瞳孔運動麻痺

出典: meddic

関連リンク

眼球運動を制御する脳神経(第3、第4、第6脳神経)に麻痺が起こると、眼球を動かす能力が損なわれます。眼球運動がどのように損なわれるかは、どの神経が障害を受けたかによって異なります。 眼球は、第3、第4、第6の各脳神経が ...
動眼神経麻痺とは何らかの原因で、外眼筋(上直筋、下直筋、内側直筋、下斜筋、眼瞼挙筋)と毛様体筋と瞳孔括約筋を支配している動眼神経が麻痺を生じ、患側眼球は麻痺性外斜視、眼瞼下垂、瞳孔散大を呈し、また、対光反射 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事瞳孔」「運動麻痺」「麻痺

瞳孔」

  [★]

pupil, pupils
pupilla
内眼筋

概念

瞳孔の大きさ

年齢

  • 瞳孔径は20歳代で最大となり、高齢になるにつれて小さくなっていく。

神経支配

     
瞳孔 支配 自律神経障害
散瞳(瞳孔散大筋) 交感神経(頚部) 副交感神経障害:Horner症候群:縮瞳、眼瞼下垂
縮瞳(瞳孔括約筋) 副交感神経(動眼神経) 交感神経障害 :動眼神経麻痺:散瞳、眼瞼下垂

臨床関連

散瞳

縮瞳

瞳孔異常


運動麻痺」

  [★]

motor paralysis
麻痺

運動麻痺の鑑別

2007年度後期解剖学授業プリント、SP.369、2007年度前期生理学授業プリント-大脳皮質T8-

  上位運動ニューロンの障害 下位運動ニューロンの障害
筋力低下
筋萎縮 ×
線維束性攣縮 ×
腱反射
筋緊張
  痙性麻痺 弛緩性麻痺
  • 「上位運動ニューロンの損傷の諸症状は、下位運動ニューロンに対する抑制性の入力が無くなるから」ということで説明できる?
  • 「下位運動ニューロンにおける筋萎縮は下位運動ニューロンによる自発的発火が減少するから」ということで説明できる?

IMD.659

YN.J47

麻痺」

  [★]

paralysis, palsy
(comb form)plegia不全麻痺 paresis






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡