硫酸セフピロム

出典: meddic

セフピロム

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • β-ラクタマーゼ非産生アンピシリン耐性インフルエンザ菌の関与が想定された乳幼児市中肺炎例におけるスルバクタム・アンピシリンと硫酸セフピロムの臨床効果
  • 膵仮性嚢胞にメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)感染を併発し, 抗菌薬にて治療しえた1例
  • 篠崎 幸子,清水 京子,白鳥 敬子,星野 容子,唐沢 英偉,土岐 文武,林 直諒
  • 膵臓 = The Journal of Japan Pancreas Society 15(3), 173-178, 2000-06-30
  • NAID 10010664317

関連リンク

硫酸セフピロム静注用0.5g「マイラン」/硫酸セフピロム静注用1g「マイラン」 【マイラン製薬】 2. 日本における発売年 1993(平成5)年 3. 特長 黄色ブドウ球菌から,緑膿菌まで広い抗菌スペクトル,強い抗菌力を有する. 各種β ...
商品名 欧文商標名 製造会社 YJコード 薬価 規制区分 硫酸セフピロム静注用0.5g「マイラン」 (後発品) Cefpirome Sulfate マイラン製薬 6132424F1071 617円/瓶 処方せん医薬品 硫酸セフピロム静注用1g「マイラン」 (後発品)

関連画像

硫酸セフピロム静注用1g「マ テトラサイクリン系抗生物質グリコペプチド系抗生物質製剤硫酸セフピロム静注用 「マ 硫酸セフピロム静注用 「マ テトラサイクリン系抗生物質

添付文書

販売名

セフピロム硫酸塩静注用0.5g「CMX」

組成

※※成分・分量[1バイアル中]

  • 日局セフピロム硫酸塩 0.5g(力価)
    添加物 乾燥炭酸ナトリウム

禁忌

  • 本剤の成分によるショックの既往歴のある患者

効能または効果

適応菌種

  • セフピロムに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、エンテロコッカス・フェカーリス、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、大腸菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、インフルエンザ菌、緑膿菌、バークホルデリア・セパシア、アシネトバクター属、ペプトストレプトコッカス属、バクテロイデス属

適応症

  • 敗血症、感染性心内膜炎、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、肛門周囲膿瘍、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、膿胸、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、腹膜炎、腹腔内膿瘍、胆嚢炎、胆管炎、肝膿瘍、バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎、子宮旁結合織炎、化膿性髄膜炎


  • 通常、成人にはセフピロム硫酸塩として1日1〜2g(力価)を2回に分けて静脈内に注射する。なお、難治性又は重症感染症には症状に応じて1日4g(力価)まで増量し、2〜4回に分割投与する。


通常、小児にはセフピロム硫酸塩として1日60〜80mg(力価)/kgを3〜4回に分けて静脈内に注射するが、年齢、症状に応じ適宜増減する。なお、難治性又は重症感染症には160mg(力価)/kgまで増量し、3〜4回に分割投与するが、化膿性髄膜炎には1日200mg(力価)/kgまで増量できる。
静脈内注射に際しては、日局注射用水、日局生理食塩液又は日局ブドウ糖注射液に溶解し、緩徐に投与する。また、点滴静注に際しては、日局生理食塩液、日局ブドウ糖注射液又は補液に溶解する。

  • 注射液の調製法
    本剤は溶解補助剤として日局乾燥炭酸ナトリウムを含有し、溶解時に炭酸ガスを発生するため減圧バイアルにしてある。
    溶解にあたっては、個装箱の天面裏側に記載の溶解方法の説明を読んで行うこと。
溶解液 溶解液量 投与液量
セフピロム硫酸塩
静注用0.5g「CMX」
日局注射用水
日局生理食塩液
日局ブドウ糖注射液
約5mL 約10mL
セフピロム硫酸塩
静注用1g「CMX」
日局注射用水
日局生理食塩液
日局ブドウ糖注射液
約10mL 約20mL
  • 点滴静注を行う場合、注射用水を用いると溶液が等張とならないため使用しないこと。
  • 本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめること。

慎重投与

  • (1) ペニシリン系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者
  • (2) 本人又は両親、兄弟に気管支喘息、発疹、蕁麻疹等のアレルギー症状を起こしやすい体質を有する患者
  • (3) 高度の腎障害のある患者[血中濃度が持続するので減量又は投与間隔をあけて投与すること。]
  • (4) 経口摂取の不良な患者又は非経口栄養の患者、全身状態の悪い患者[ビタミンK欠乏症状があらわれることがあるので観察を十分に行うこと。]
  • (5) 高齢者(「5.高齢者への投与」の項参照)


重大な副作用

  • (頻度不明)

1) ショック:

  • ショックを起こすことがあるので、観察を十分に行い、症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

2) アナフィラキシー様症状:

  • アナフィラキシー様症状(呼吸困難、発赤、胸痛等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

3) 急性腎不全:

  • 急性腎不全があらわれることがあるので、定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

4) 偽膜性大腸炎:

  • 偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎があらわれることがある。腹痛、頻回の下痢があらわれた場合には直ちに投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

5) 汎血球減少症、溶血性貧血、無顆粒球症、血小板減少症:

  • 汎血球減少症、溶血性貧血、無顆粒球症、血小板減少症等があらわれることがあるので、定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

6) 間質性肺炎:

  • 発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線異常等を伴う間質性肺炎があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。

7) 中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群):

  • 中毒性表皮壊死症、皮膚粘膜眼症候群があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

8) 痙攣:

  • 意識障害を伴う痙攣発作を誘発することがあるので、このような症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

9) 肝機能障害、黄疸:

  • AST(GOT)、ALT(GPT)、Al-P等の上昇、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。


薬効薬理

  • 細菌の外膜透過性にすぐれ、ペニシリン結合たん白(PBPs)に対する親和性が高く、細菌の細胞壁合成を阻害することにより殺菌的抗菌作用を示す。


各種β‐ラクタマーゼに対して安定で、かつそれらの酵素に極めて親和性が低いため、β‐ラクタマーゼ産生菌に対しても強い抗菌力を示す。 in vitro試験において、ブドウ球菌属、レンサ球菌属、エンテロコッカス・フェカーリス、ペプトストレプトコッカス属などのグラム陽性菌及び ブランハメラ属、大腸菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、プロテウス属、モルガネラ属、プロビデンシア属、 シュードモナス属、インフルエンザ菌、アシネトバクター属、バクテロイデス属などのグラム陰性菌に抗菌力を示す。1)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • セフピロム硫酸塩(Cefpirome Sulfate)(JAN)

略号

  • CPR

化学名

  • (6R, 7R)‐7‐[(Z)‐2‐(2‐Aminothiazol‐4‐yl)‐2‐(methoxyimino)acetylamino]‐3‐(6, 7‐dihydro‐5H‐cyclopenta[b]pyridinium‐1‐ylmethyl)‐8‐oxo‐5‐thia‐1‐azabicyclo[4. 2. 0]oct‐2‐ene‐2‐carboxylate monosulfate

分子式

  • C22H22N6O5S2・H2SO4

分子量

  • 612.66

性 状

  • 白色〜微黄白色の結晶性の粉末で、わずかに特異なにおいがある。
    水にやや溶けやすく、エタノール(95)又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。吸湿性である。


★リンクテーブル★
リンク元主としてグラム陽性・陰性菌に作用するもの」「cefpirome sulfate
関連記事セフピロム」「」「硫酸

主としてグラム陽性・陰性菌に作用するもの」

  [★]

商品


cefpirome sulfate」

  [★]

  • 硫酸セフピロム
cefpirome

セフピロム」

  [★]

cefpirome
硫酸セフピロム cefpirome sulfate セフピロム硫酸塩
ケイテンブロアクト

第四世代セフェム系抗生物質



酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

硫酸」

  [★]

sulfuric acid, sulfate
  • H2SO4。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡