熱ショック遺伝子

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 皮膚の熱ショック転写因子HSF1は構成的に熱ショック遺伝子群を活性化している(一般演題(口演)No.3)(第101回山口大学医学会学術講演会)
  • 中村 知恵,伊豆 英恵,藤本 充章,井上 幸江,高木 英一,吉川 義顕,中井 彰,武藤 正彦
  • 山口医学 52(6), 328, 2003-12-31
  • NAID 110002773873
  • 730 放線菌熱ショック遺伝子(dnaK)領域の解析
  • 稲田 晋宣,新川 英典,平津 圭一郎,木梨 陽康,長谷川 徹
  • 日本生物工学会大会講演要旨集 平成12年度, 169, 2000-07-10
  • NAID 110002922302

関連リンク

HSPの発現は細菌感染や炎症、エタノール、活性酸素、重金属、紫外線、飢餓、低酸素 状態などの細胞に対する様々なストレスにより誘導されることが知られている。核内 タンパク質である熱ショック転写因子(HSF)はDNA上の熱ショックエレメント(HSE)に 結合 ...
HSFとは熱ショック遺伝子の転写の触媒であり、プリン塩基とピリミジン塩基が多く 繰り返されているパリンドロームである熱ショックプロモーターと特に結合する。通常の 状況下では、HSFは細胞質内で三量体のタンパク質であるが、熱ショック活性化の結果 、再び ...

関連画像

外部刺激応答細胞の創製 ライフサイエンス 新着論文 Download]Science誌8月22日号


★リンクテーブル★
関連記事ショック」「遺伝」「遺伝子」「」「熱ショック

ショック」

  [★]

shock
虚脱状態
産科ショック

メジャー

心筋梗塞、致死的不整脈、心不全
心タンポナーデ収縮性心膜炎肺血栓塞栓症緊張性気胸
出血性ショック、体液喪失(熱傷)・脱水

マイナー

ショックの5P

ショックの判断

簡便

  • 収縮期血圧 90 mmHg以下

循環モニターのためのデバイス・検査項目

  • 血圧・脈拍
  • 心電図
  • 心エコー
  • 呼吸・血ガス
  • 血液検査・尿検査
  • バルーンカテーテル:残尿を排泄し、30分ごとに尿量、血圧、脈拍を測定する
  • 中心静脈圧
  • スワン・ガンツカテーテル
  • PiCCO
  • 胃トノメトリー

治療

心原性ショック 原疾患の治療
低容量性ショック 輸液、輸血、止血、昇圧剤は原則使用しない
敗血症性ショック 抗菌薬、昇圧薬、エンドトキシン吸着カラム、輸血、血糖コントロール、低容量ステロイド
神経原性ショック 輸液、昇圧薬
アナフィラキシーショック エピネフリン、輸液、抗ヒスタミン剤、ステロイド、昇圧薬、H2ブロッカー
閉塞性ショック 緊張性気胸 胸腔穿刺、胸腔ドレナージ
心タンポナーデ 心嚢穿刺、心膜開窓
肺塞栓 塞栓除去術、血栓溶解術



遺伝」

  [★]

heredity, inheritance
氏か育ちか
遺伝子遺伝性疾患遺伝形式
  • 親のもつ遺伝情報が遺伝子によって子孫に伝達され、その作用によって形質が発現すること。


遺伝子」

  [★]

gene
遺伝因子 genetic factor
ゲノム genome
  • 生物の遺伝情報を担う主要因子
  • 全ての生物の情報は、DNAからなる塩基配列にコードされている



熱」

  [★]

heathotfever(→発熱)
アイソトープ加温発情発情期放射性加熱熱い熱感ホット


熱ショック」

  [★]

heat shockheatshockHS、heat-shock
ヘパラン硫酸ウマ血清ヒートショック




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡