溶血斑形成細胞

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • <学術報告>制癌剤投与マウスにおける液性免疫応答の基礎的検討
  • 上地 俊徳
  • 琉球大学農学部学術報告 49, 199-203, 2002-12-01
  • In the present study the effect on the anti-SRBC antibody response in normal mice or mice that administrated with antitumor agents, mitomycin C (MMC) or cyclophosphamide (CY), has been investigated. C …
  • NAID 110000220606

関連リンク

に必要な生体防御機構の一番の基本は食細胞であると. 思います.これは マクロファージが, ..... ニーの周りに溶血斑を作ります.その溶血斑は,周り. の赤血球 が壊れて ... ですが,孔が形成され,細胞傷害性があるということ. がわかりました.ここ にありますよう ...
単離した脾細胞は,培養液. (RPMI1640)で2回洗浄した後,10%牛胎児血. 清を添加 した RPMI1640 に浮遊させ,一定の細. 胞濃度に調整した.得られた脾細胞浮遊液を 用い. て,リンパ球幼若化反応および溶血斑形成細胞試. 験(PFC 試験)を行った.


★リンクテーブル★
関連記事溶血」「形成」「斑形成」「溶血斑」「細胞

溶血」

  [★]

hemolysis, hematolysis
HELLP syndrome
溶血性疾患 see → OLM.125

溶血と臨床検査

  • 採血した血液の溶血により影響の大きい測定項目はLDHASTである。
  • しかしながら下表によれば、LDH、Fe、酸ホスファターゼ、カリウム、AST、ALTの順に影響が大きいとある。

血清と赤血球の生化学成分の濃度差

LAB.465
成分 単位 血漿 赤血球 赤血球/血漿
クレアチニン mg/dl 1.1 1.8 1.63636363636364
非タンパク性窒素 mg/dl 8 14.4 1.8
Mg mEq/l 2.2 5.5 2.5
非糖性還元物質 mg/dl 8 40 5
ALT IU/l 30 150 5
AST IU/l 25 500 20
カリウム mEq/l 1.1 100 90.9090909090909
酸性ホスファターゼ IU/l 3 200 66.6666666666667
Fe ug/dl 100 9700 97
LDH IU/l 360 58000 161.111111111111
アルギナーゼ IU/l trace 12 >1,000,000


形成」

  [★]

形式形態構造組成品種編成フォーム成立形づくる


斑形成」

  [★]

spotting
不正出血破綻出血機能障害性子宮出血中間期出血

溶血斑」

  [★]

hemolytic plaque
溶血プラーク

細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡