潜伏感染

出典: meddic

latent infection
潜在性感染
サブクリニカル感染静止感染感染


ウイルス

  • 慢性感染の一型
  • ウイルスゲノムは感染細胞内に存在するが、感染性のある完全なウイルス粒子が存在されない状態
ex. ヘルペスウイルス属


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/06/16 10:15:41」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 心身相関の源流にある「疲労」を科学する(2013年,第54回日本心身医学会総会ならびに学術講演会(横浜))
  • 近藤 一博
  • 心身医学 54(9), 828-833, 2014-09-01
  • … の人の体内でマクロファージと脳内アストロサイトに潜伏感染している.マクロファージで潜伏感染しているHHV-6は,1週間程度の疲労の蓄積に反応して再活性化し,唾液中に放出される.このため,唾液中のHHV-6の量を測定することによって中長期の疲労の蓄積を知ることができた.脳の前頭葉や側頭葉のアストロサイトに潜伏感染しているHHV-6も,ストレス・疲労によって再活性化が誘 …
  • NAID 110009841116
  • 診断と治療のTopics HIVの潜伏感染とその根絶への仮説的戦略
  • 白川 康太郎,髙折 晃史
  • HIV感染症とAIDSの治療 5(1), 21-27, 2014
  • NAID 40020122195
  • ウイルス感染症の発症機序:―ウイルスが病気を起こすメカニズム―
  • 吉崎 智一
  • Nippon Jibiinkoka Gakkai Kaiho 117(10), 1245-1248, 2014
  • … Epstein-Barr ウイルス (EBV) が発見されて今年で50年, これまでに, 分かってきた上咽頭癌発癌機序として, まず, 一般に上皮細胞に EBV が感染すると, ウイルス複製が亢進して, 発癌どころか感染細胞が溶解してしまうことから, EBV が潜伏感染状態を維持することが必須である. …
  • NAID 130004714031

関連リンク

潜伏感染(せんぷくかんせん)とは臨床的に認められる症状を示さず、体内に病原体が 存続している状態であり、持続感染の一種。ヘルペスウイルスでは体表面に感染した ウイルスが増殖したのちに神経節に上行して潜伏し、潜伏感染となる。この状態では 新しい ...

関連画像

潜伏 结核 菌 感染 症状 是 什么人 感染 h7n9 潜伏 期 缩 至 三四 美国 公共 卫生 部门 已经 在 梅毒 潜伏 期 通常 分 3 期 ①


★リンクテーブル★
リンク元ヘルペスウイルス亜科」「ウイルス」「潜在性」「サブクリニカル感染」「静止感染
拡張検索潜伏感染状態」「EBウイルス潜伏感染膜蛋白質
関連記事感染」「潜伏

ヘルペスウイルス亜科」

  [★]

ヘルペスウイルス科

ヘルペスウイルス亜科の特徴 (SMB.523)

ヘルペスウイルス亜科 宿主域 増殖サイクル 感染細胞 感染組織 慢性感染
α-ヘルペスウイルス 狭い~広い 比較的短 破壊 神経系組織 知覚神経節潜伏感染
β-ヘルペスウイルス 狭い 肥大、封入体形成   分泌腺、リンパ網様系細胞、腎臓、肺に持続感染
γ-ヘルペスウイルス 狭い 様々   リンパ芽球様細胞 リンパ系組織潜伏感染


ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。




潜在性」

  [★]

latencylatentinitiatedoccultcrypticsubclinical
陰性神秘的潜時潜伏潜伏感染潜伏期不顕性無症候性無症状性隠れた潜在潜在型潜伏感染状態

サブクリニカル感染」

  [★]

subclinical infection
無症状感染 silent infection、不顕性感染 inapparent infection潜伏感染 latent infection
感染感染症


静止感染」

  [★]

silent infection
潜伏感染 latent infection
サブクリニカル感染


潜伏感染状態」

  [★]

latency
潜在性潜時潜伏潜伏感染潜伏期

EBウイルス潜伏感染膜蛋白質」

  [★]

EB virus latent membrane protein, LMP


感染」

  [★]

infection
定着感染症不顕性感染顕性感染サブクリニカル感染
  • 細菌が宿主の体表面、体内や組織内に付着して増殖し、定着している状態。
  • 感染の成立には微生物(定着能、増殖能、細胞内進入能、毒素産生能などを総合した病原性)と宿主(排除能、殺菌能などの生体防御機構)の力関係が崩れたときに生じる



潜伏」

  [★]

latencylatent
潜在性潜時潜伏感染潜伏期不顕性潜在潜在型潜伏感染状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡