溶血性レンサ球菌

出典: meddic

hemolytic streptococcus, hemolytic streptococci
溶連菌

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 超遅発型B群溶血性レンサ球菌感染症 : 2症例報告
  • 岩田 あや,松原 康策,仁紙 宏之 [他]
  • 感染症学雑誌 = The journal of Japanese the Association for Infectious Diseases 86(5), 604-607, 2012-09
  • NAID 40019437098
  • 防疫対策 国内初のヒラメ用混合不活化ワクチン 「松研Mバック IPレンサ」について ヒラメのβ溶血性レンサ球菌症およびストレプトコッカス・パラウべリス感染症の予防ワクチン

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
リンク元緑色連鎖球菌」「Streptococcus pyogenes」「溶血性連鎖球菌」「hemolytic streptococcus」「溶血連鎖球菌
拡張検索A群溶血性レンサ球菌感染症」「A群溶血性レンサ球菌」「A群β溶血性レンサ球菌感染症
関連記事溶血」「」「溶血性」「球菌」「

緑色連鎖球菌」

  [★]

viridans streptococci, viridans group streptococci
Streptococcus viridans
緑色レンサ球菌緑色レンサ球菌群緑色連鎖球菌群
細菌連鎖球菌属viridans-type streptococcal endocarditisα-hemolytic streptococci溶血性レンサ球菌


  • グラム陽性球菌
  • 連鎖球菌属
  • 口腔(齲歯の起因菌にもなる)、上気道常在菌
  • α溶血性
  • 感染性心内膜炎の起炎菌の一部を占める。(亜急性心内膜炎の30-40%が本群による(SMB.248))
  • ランスフィールドの群抗原を持たないものが多い。


-緑色レンサ球菌


Streptococcus pyogenes」

  [★]

pyogenic streptococcus
Streptococcus pyogenes
ストレプトコッカス・ピオゲネス化膿性レンサ球菌化膿性連鎖球菌A群連鎖球菌Streptococcus group Agroup A StreptococcusGAS?、A群β溶連菌A群β溶血性連鎖球菌A群β溶血性レンサ球菌 group A beta-haemolytic streptococci GABHS
連鎖球菌属溶血性レンサ球菌

感染症




溶血性連鎖球菌」

  [★]

hemolytic streptococcus, (pl.)hemolytic streptococci
溶連菌溶血性レンサ球菌溶血レンサ球菌溶血連鎖球菌
連鎖球菌A群連鎖球菌B群連鎖球菌

溶血性の分類

ヒツジ赤血球寒天培地における溶血性で分類


hemolytic streptococcus」

  [★]

haemolytic streptococcushemolytic streptococci


溶血連鎖球菌」

  [★]

hemolytic streptococcus
溶血性連鎖球菌溶連菌溶血性レンサ球菌溶血レンサ球菌


A群溶血性レンサ球菌感染症」

  [★]

抗ストレプトリジンO抗体、溶血性レンサ球菌感染症


A群溶血性レンサ球菌」

  [★]

溶血性レンサ球菌感染症


A群β溶血性レンサ球菌感染症」

  [★] A群β溶血性連鎖球菌感染症

溶血」

  [★]

hemolysis, hematolysis
HELLP syndrome
溶血性疾患 see → OLM.125

溶血と臨床検査

  • 採血した血液の溶血により影響の大きい測定項目はLDHASTである。
  • しかしながら下表によれば、LDH、Fe、酸ホスファターゼ、カリウム、AST、ALTの順に影響が大きいとある。

血清と赤血球の生化学成分の濃度差

LAB.465
成分 単位 血漿 赤血球 赤血球/血漿
クレアチニン mg/dl 1.1 1.8 1.63636363636364
非タンパク性窒素 mg/dl 8 14.4 1.8
Mg mEq/l 2.2 5.5 2.5
非糖性還元物質 mg/dl 8 40 5
ALT IU/l 30 150 5
AST IU/l 25 500 20
カリウム mEq/l 1.1 100 90.9090909090909
酸性ホスファターゼ IU/l 3 200 66.6666666666667
Fe ug/dl 100 9700 97
LDH IU/l 360 58000 161.111111111111
アルギナーゼ IU/l trace 12 >1,000,000


菌」

  [★]

fungusfungimicrobial
菌類真菌真菌類微生物


溶血性」

  [★]

hemolytichaemolytic
溶血


球菌」

  [★]

coccus
細菌



性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡