皮膚掻痒症

出典: meddic

pruritus
pruritus cutaneus
(標準病名マスター)皮膚そう痒症掻痒症 pruritus, pruritis
掻痒痒み

内科疾患による皮膚掻痒症(IMD.249)

also see NDE.114
疾患 原因
肝疾患 原発性胆汁性肝硬変症 胆汁
急性肝炎
血液疾患 悪性リンパ腫
Hodgkin病
菌状息肉症
不明
真性多血症
鉄欠乏性貧血
代謝・内分泌疾患 糖尿病 乾燥,カンジダ症
甲状腺機能低下症 乾燥
甲状腺機能亢進症 体温上昇
力ルチノイド セロトニン
腎疾患 慢性腎不全(透析) 乾燥, 皮脂欠乏?
神経疾患 多発性硬化症 不明
脳梗塞
心因性 情動性 不明

参考

  • 1. [charged] Uremic pruritus - uptodate [1]
なぜ慢性腎不全で皮膚がかゆくなるか?原因は分かっていないが、肥満細胞が放出するヒスタミンが関与している。また中枢神経系におけるオピオイド受容体が掻痒に関与していると考えられている。この考えが、胆汁うっ滞や尿毒症における掻痒に対するオピオイド拮抗薬使用の理論的な根拠とならしめている。


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 妊娠性皮膚掻痒症と妊娠性痒疹 (特集 周産期の皮膚疾患・形成外科疾患カラーアトラス)
  • 皮膚掻痒症,皮脂欠乏性湿疹の診断と治療 (内科医がおさえておくべき皮膚科の基本) -- (内科医がまずおさえておくべき重要な皮膚疾患)
  • 当院[すずきネフロクリニック]における皮膚掻痒症へのとりくみ--生活指導、新薬(ナルフラフィン塩酸塩)を用いた皮膚掻痒症の軽減を試みて
  • 古屋 明美,浅川 智子,杉澤 悦子 [他]
  • 山梨透析研究会会誌 29, 36-38, 2011-02
  • NAID 40018767235
  • 治療 高齢者の皮膚掻痒症および皮脂欠乏性湿疹に対するセチリジン塩酸塩(ジルテック錠)の有用性の検討
  • 進藤 真久,山田 七子,山元 修
  • 西日本皮膚科 73(1), 69-76, 2011-02
  • NAID 40018729229

関連リンク

皮膚掻痒症。皮膚掻痒症とはどんな病気か 皮膚に目立った異常がみられないにも かかわらず、かゆみが出る病気です。かゆみのために引っかいて、引っかき傷や発赤( ほっせき)、茶褐色の色調変化が二次的にみられることがあります gooヘルスケア 家庭 の ...
皮膚掻痒症は、じんましんや湿疹がまったくないのにもかかわらず、皮膚がかゆいという 状態をいう一種の皮膚の神経の知覚過敏症です。 一般的には皮膚を乾燥性ドライ スキン、つまり皮膚がカサカサになりやすい、そのような方によく見られます。皮膚が 知覚 ...

関連画像

皮膚掻痒症には線維筋痛症の  …妊娠性皮膚掻痒症(PUPPP治皮膚掻痒症妙方ひどいかゆみ…妊娠性皮膚掻痒 ひどいかゆみ…妊娠性皮膚掻痒 皮膚掻痒症


★リンクテーブル★
先読みpruritus」「pruritis
国試過去問107D008」「079B042
リンク元胆汁」「デルマドローム
関連記事掻痒症」「皮膚」「」「掻痒

pruritus」

  [★]

  • n.


WordNet   license wordnet

「an intense itching sensation that can have various causes (as by allergies or infection or lymphoma or jaundice etc.)」

pruritis」

  [★]

  • n.
pruritus、(adj.)pruritic 掻痒症の、掻痒症を起こす


107D008」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107D007]←[国試_107]→[107D009

079B042」

  [★]

胆汁」

  [★]

bile
肝臓胆嚢胆管


  • 0.5-1.0 L/day, pH 8.0-8.6
  • 消化酵素を含まないアルカリ性の分泌液である

分泌部位

部位	胆汁		割合
肝細胞	毛細管胆汁	2/3
胆細管	胆細管胆汁	1/3

分泌経路

  • 肝臓胆汁が総肝管を経由して胆嚢にいたり、ここで濃縮を受けて胆嚢胆汁となる。

機能

  • 1. 脂肪乳化作用
  • 胆汁酸により、直径1μm以下の脂肪滴が形成され、表面積拡大によりリパーゼと反応しやすくなる。
  • 2. ミセルの形成
  • ミセルの直径5nm。胆汁酸は両親媒性であり親水基と疎水基を持つ。
  • 親水性: OH基,ペプチド結合,カルポキシル基
  • 疎水性: 上記部分以外
  • 胆汁に含まれる胆汁酸とリン脂質により、モノグリセリド・脂肪酸とミセルを形成することができる。
  • 3. コレステロールとビリルビンの排出
  • 4. 胃酸の中和

組成

1. 胆汁酸

see HBC.236
  1次胆汁:コレステロールより合成
    コール酸
    キノデオキシコール酸
  2次胆汁:1次胆汁の腸内細菌による代謝(7位の部位のOH基が除去される)
    デオキシコール酸
    リトコール酸
  3次胆汁:肝臓から分泌される状態(可溶性)
    タウロコール酸(タウリンと抱合)
    グリココール酸(グリシンと抱合)

2. 胆汁色素

  ビリルビン:Hbの代謝産物
  間接型(不溶性)
  ↓←グルクロン酸抱合
  直接型(水溶性)(抱合型ビリルビン)
  ↓
  ウロビリノーゲン(腸管)
  ↓
  ステルコピリン(腸管)
  ↓
  排泄

3. 脂質

  リン脂質(主にレシチン)
    不溶性であるが胆汁酸存在下でミセル形成(可溶性)
  コレステロール
    不溶性であるが胆汁酸存在下でミセル形成(可溶性)

4.電解質成分

  陽イオン:Na+(主)、その他K+,Ca2+
  陰イオン:Cl-,HCO3-(アルカリ性)

胆汁の分泌と排出

1. 毛細管胆汁  1-1. 胆汁酸依存性胆汁    胆汁酸と水分の分泌:胆汁酸の腸肝循環に依存。    腸肝循環:肝臓から分泌された胆汁が小腸で吸収され、門脈を経て肝臓に戻り、再び排泄されること。    タウロコール酸・グルココール酸      陰イオンに解離しやすく吸収されやすい。    リトコール酸      非解離型なので糞便中に排泄される。    分泌された胆汁酸の95%は腸肝循環により再利用される。

 1-2. 胆汁酸非依存性胆汁    胆汁酸以外の分泌:Na+,K+,Ca2+,Cl-,HCO3-,ビリルビン(有機陰イオン)    等張性     :Na+,Cl-,HCO3-は血漿濃度に類似

2. 胆細管胆汁  2-1. Na+,HCO3-(高濃度),水の分泌---セクレチンによる  2-2. Na+,Cl-の吸収

3. 胆汁の濃縮(胆嚢)   電解質吸収(Na+,Cl-の能動的吸収)とそれに伴う水の吸収→5-50倍に濃縮

4. 胆汁排出   食後30分で胆嚢収縮開始。液性の調節機構による排出が主である。  4-1. 液性   十二指腸内食物→CCK分泌→オッディ括約筋弛緩・胆嚢収縮   十二指腸内食物→セクレチン分泌→CCKの作用に拮抗   胃内食物→ガストリン分泌→胆嚢収縮  4-2. 神経性   迷走神経性反射→オッディ括約筋弛緩,胆嚢収縮(関与の程度不明)

臨床関連

  • 胆道系に形成された結石。半数以上は無症状SilentStoneである
  • 食後3時間程度で痛痛発作、黄痘などを呈する事がある。
  • コレステロール系結石(全体の70%):コレステロールの過飽和による。
  • ビリルビン系結石(全体の30%):黒色石+ビリルビンCa石
  • その他:炭酸カルシウム石など
  • 皮膚、強膜、粘膜が黄色くなる。
1. ビリルビンの生成過多
2. 肝細胞によるビリルビンの取り込み減少
3. グルクロン抱合障害
4. 胆汁へのビリルビン分泌障害
5. 胆管閉塞
  • 皮膚掻痒症
  • 胆汁により皮膚に痒みが出る


デルマドローム」

  [★]

dermadrome


YN.N-21


掻痒症」

  [★]

pruritus
掻痒痒み皮膚掻痒症

皮膚疾患による掻痒症 (IMD.249)


皮膚」

  [★]

skin
cutis
皮膚の構造




症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

掻痒」

  [★]

pruritus
皮膚掻痒症掻痒症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡