混濁腫脹

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/09/26 13:15:52」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 乳牛の脂肪肝における血清TNF活性とインスリン抵抗性の関連(短報)
  • 大塚 浩通,小岩 政照,初谷 敦 [他],工藤 克典,星 史雄,伊東 登,横田 博,岡田 洋之,川村 清市
  • The journal of veterinary medical science 63(9), 1021-1025, 2001-08-25
  • … 脂肪肝を発症した乳牛の血清TNF活性とインスリン抵抗性の関係について検討した.発症牛の肝臓を病理組織学的に分類し, 軽度脂肪沈着(1群;n=11), 重度脂肪沈着(2群;n=10), ならびに混濁腫脹(3群;n=8)とした.2群(8.67±2.16U/ml)と3群(11.65±1.92U/ml)の血清TNF活性は1群(3.57±0.81U/ml)に比べ有意に高かった(p<0.05).インスリン低血糖試験において2群27.6±7.8%)ならびに3群(15.8±9.1%)の血糖値低下率(GDR)は1群(41.7±9.8%)に比べ有意に低下した(p<0.0 …
  • NAID 110003920739
  • Babesia rodhaini 感染スナネズミおよびマウスのリンパ系組織と肝臓の免疫病理学的観察
  • 須永 藤子,並河 和彦,岸川 正剛 [他],菅野 康則
  • 動物の原虫病 = Journal of animal protozoosis 16(1), 24-30, 2001-05-30
  • … 増加を示した.病理学的変化としては,マウスでは原虫数が急増するに伴って,胸腺の萎縮や胸腺リンパ球の変性・壊死像,脾臓やリンパ節のろ胞内のリンパ球の脱落や変性が観察され,さらに,肝細胞の混濁腫脹,巣状壊死が認められた.しかし,スナネズミでは原虫数の増加に伴い脾洞内に赤血球が充満し,原虫感染赤血球を貧食したマクロファジーが多数観察され,また,肝臓のクッパー細胞が肥大増数したが, …
  • NAID 10008024212
  • Vibrio anguillarumおよびその菌体外生産物を接種したニジマスの病理学的検討〔英文〕
  • Lamas Jesus [他],Santos Ysabel,Bruno David,Toranzo Alicia E.,Anadon Ramon
  • 魚病研究 29(2), 79-89, 1994
  • … 光顕および電顕観察による病理変化も両群は類似し, 肝細胞の変性と壊死, 糸球体毛細血管の拡張, 尿細管上皮細胞の混濁腫脹と硝子滴変性, 鰓の浮腫, 腸管粘膜の剥離などが観察された. …
  • NAID 130000856862

関連リンク

混濁腫脹(こんだくしゅちょう、英:cloudy swelling)とは実質臓器(肝、心、腎)が光沢や 透明性を失い、白く濁った状態となること。混濁腫脹はミトコンドリアがよく発達する実質 臓器に出現しやすく、急性中毒、感染症、虚血、低酸素血症などミトコンドリアの ...
混濁腫脹(こんだくしゅちょう、英:cloudy swelling)とは実質臓器が光沢や透明性を失い 、白く濁った状態となること。混濁腫脹はミトコンドリアがよく発達する実質臓器に出現し やすく、急性中毒、感染症、虚血、低酸素血症などミトコンドリアのエネルギー代謝が ...

関連画像

けんさせんこう2ねんせい!にて脈絡膜の腫脹、混濁 図1. アデノウイルス8型による  診断 ハム 脾 混濁 腫脹 サゴ 脾


★リンクテーブル★
関連記事腫脹」「混濁

腫脹」

  [★]

swelling
腫大
腫大膨化膨潤膨張隆起



混濁」

  [★]

opacity
乳白度不透明



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡