直腸温

出典: meddic

rectal temperature
肛門体温
核心温度、深部体温


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/01/26 04:57:31」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 朝の単波長光曝露がヒトの夜間の生理反応に与える影響
  • 宋 武,小田 健太郎,戸渡(上野) 智子,下村 義弘,勝浦 哲夫
  • 人間と生活環境 20(1), 7-12, 2013-05-00
  • … 測定項目は唾液中メラトニン、尿中メラトニン、直腸温、睡眠ポリグラフ、KSS、OSA睡眠調査であった。 … 結果は465nm波長条件では638nm波長条件よりも夜間の直腸温の値が有意(P<0.01)に高かった。 …
  • NAID 110009611469
  • 水中と陸上における座位安静時の尿量および尿意感の変化
  • 和田 拓真,斎藤 辰哉,林 聡太郎,高木 祐介,野瀬 由佳,小野寺昇
  • 川崎医療福祉学会誌 22(2), 224-230, 2013-00-00
  • … 浸水時に生体は,水の物理的特性の影響を受け陸上とは異なる生理的反応を示す.本研究は,座位における陸上と水中の尿量,尿意感,主観的温度感覚指標,血圧,直腸温および心拍数を比較し,浸水時の利尿作用について検討した.対象者は,健康な成人男性9名であった.測定条件は,陸上椅座位安静条件(C条件)および鎖骨位までの浸水を行う水中椅座位安静条件(W条件)とし,両条件とも水温30℃の室内温水プールにて測定した.この結 …
  • NAID 110009586459
  • 頸髄損傷が誘因となった偶発性低体温症の1例
  • 荒井 秀明,二瓶 俊一,宮岡 亮 [他],長田 圭司,新庄 貴文,寺田 忠徳,後藤 慶,原山 信也,相原 啓二,蒲池 正幸
  • 産業医科大学雑誌 34(3), 259-264, 2012-09-01
  • … 低体温により救急搬送され,後に軽微な外力により頸髄損傷を合併していたことが判明した症例を経験したので報告する.症例は70歳代女性.意識障害および高度低体温により当院救急外来に搬送された.来院時直腸温26.2℃と高度低体温であったため,直ちに復温処置を行った.復温に伴い意識レベルは改善したが,C5領域以下の麻痺および感覚低下を認めたため,頸髄損傷を疑いMRIを施行.C5頸髄損傷と診断した.偶発性低体温症 …
  • NAID 110009495738

関連リンク

2.1 アナログ式; 2.2 デジタル式. 3 動作原理による分類. 3.1 水銀式; 3.2 気体の熱膨張 式; 3.3 サーミスタ式; 3.4 赤外線式. 4 形状による分類. 4.1 棒状; 4.2 プローブ+ レシーバ式. 5 測定方法. 5.1 舌下温(口腔温); 5.2 腋下温(腋窩温); 5.3 直腸温; 5.4 鼓膜温 ...
核心温度は、環境の変動によっても温度が変化しない生態の核心部(頭腔、胸腹腔など 身体深部)の温度で、外殻温度と異なり体温調節により一定に調節されている(恒温 動物で37℃くらい)。直腸温、口腔温、腋窩温、鼓膜温が測定される。通常、直腸温は 腋窩 ...

関連画像

直腸温の上昇は緩和で温度の 図2 直腸温本 装置 は 小動物 の 直腸 温 だけあって、短時間で直腸温 直腸温で40℃付近の加温で 直腸温の変化グラフ


★リンクテーブル★
先読み核心温度
国試過去問101D049
リンク元熱中症
拡張検索直腸温リズム」「臨界直腸温度
関連記事直腸

核心温度」

  [★]

core temperature
体温体温調節中枢平衡温外殻温度



101D049」

  [★]

  • 次の文を読み、49、50の問いに答えよ。
  • 生後2時間の男児。手と足とにチアノーゼを認める。
  • 現病歴: 妊娠経過中、特に異常はなく、在胎40週、自然経膣分娩で出生した。Apgarスコア9点(1分)。分娩室から部屋に戻ったあと児の手足に軽度のチアノーゼがあることに母親が気付いた。
  • 現症: 身長50.5cm、体重3,040g。直腸温36.8℃。呼吸数40/分。心拍数120/分。頭部は頭頂方向に長く変形し、骨縫合での骨重積がみられる。大泉門径1cm。軽度のチアノーゼを手と足とに認めるが、口唇には認めない。心雑音はなく、呼吸音も正常である。腹部は平坦、軟で、右肋骨弓下に肝を1cm触れる。左右とも精巣を触知しない。
  • 検査所見: 血液所見:赤血球560万、Hb16.4g/dl、Ht48%、白血球12,000。
  • 血清生化学所見:血糖70mg/dl、総ビリルビン2.6mg/dl、AST36IU/l、ALT30IU/l。
[正答]


※国試ナビ4※ 101D048]←[国試_101]→[101D050

熱中症」

  [★]

heat illness, heat stroke( → 熱射病という意味で使う(YN.K-38))

重症度による分類

熱疲労熱射病の違いは中枢神経障害の有無(beyond resident 2-156)
WMM.707
ICU.607
YN.K-38改変
beyond resident 2-154
研修医直御法度第5版 155
研修医直御法度症例帳 143
マイナーエマージェンシー 6
  熱痙攣 熱疲労 熱射病
heat cramp heat exhaustion heat stroke
    古典的熱射病 努力性熱射病
疫学     幼小児、老人
基礎疾患(脳血管障害、虚血性心疾患、アルコール依存症)
薬剤性(フェノチアジン系(抗精神病薬)、抗コリン薬、利尿薬)
死亡率:40%
小児~成人
死亡率:10%
横紋筋融解症DICMOF合併多い
原因 電解質喪失 脱水 温熱中枢障害 熱産生>>熱放射
病態生理   細胞外液の減少(≒循環血漿量の減少)→頻脈、 高温により熱中枢が障害される
あるいは、心拍出量、発汗能力、血管調節能力の低下により体温調節能が失われる

汗が出ないことがある。
 
意識     意識障害あり
体温 ↑~↑↑ ↑~↑↑↑ ↑↑↑
血圧   低血圧 低血圧
発汗 ++ +++ -~+++ +++
筋肉 有痛性筋収縮   筋肉崩壊
その他症状   悪心・嘔吐、頭痛、めまい    
治療 ストレッチ、マッサージ
経口補液(飲めねば静注)
冷却(外部冷却)。⇔冷却は必要なし(ICU.607) 冷却(外部冷却・内部冷却)

熱中症の新分類

内科救急診療指針1st
従来の分類 新分類 症状
熱痙攣
熱失神
I度 めまい、大量発汗、失神筋肉痛、筋肉の硬直(こむら返り)
熱疲労 II度 頭痛嘔吐倦怠感、虚脱感、集中力や判断力の低下、血圧低下頻拍
熱射病 III度 下記3症状のうちいずれか1つ以上
①中枢神経症状:意識障害小脳症状けいれん発作
②肝・腎機能障害:AST/ALTUNCr上昇
血液凝固異常:急性期DIC診断基準(日本救急医学会)にてDICと診断

身体所見

  • まず、バイタル!ショックを評価。心不全はあるかどうか?

検査

  • 血液検査(生化学(浸透圧も評価)、血算、凝固(熱射病疑いとして))
  • 尿検査(尿ミオグロビンを捕まえる → 赤血球(-)かつ潜血(+) )

治療

  • (心不全症状なければ)輸液 ← 末梢静脈ラインを確保すると同時に採血
YN.K-39
  • (血漿浸透圧330mOsm未満)生理食塩水   尿あれば乳酸リンゲルでok
  • (血漿浸透圧330mOsm以上)生理食塩水+5%ブドウ糖

死因

救急外来stragegy

  • 1. バイタルチェック(体温、血圧、脈拍)  →  熱中症に合致しそうか? ちなみに直腸温はかれないときはどうする?
  • 2. 現病歴  →  ひととおりさらっと聴く
  • 3. 現症
  • 発汗の有無、皮膚の乾燥・湿潤、
  • 筋痙攣  →  熱痙攣を疑いたくなる
  • 悪心、嘔吐、頭痛、倦怠感  →  熱疲労~熱射病を疑いたくなる
  • 筋肉痛、筋攣縮、中枢神経機能異常(譫妄、運動失調、昏睡、痙攣)、DIC、MOF  →  熱射病を疑いたくなる
  • 感染症による発熱を疑いたくなったら、頚部リンパ節、咽頭所見、感冒症状、関節痛、呼吸音、尿回数・量、CVA叩打痛、項部硬直、Jolt accentuationをチェック
  • 4. 既往歴
  • 古典的熱射病で心不全を有している場合、輸液不可より昇圧剤を使えと(beyond resident 2-154)
  • 5. 末梢静脈ルート確保して採血(生化学、血算、凝固)し、まずは生理食塩水を落とす。血漿浸透圧高値が明らかになれば1/2生理食塩水に切り替え。
  • 6. 尿検査提出
  • 7. 適切なクーリングをしつつ、結果を待つ。

参考

  • 1. 今後の暑さ指数|環境省熱中症予防情報サイト
[display]http://www.nies.go.jp/health/HeatStroke
  • 2. 熱中症環境保健マニュアル(2011年5月改訂版) - 環境省
[display]http://www.env.go.jp/chemi/heat_stroke/manual.html
  • 3. 熱中症を防ごう / スポーツ医・科学 - 日体協
[display]http://www.japan-sports.or.jp/medicine/guidebook1.html
  • 4. 熱中症、熱射病、日射病のホームページ
[display]http://www.heat.gr.jp
  • 5. wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%B1%E4%B8%AD%E7%97%87



直腸温リズム」

  [★]

rectal temperature rhythm
直腸温


臨界直腸温度」

  [★]

critical rectal temperature
凍死


直腸」

  [★]

rectum (Z)
大腸

概念

直腸・肛門の区分

SSUR.559
  • 直腸S状部:rectosigmoid,RS:岬角の高さより第2仙骨下縁の高さまで
  • 上部直腸:rectum above the peritoneal reflection,Ra:第2仙骨下縁の高さから腹膜反転部まで
  • 下部直腸:rectum below the peritoneal reflection,Rb:腹膜反転部から恥骨直腸筋付着部上縁まで
  • 肛門管:proctos,P:恥骨直腸筋付着部上縁から肛門縁までの管状部
  • 肛門周囲皮膚:external skin,E:肛門縁より外側の皮膚






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡