神経原性ショック

出典: meddic

neurogenic shock
神経性ショック neural shock
ショック

  • 迷走神経の緊張によるものと考えられている


  • 副交感神経優位→末梢血管拡張→血管分布異常性ショック


  • 血圧低下、徐脈(大抵のショックでは頻脈)


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 神経原性ショックの病態と治療 (特集 ショックの病態と治療) -- (各種ショックの病態と治療)
  • 切詰 和孝,河北 賢哉,黒田 泰弘
  • 救急医学 35(4), 429-432, 2011-04
  • NAID 40018794599
  • 脊椎・脊髄損傷の初期診療 (特集 脊椎・脊髄損傷)

関連リンク

神経(原)性ショック. 上位胸椎より高位の脊髄損傷によるショックで,その本態は自律 神経系失調によって引きおこされた末梢血管弛緩による血圧低下である。血液分布異常 性ショック(distributive shock)の一つである。症状としては血圧低下のほか徐脈を ...
ショックと診断した後はショックの原因を考えていく。まず、皮膚が温かいかを調べ、 ウォームショックとコールドショックを分類する。ウォームショックであれば、 アナフィラキシーショック、神経原性ショック、敗血症性ショックである。コールドショックで ある場合は、 ...

関連画像

slide0052_image014.jpg診断のポイント概要 [ 編集 ]傷病者は、第7病日までは意識  神経原性ショックも起こす


★リンクテーブル★
国試過去問106B058」「099D070」「105B025」「096G093」「102E029」「103B007
リンク元毛細血管再充満時間」「一次性ショック」「neural shock」「neurogenic shock
関連記事ショック」「神経」「神経原性」「

106B058」

  [★]

  • 次の文を読み、 58-60の問いに答えよ。
  • 78歳の男性。意識障害のため家族に伴われて来院した。
  • 現病歴:3日前から発熱と黄色痰を伴う咳とが続いていたが、病院に行くのを嫌がっていた。いつもの時間に起きてこないため家族が部屋に様子をみに行ったところ、呼びかけに対する反応が悪い患者を発見し、家族が乗用車で救急外来に連れてきた。
  • 既往歴: 43歳から高血圧症で内服加療中。 55歳から糖尿病で内服加療中。
  • 生活歴 :長男家族と同居。
  • 現 症:意識レベルはJCSⅡ-10。体温39.0℃。心拍数118/分、整。血圧84/42mmHg。呼吸数28/分。 SpO2 90%(room air)。四肢末梢の皮膚は温かく、軽度の発赤を認める。刺激に対する上下肢の動きは良好である。左の背部下方にcoarse cracklesを聴取する。
  • この患者の病態として最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B057]←[国試_106]→[106B059

099D070」

  [★]

  • ショックと原因の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]
※国試ナビ4※ 099D069]←[国試_099]→[099D071

105B025」

  [★]

  • ショックと原因の組合せで誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105B024]←[国試_105]→[105B026

096G093」

  [★]

  • ショックの種類と徴候の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]
※国試ナビ4※ 096G092]←[国試_096]→[096G094

102E029」

  [★]

  • 血圧は低下し、皮膚は温かく紅潮している。心拍出量は増加し、末梢血管抵抗は低下している。
  • この病態に当てはまるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102E028]←[国試_102]→[102E030

103B007」

  [★]

  • 組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 103B006]←[国試_103]→[103B008

毛細血管再充満時間」

  [★]

capillary refill time, capillary-refilling time, CRT
[show details]


  • 2秒以上は脱水、ショック、低体温を示唆。
  • 正常であっても敗血症性ショック神経原性ショックの場合がある


一次性ショック」

  [★]

primary shock
ショック神経原性ショック



neural shock」

  [★] 神経性ショック神経原性ショック

neurogenic shock」

  [★] 神経原性ショック神経性ショック

ショック」

  [★]

shock
虚脱状態
産科ショック

メジャー

心筋梗塞、致死的不整脈、心不全
心タンポナーデ収縮性心膜炎肺血栓塞栓症緊張性気胸
出血性ショック、体液喪失(熱傷)・脱水

マイナー

ショックの5P

ショックの判断

簡便

  • 収縮期血圧 90 mmHg以下

循環モニターのためのデバイス・検査項目

  • 血圧・脈拍
  • 心電図
  • 心エコー
  • 呼吸・血ガス
  • 血液検査・尿検査
  • バルーンカテーテル:残尿を排泄し、30分ごとに尿量、血圧、脈拍を測定する
  • 中心静脈圧
  • スワン・ガンツカテーテル
  • PiCCO
  • 胃トノメトリー

治療

心原性ショック 原疾患の治療
低容量性ショック 輸液、輸血、止血、昇圧剤は原則使用しない
敗血症性ショック 抗菌薬、昇圧薬、エンドトキシン吸着カラム、輸血、血糖コントロール、低容量ステロイド
神経原性ショック 輸液、昇圧薬
アナフィラキシーショック エピネフリン、輸液、抗ヒスタミン剤、ステロイド、昇圧薬、H2ブロッカー
閉塞性ショック 緊張性気胸 胸腔穿刺、胸腔ドレナージ
心タンポナーデ 心嚢穿刺、心膜開窓
肺塞栓 塞栓除去術、血栓溶解術



神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


神経原性」

  [★]

neurogenic
神経性神経因性

性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡