着衣失行

出典: meddic

dressing apraxia
失行統合運動障害観念失行言語協調障害


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 入浴拒否と着衣失行の関連性について事例を通じケアスタッフが学んだこと (ケア場面でみられる失行・失認・失語)
  • 村田 学,小池 富士子
  • 認知症ケア事例ジャーナル 2(4), 365-371, 2010-03
  • NAID 40017325395
  • 着衣失行と構成失行の特徴とその評価法 (特集 認知症の診療に役立つ神経心理学)
  • 中野 倫仁
  • 老年精神医学雑誌 20(10), 1103-1106, 2009-10
  • NAID 40016828450

関連リンク

右半球頭頂葉の障害で起こることが多い。衣服の各部位と自己自身の空間関係の把握 障害と考えられている。半側空間無視、空間無視によるものは含めない。 [編集.

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み観念失行
国試過去問095A075
リンク元アルツハイマー病」「被殻出血」「言語協調障害」「統合運動障害

観念失行」

  [★]

ideational apraxia
失行


095A075」

  [★]

  • 前頭葉病変に最も関係の深い症候はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095A074]←[国試_095]→[095A076

アルツハイマー病」

  [★]

Alzheimer disease, Alzheimer's disease
(国試)Alzheimer病、(以下、厳密には同義ではない)→アルツハイマー型認知症アルツハイマー型痴呆 dementia of the Alzheimer type DAT, Alzheimer-type dementia Alzheimer type dementia ATD
Alzheimer型痴呆Alzheimer型認知症
ドネペジル認知症

概念

  • 進行性痴呆のなかで脳血管障害による痴呆に次いで多い (EPT.257)
  • 大脳皮質のびまん性萎縮が見られる (EPT.257)
  • 前脳基底野コリン作動性ニューロンの選択的な変性が見られ、アセチルコリンの産生が低下
  • 病理学的には、老人斑とアルツハイマー神経線維変化が見られる (EPT.257)

疫学

  • 認知症
  • 有病率:65歳以上5-10%。65~69歳:1.5%、85歳~:27.3%。
  • 認知症の半数がアルツハイマー病
  • アルツハイマー病の5-10%が家族性

アルツハイマーのリスクファクター

  • 高コレステロール
  • 血圧
  • ホモシステイン
  • 糖尿病。内臓脂肪(メタボリックシンドローム)
  • 喫煙

病理

  • 老人斑:細胞外にβアミロイドが沈着。
  • 神経原線維変化:細胞内にリン酸化されたタウ蛋白が凝集し、らせん構造をとる

症状

1. 中核症状

  • 1. 健忘(記銘力、記憶力)
  • 2. 見当識障害
  • 3. 思考力障害
  • 4. 計算力障害

2. 周辺症状

  • 不安、抑うつ、徘徊、不眠、妄想、せん妄、幻覚、暴行、焦燥感

他疾患との比較

  • 人格の変化
  • アルツハイマー病:晩期
  • Pick病:早期

未分類

  • 空間視の障害:例えば立方体の模写ができない。頭頂葉の障害とされる。
  • 着衣失行

検査

  • CT:側脳室の拡大、側頭葉の萎縮


[display]

  • MRI
  • T1:海馬の萎縮

./t_image/103/103D003.jpg

国試



被殻出血」

  [★]

putaminal hemorrhage
被殻血腫 putaminal hematoma、外側型脳内血腫 lateral type of intracerebral hematoma
被殻高血圧性脳出血脳出血


概念

  • 大脳深部のレンズ核線条体動脈外側枝で起こる脳出血
  • 脳出血のうちもっとも頻度が高い(被殻出血40%>視床出血30%>橋出血10%>小脳出血10% (YN.J-87))

症候

  • 血腫、脳浮腫による頭蓋内圧亢進? → 意識障害、頭痛
  • 血腫 → 内包、皮質を圧迫・障害。脳室穿破
  • 内包障害:片麻痺 ← 最初は痙性のこともあるが、内包後脚が破壊されると弛緩性になる
  • 皮質障害:
  • 脳室穿破:意識障害増強、

治療

脳出血に共通

  • 内科的治療:(急性期)気道確保(意識障害→舌根沈下??)・酸素投与(脳浮腫対策)、降圧薬、グリセロール(脳浮腫対策)
  • 外科的治療:血腫除去が適応

被殻出血の治療

  • 長径3cm以内では保存的治療
  • 長径3cm以上で、脳室内出血がないか軽度な場合に血腫除去を行う。

参考

  • 1. 脳卒中治療ガイドライン2009
[display]http://www.jsts.gr.jp/jss08.html

国試



言語協調障害」

  [★]

verbal dyspraxia
失行着衣失行統合運動障害観念失行

統合運動障害」

  [★]

dyspraxia
失行着衣失行観念失行言語協調障害




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡