癌胎児性フィブロネクチン

出典: meddic

oncofetal fibronectin


  • 細胞外マトリックス蛋白質の一頭
  • 頚管粘液中や膣分泌物中には通常認められない
  • 卵膜の損傷や脆弱化、子宮収縮などで絨毛膜が損傷されると、癌胎児性フィブロネクチンが頚管内、腟内に流出する
  • 早産発生の1-2週間前より高値
  • 20周以前では生理的に高値、24週以降に用いられる。


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 切迫早産 (周産期診療指針2010) -- (産科編 妊娠中期・後期の異常)
  • 田村 直顕,金山 尚裕
  • 周産期医学 40(-), 120-123, 2010
  • NAID 40018706020
  • P2-202 癌胎児性フィブロネクチンの有用性について当科における検討(Group59 早産2,一般演題,第61回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 張 良実,脇本 哲,細井 文子,坪内 弘明,新井 裕代,濱田 真一,早田 憲司,佐々木 記久子,今井 史郎,村田 雄二
  • 日本産科婦人科學會雜誌 61(2), 593, 2009-02-01
  • NAID 110007167026

関連リンク

備考 検体採取方法は総合検査案内をご参照ください。検体取扱方法 膣分泌物 専用綿棒(滅菌処理済)を後膣円蓋に挿入し,約10秒間静置または静かに回して分泌物を吸収させます。 注1 検体の採取は膣洗浄前に行ってください。
癌胎児性フィブロネクチンは、受精後20日目ごろから絨毛膜トロホブラスト細胞で産生され、羊水中や母体血清中に高濃度で存在する。 切迫早産等、破水が生じた場合は、膣内に癌胎児性フィブロネクチンが認められる。正常妊婦では膣 ...
癌胎児性フィブロネクチンとは? 妊娠34週2日の経産婦です。 2月末から8日間、切迫早産・子宮頚管無力症で入院していました。 出血していて、内診したところ子宮口2センチ開大。 点滴は、ウテメリン・止血剤・抗生剤をしました...

関連画像

ヒト癌胎児性フィブロネクチン 癌 胎児 性 フィブロネクチン癌 胎児性フィブロネクチン の 癌 胎児 性 フィブロネクチン 癌 胎児 性 フィブロネクチン 癌胎児性フィブロネクチン用


★リンクテーブル★
リンク元fFN」「oncofetal fibronectin
関連記事胎児」「フィブロネクチン」「胎児性」「癌胎児性」「クチン

fFN」

  [★]

癌胎児性フィブロネクチン


oncofetal fibronectin」

  [★] 癌胎児性フィブロネクチン

胎児」

  [★]

fetus
胎児の発生
  • 産科学:妊娠8週以降の児を指す。
  • 区別すること!!

成長

およそのめやすね。正確ではない。(SPE.68)
25週: 750g
30週:1500g
35週:2000g ←だいたい2200gだけど
40週:3000g
25週から5週間で230週から10週で2

循環器

  • 胎児心拍動は妊娠6週で認められ、妊娠7週目では100%確認できる。(G10M.6 QB.P-209)

感覚系

  • 妊娠10週ごろから刺激に反応して口、指、趾、目を動かす。(NGY.285)

聴覚

  • 妊娠中期には聴覚が発達。(NGY.285)
  • 妊娠28-30週(妊娠後期の始め)には音の刺激により心拍数が増加。(QB.P-190)

胎児の成長

G10M.6改変
妊娠月数
(月)
妊娠週数
(週)
胎児のイベント
1 2 肺胞期着床(受精後6日後)
2 5 中枢神経系、心臓形成開始
6 肺形成開始
7 胚形成、胎盤形成開始
3 9 胎児心拍最速(170-180bpm)
10 躯幹と四肢の運動が超音波で測定可能
11 外陰の性差が決まる(が超音波では分からない)
4 12 排尿が超音波で観察可能、胎便形成開始。
15 胎盤完成。呼吸様運動が不規則に観察可能(10週から始まっているが観察は容易ではない)。
5 16 嚥下が超音波で観察可能。 → 胎盤完成以降に羊水量が(急に)増えるが、嚥下が観察可能になるのはこれと関係ある?
17 外陰の性差が超音波で観察可能
18 胎動を感ずる(18-20週)
6 20 肺サーファクタント産生開始
7 26 肺の構造完成
8 28 肺サーファクタント増加
9 34 胚が成熟、腎の発生完了

国試



フィブロネクチン」

  [★]

fibronectin
ラージエキスターナルトランスフォーメーションセンシティブプロテイン large external transformation sensitive protein LETS proteinガラクトプロテイン agalactoproteina


  • 細胞接着蛋白質
  • 線維芽細胞などが産生
  • 癌化した細胞では細胞膜上のフィブロネクチンが減少


胎児性」

  [★]

胎仔胎児胎性胚性胚芽胚体胎生期胎仔型


癌胎児性」

  [★]

carcinoembryoniconcofetal
がん胎児性


クチン」

  [★]

cutin
角皮素




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡