿胸」

  [★]

empyema necessitatis, empyema of necessity, empyema penetrans


膿胸」

  [★]

pyothoraxthoracic empyemaempyema thoracis
empyema thoracis, pyothorax
化膿性胸膜炎 purulent pleurisy suppurative pleurisy腐敗性胸膜炎 putrid pleurisy
胸膜炎



国試


穿孔」

  [★]

perforationboreperforatedrill
burr hole
うんざり穿孔器穿孔処理ドリル空洞退屈口径穴を開ける


胸」

  [★]

chestbreastthoracicpectoral
胸郭胸筋胸腔胸髄胸椎胸部乳房




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡