発痛物質

出典: meddic

algogenic substance, algesic substance, pain-producing substance, PPS


発痛物質

内因性発痛物質


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 鍼灸刺激の受容器(経穴)の有力候補ポリモーダル受容器について
  • 水村 和枝
  • 日本東洋醫學雜誌 = Japanese journal of oriental medicine 62(2), 196-205, 2011-03-20
  • … 筋無髄神経受容器の中でも,中等度以上の機械刺激,熱刺激,発痛物質のいずれにも反応するポリモーダル受容器が鍼灸効果には重要であると考えられている。 …
  • NAID 10027959809
  • 痛みの伝達神経路と痛覚変調
  • 鈴木 和夫
  • 東海大学紀要. 開発工学部 19, 1-10, 2010-03-31
  • … 痛覚経路では受容器の種類、発痛反応・発痛物質、侵害受容器に存在するレセプターについて解説した。 …
  • NAID 110007554401
  • 1. 損傷骨格筋における発痛関連物質動態(第10回日本体力医学会北海道地方会)
  • 桜井 智野風,樫村 修生,狩野 豊
  • 体力科學 57(3), 418, 2008-06-01
  • NAID 110006782440

関連リンク

... 刺激による痛みが、刺激の直接作用によるものと、組織損傷の結果2次的に産生された発痛物質によるものとからなると説明した。 カンタリジン発泡膏 cantharidin blister base 試験 (Cyril Arthur Keele & Desirée Armstrong 1951* ...
... が蓄積する。発痛物質は、侵害受容器を再び刺激して、痛みが、悪循環する(機能的痛み)。 慢性的な痛みの悪循環を断つためには、以下の方法が、有効と考えられる。 1.侵害刺激や炎症の原因を、除去する 2 ...

関連画像

13) 交感神経の血管支配  発痛物質が流されやすくという発痛物質が産生されます  発痛物質を産出する 事で痛みポリモーダル受容器終末の 発 痛 物質 が 過剰 に 分泌


★リンクテーブル★
先読みPPS
リンク元pain-producing substance」「痛覚発生物質」「algesic substance
拡張検索内因性発痛物質
関連記事物質」「発痛」「

PPS」

  [★]


pain-producing substance」

  [★]

algesic substance


痛覚発生物質」

  [★]

pain-producing substance
発痛物質


algesic substance」

  [★]

  • 発痛物質
pain-producing substance


内因性発痛物質」

  [★]


物質」

  [★]

substancematerialmatter
実体問題問題になる材料重要なこと事項サブスタンス


発痛」

  [★]

pain generationalgesic
発痛性


質」

  [★]

quality
品質




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡