直腸扁桃

出典: meddic

関連リンク

2.いわゆる直腸扁桃胚中心進展性異形成so-called rectal tonsil PTGC a:H.E.染色×5 b:H.E.染色×20 c:BCL-2×10 d:CD10×10 e:BCL-6×10 直腸における隆起性病変として存在する反応性病変。近年リンパ節における胚中心進展性 ...
潰瘍性大腸炎で最も軽症なタイプは炎症が直腸に限局したものです。 この「直腸炎型」 は頻度が多く、診断がつかないまま、たとえば「過敏性大腸症」「内痔」と診断されたまま、放置されていることもあります 。 時に炎症 ...

関連画像

口唇・口腔・咽頭(C00~C14)良性リンパ濾胞性ポリープ page1 MALT(粘膜関連リンパ組織) 直腸切片確實有問題。(中央社


★リンクテーブル★
関連記事扁桃」「直腸

扁桃」

  [★]

tonsil
tonsilla
リンパ小節リンパ器官リンパ組織

概念

  • 口蓋、咽頭、舌にあるリンパ小節の集塊で一部は皮膜で覆われている。咽頭の入口における防御気管で外来の抗原に対して免疫反応を行う。(HIS.254)

リンパ節との違い

扁桃

扁桃 表面 深部 特徴
咽頭扁桃 多列線毛上皮
非角化重層扁平上皮
薄い皮膜で境界 重層するヒダを有し、基部に混合線が開口
口蓋扁桃  
非角化重層扁平上皮
被膜で境界 上皮が10-12個陥入して陰窩を形成
舌扁桃  
非角化重層扁平上皮
被膜で境界 個々の扁桃は1個の陰窩を有する

成長と発達

  • 口蓋扁桃や咽頭扁桃は5-6歳で生理的に肥大するが、学童期以降消退傾向となり思春期までにはほとんど消退する。


参考

  • 1.
[display]http://image2.kmu.ac.jp/histologydb/prc/dijest2/04.html
  • 2.
[display]http://square.umin.ac.jp/atlas/094/index.html


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

直腸」

  [★]

rectum (Z)
大腸

概念

直腸・肛門の区分

SSUR.559
  • 直腸S状部:rectosigmoid,RS:岬角の高さより第2仙骨下縁の高さまで
  • 上部直腸:rectum above the peritoneal reflection,Ra:第2仙骨下縁の高さから腹膜反転部まで
  • 下部直腸:rectum below the peritoneal reflection,Rb:腹膜反転部から恥骨直腸筋付着部上縁まで
  • 肛門管:proctos,P:恥骨直腸筋付着部上縁から肛門縁までの管状部
  • 肛門周囲皮膚:external skin,E:肛門縁より外側の皮膚





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡