直腸粘膜脱

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 直腸粘膜脱症候群診断のこつ
  • 大川 清孝,青木 哲哉,上田 渉,大庭 宏子,佐野 弘治,福島 裕子,井上 健
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 56(3), 494-503, 2014
  • 直腸の粘膜脱症候群(MPS)は顕在または潜在性の粘膜脱出があり,組織学的に繊維筋症を認める疾患単位である.隆起型,潰瘍型,平坦型などの多彩な内視鏡像を呈するため,癌を含む腫瘍性疾患や炎症性腸疾患との鑑別診断が重要である.<BR>大きな隆起型MPSは表面にびらん,白苔,表面不整などがみられ癌と間違われやすく,繊維筋症を組織で証明できない場合もみられる.生検で繊維筋症がみられないが,内視鏡 …
  • NAID 130003395978
  • 高分化型腺癌を合併した直腸粘膜脱症候群(MPS:Mucosal Prolapse Syndrome)の1例
  • 飯田 直子,羽田 丈紀,衛藤 謙,満山 喜宣,池上 雅博,矢永 勝彦
  • 日本大腸肛門病学会雑誌 67(4), 268-272, 2014
  • … 排便時の脱肛認めていたことから直腸粘膜脱症候群(Mucosal Prolapse Syndrome)と診断し,痔核に対する結紮切除術に準じた手術を施行.病理組織学的検査では,線維筋症(fibromuscular obliteration)を認め,MPSに矛盾しない所見であった.しかし,11mm大の結節状隆起を呈する部分では高度異型腺腫の一部に高分化型腺癌(深達度m,ly0,v0)を認め,0-I型m癌合併直腸粘膜脱症候群と診断した.現在術後3年経 …
  • NAID 130003394590
  • 直腸粘膜脱症候群の経過観察中に発生した肛門管癌の1例
  • 佐藤 博紀,山下 和城,脇 直久,河合 央,石崎 雅浩,田口 孝爾
  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 74(8), 2245-2249, 2013-08-25
  • NAID 10031203096

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事粘膜」「直腸」「」「腸粘膜

粘膜」

  [★]

mucosa (KL), mucous membrane (KH), endometrium (Z. L-20), mucosae (Z. P-27)
tunica mucosa
粘膜固有層粘膜筋板粘膜下組織筋層


  • 消化器系、呼吸器系、泌尿器系、生殖器系

定義

  • 上皮、粘膜固有層、粘膜筋板をまとめて粘膜と呼ぶ

粘膜

粘膜下の深層にある組織



直腸」

  [★]

rectum (Z)
大腸

概念

直腸・肛門の区分

SSUR.559
  • 直腸S状部:rectosigmoid,RS:岬角の高さより第2仙骨下縁の高さまで
  • 上部直腸:rectum above the peritoneal reflection,Ra:第2仙骨下縁の高さから腹膜反転部まで
  • 下部直腸:rectum below the peritoneal reflection,Rb:腹膜反転部から恥骨直腸筋付着部上縁まで
  • 肛門管:proctos,P:恥骨直腸筋付着部上縁から肛門縁までの管状部
  • 肛門周囲皮膚:external skin,E:肛門縁より外側の皮膚



脱」

  [★]

(comb form.)des, prolapse
ヘルニア


腸粘膜」

  [★]

intestinal mucosa
腸管粘膜




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡