減圧症

出典: meddic

decompression sickness
せんかんびょう 潜函病 dysbarism減圧病潜水病, 潜水夫病, diving disease, diver's disease、ケイソン病, caisson disease
気圧障害窒素塞栓症


概念

  • 高圧環境から常圧環境への急激な移動により生じる病態
  • 水深10m以内の急浮上では発症しない。
  • 急激な減圧後2時間以内に発症する場合がほとんど(90%)である。24時間以内の発症が90%という記載もみられる(SQ.504)
  • 病型:I型は皮膚と筋関節症状のみのもので、それぞれ皮膚型、四肢型と呼ばれる。II型はI型以外の症状を呈するもので、中枢神経型、脊髄型、内耳型、呼吸循環型がある。(SQ.504)
  • 治療は高圧酸素療法。II型減圧症の場合には再圧療法が必須。

参考

  • 1. ダイビング医学 - 山見信夫先生
[display]http://www.divingmedicine.jp/decompression/d_3.html


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/16 18:29:10」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 素潜り漁中に発症した脳型減圧症の1例
  • 松尾 龍,荒川 修治,古田 芳彦 [他]
  • 臨床神経学 52(10), 757-761, 2012-10-00
  • NAID 40019458122
  • 減圧症 (特集 スポーツ医学と救急医学) -- (環境障害に伴う病態への対応)
  • ダイビング : 圧損傷と減圧症 (特集 夏場の救急傷病 初期対応とケア) -- (概説と事例,初期対応とケア)
  • 工藤 大介,久志本 成樹
  • 臨床看護 38(7), 963-967, 2012-06-00
  • NAID 40019332454

関連リンク

山見信夫によるダイバーの為の潜水医学 ... 減圧が原因で起こる障害を総じて減圧障害(decompression illness)といいます。ここでは、減圧障害のひとつである減圧症について説明します。
減圧症(潜水病、潜函病)は、高圧環境下で血液や組織中に溶けていた窒素が、減圧に伴い気泡をつくる状態です。 ... 空気は主に窒素と酸素から成り立っています。圧力が高いと空気は圧縮されるので、深い水中で吸った空気は水面 ...
館山セミナーオフィシャルソングとして「減圧ソング」音楽CDが全国販売されました。 昨年のテーマ曲「耳抜き 音頭」も収録されています。 安全停止中に運動すると減圧症になりにくくなるという昨年の講演内容をもとに作成された3 ...

関連画像

48 減圧 症 マリン スポーツ 減圧症減圧症の症状蒼い 海 へ の 誘い 感動 と KenさんのBLOGS蒼い海への誘い】感動と色彩 減圧症体験記蒼い海への誘い】感動と色彩


★リンクテーブル★
先読み窒素塞栓症
国試過去問108A021」「097I047」「107I029」「101B119
リンク元気圧障害」「caisson disease
関連記事減圧」「

窒素塞栓症」

  [★]

nitrogen embolism
ケイソン病空気塞栓症


108A021」

  [★]

  • 21歳の男性。手指の震えを主訴に来院した。週に 3日午前中、派遣先の大型塗料店で在庫管理の仕事をしている。 4日前、離島でダイビングをしている時、水深 21 mまで潜ってから浮上する途中に、潜水の履歴から浮上の必要性や手順を計算するダイビングコンピュータから浮上を停止するよう指示を受けた。その際、一旦浮上を停止した後インストラクターの指示に従い浮上した。 2日前もダイビングをした後、夕方ジェット旅客機に搭乗し帰宅した。帰路、天候が悪く機体の揺れのため席から離れることができなかった。就寝時、右中指の近位指節間関節が少し痛いのに気付いた。昨日も指先の感覚に違和感を覚えた。本日、字を書く時に指先が震えるため受診した。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108A020]←[国試_108]→[108A022

097I047」

  [★]

  • 38歳の男性。意識障害のため仲間に伴われて救急車で搬入された。本日、海で水深30m程度のスキューバ潜水を楽しんでいた。2回目に浮上したとき、約5分後に全身倦怠感を訴え、意識を消失した。搬入時は意識は清明で、顔面腫脹、両上肢の感覚低下および両下肢の運動麻痺と感覚低下とを認める。血液所見:赤血球560万、Hb20.2g/dl、Ht61%、白血球8,800。胸部エックス線写真に異常はなく、心電図は正常範囲である。
  • 適切な治療法はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 097I046]←[国試_097]→[097I048

107I029」

  [★]

  • 環境による障害について正しいのはどれか。
  • a 深部体温44℃の熱中症は予後が悪い。
  • b 減圧症は旅客機に搭乗することで改善する。
  • c 凍傷では壊死部分のマッサージが有効である。
  • d 高地脳浮腫では酸素吸入で登山続行が可能となる。
  • e 全身被ばく後に下血を伴う急性放射線障害は予後が良い。


[正答]


※国試ナビ4※ 107I028]←[国試_107]→[107I030

101B119」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 101B118]←[国試_101]→[101B120

気圧障害」

  [★]

barotrauma
気圧性外傷圧外傷潜函病気圧減圧症


caisson disease」

  [★] 減圧症ケイソン病

減圧」

  [★]

vacuumreduced pressurehypobaric
吸引低圧低比重真空


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡