皮質下出血

出典: meddic

subcortical hemorrhage
皮質下血腫 subcortical hematoma、脳葉出血 lobar hemorrhage
脳出血

病因

  • 高血圧性:皮質下出血の45%
  • 非高血圧性:皮質下出血の55%
  • アミロイド血管障害(アミロイドアンギオパチー)  ← 高齢者の皮質下出血の原因として多い、らしい(出典不明)。
  • その他

年代別

  • 若年者:脳動静脈奇形、微小動静脈奇形、転移性脳腫瘍、出血性疾患(白血病など)、アンフェタミン濫用
  • 高齢者:アミロイド血管障害、抗凝固薬投与


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 左側頭頭頂葉皮質下出血により失語症を呈した慢性期症例に対する音韻符号化訓練 : Self-generated cueとしての五十音表活用
  • 症例報告 頸部血管の異常蛇行と脳皮質下出血を示したMarfan症候群 : FBN1遺伝子イントロン変異をみとめた症例
  • 音成 秀一郎,竹島 慎一,姫野 隆洋 [他]
  • 臨床神経学 = Clinical neurology 54(11), 897-902, 2014-11
  • NAID 40020270074
  • 補助人工心臓(ventricular assist device)装着中に 脳出血を合併した1例
  • 小泉 寛之,北原 孝雄,北村 律,中原 邦晶,今野 慎吾,相馬 一亥,隈部 俊宏
  • 日本救急医学会雑誌 25(2), 63-68, 2014
  • … 頭部CTを施行したところ,左前頭葉皮質下出血を認めた。 …
  • NAID 130004841005
  • 頸部血管の異常蛇行と脳皮質下出血を示したMarfan症候群:FBN1遺伝子イントロン変異をみとめた症例
  • 音成 秀一郎,竹島 慎一,姫野 隆洋,吉本 武史,高松 和弘,森崎 裕子,栗山 勝
  • 臨床神経学 54(11), 897-902, 2014
  • … 症例は39歳男性である.Marfan症候群と診断され,22歳で大動脈拡張と心臓弁の手術後,ワルファリン内服中に,左前頭葉皮質下出血で入院した.頭部画像検査で,皮質下出血の原因となる異常血管はみとめず,多発微小出血および異常に蛇行した頸部血管をみとめた.遺伝子解析ではフィブリリン1(FBN1)遺伝子解析で第29イントロン部-3位に1塩基置換変異をみとめた.同変異は両親にはみとめず,Marf …
  • NAID 130004706048

関連リンク

【皮質下出血はどんな病気?】 皮質下出血とは脳出血の1つです。 場所は、大脳半球の表面を覆う皮質である大脳皮質のすぐ下 で出血してしまう脳出血です。頭頂葉、前頭葉などの 皮質下でよく発生します。症状としては出血する ...
ひしつかしゅっけつ。脳出血の1つ。 皮質下出血とは、大脳半球の表面を覆う皮質「大脳皮質」のすぐ下で出血する脳出血のこと。頭頂葉、側頭葉、前頭葉などの皮質下でよく発生する。症状は出血する部位によって異な
皮質下出血とは、大脳半球の表面を覆う灰白質の皮質である「大脳皮質」のすぐ下で出血する脳出血です。頭頂葉(とうちょうよう)、側頭葉(そくとうよう)、前頭葉(ぜんとうよう)などの皮質下によく見られます。

関連画像

皮質下出血皮質下出血MRI画像 T2大脳皮質、および皮質下に出血 ct 皮質 下 出血 術前左側頭葉皮質下出血:右片麻痺 flair 左皮質下出血5~10%


★リンクテーブル★
国試過去問105A060
リンク元脳出血」「脳葉出血
関連記事皮質」「」「出血

105A060」

  [★]

  • 70歳の男性。急に右上下肢が勤かなくなったため、発症から1時間後に搬入された。意識レベルはJCS I-2。全失語と右片麻痺とがみられる。脈拍88/分、不整。血圧152/94mmHg。既往歴に高血圧と心房細動とがある。頭部MRIの拡散強調像(別冊No.23A)と頭部MRA(別冊No.23B)とを別に示す。
  • 診断はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105A059]←[国試_105]→[105B001

脳出血」

  [★]

cerebral hemorrhage
脳内出血

概念

  • 頭蓋内の出血は総称して一般的に脳出血または脳溢血と呼ばれる。脳出血は脳内への出血と脳周囲への出血に分類される。医学的には狭義での脳内出血のみを指すことが多い。

疫学

部位別頻度

  • 被殻出血:40%、視床出血:30%、大脳皮質下出血:10%、小脳出血:10%、橋出血:10%

リスクファクター

IMD.1027
  • 高血圧、加齢、男性、飲酒、喫煙、低コレステロール

分類

部位による

YN.J-87 SQ.518

  被殻出血 視床出血 橋出血 小脳出血 皮質下出血
割合(%) 40 30 10 10 10
意識障害 {+} {+} {++} {±}  
嘔吐 {+} {+} {++} {+++}  
頭痛 {±} {±} {-} {+++}  
運動障害 対側 対側 四肢麻痺 運動失調  
感覚障害 対{+} 対{++} {±} {-}  
共同偏視 病側 内下方 正中 健側  
瞳孔 {±} 縮瞳 縮瞳 {±}  
瞳孔反射 時に×  
外科的治療 血腫除去術 × × 血腫除去術 血腫除去術

症候

  • 前駆症状無く、日中の活動時や食事中に突然発症する。
  • 頭痛や嘔吐を伴い、半数の症例では意識障害を伴う。
  • 脳局所症状は数分から数時間のうちに完成する。

検査

  • CT:高吸収
  • MRI
  • T1:
  • T2:
  • 拡散強調画像:(出血直後は多分低信号で、血腫を作れば明らかな)高信号


治療

脳出血に共通

参考

  • 1. 脳卒中治療ガイドライン2009
[display]http://www.jsts.gr.jp/jss08.html
  • 2. wikipedia ja

国試



脳葉出血」

  [★]

lobar hemorrhage
皮質下出血


皮質」

  [★]

cortex (Z)
eloquent area??
  • 脳、胸腺、脾臓、腎臓で使われる (⇔髄質)





血」

  [★]

blood, (漢方)blood and body fluid energy
血液血中


出血」

  [★]

hemorrhage, bleeding
出血量





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡