神経内視鏡

出典: meddic

neuroendoscope
内視鏡


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 内視鏡外科手術における研究と治療の進歩(7)脳神経外科領域-神経内視鏡手術の進歩
  • 木附 宏,兼子 尚久,糟谷 英俊,KIZUKI Hiroshi,KANEKO Naohisa,KASUYA Hidetoshi
  • 東京女子医科大学雑誌 82(5), 295-301, 2012-10-25
  • 神経内視鏡手術は内視鏡及び周辺機器の開発と外科手術の低侵襲化の傾向から水頭症を中心とした脳室内手術にとどまらず,頭蓋底外科手術,脳動脈瘤手術などにおける内視鏡支援,経蝶形骨洞下垂体腫瘍摘出術や脳内出血に対する内視鏡単独手術など広く応用されるようになった.一方で神経内視鏡手術の普及とともに重篤な合併症の報告も増え日本神経内視鏡学会では2006年に技術 …
  • NAID 110009557336
  • 再発手根管症候群における正中神経の内視鏡所見 : 特発例および透析例
  • 浜中 一輝,奥津 一郎,吉田 綾
  • JOSKAS 37(3), 351-354, 2012-06-25
  • NAID 10030790436
  • 7. 経皮的内視鏡脊椎手術の微小解剖(PS2-1 第26回微小脳神経外科解剖セミナー合同セッション「神経内視鏡手術に必要な脳神経外科微小解剖」,プレナリーセッション,脳神経外科学の課題,第32回日本脳神経外科コングレス総会)
  • 出沢 明
  • 脳神経外科ジャーナル 21(Supplement), 71, 2012-04-20
  • NAID 110009359452

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元第三脳室底開窓術
関連記事神経」「内視鏡」「

第三脳室底開窓術」

  [★]

third cerebral ventriculostomy
神経内視鏡水頭症
[show details]
  • 非交通性水頭症に対する治療として広まりつつある。神経内視鏡を用いて行う。
  • これまでは脳室シャント術が一般的であったが、シャント感染、シャント機能不全、あるいは髄液の過剰排出に伴う合併症も少なくなかった。このため、内視鏡的第3脳室開窓術が広く行われるようになってきた。冠状縫合近傍の頭蓋骨に小孔を開け、内視鏡を側脳室、モンロー孔を介して第3脳室にすすめ、第3脳室底を掻爬し脳室とくも膜下腔を交通させるものである。(SCN.299)

参考

  • 1.
[display]http://square.umin.ac.jp/neuroinf/cure/006.html
  • 2.
[display]http://home.hiroshima-u.ac.jp/nouge/right/endoscopicsurgery.htm
  • 3.
[display]http://home.hiroshima-u.ac.jp/atom/hydrotreat.htm

神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


内視鏡」

  [★]

endoscope
エンドスコープ
小腸内視鏡大腸内視鏡電子内視鏡



鏡」

  [★]

mirror
写す




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡