淡蒼球破壊術

出典: meddic

pallidotomy
淡蒼球手術淡蒼球切裁



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • パーキンソン病に対する淡蒼球破壊術・視床破壊術後に脳深部刺激術を行った4例
  • Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery 48(1), 88-89, 2009-06-15
  • NAID 10029744896
  • 外科的治療 淡蒼球手術 (パーキンソン病--基礎・臨床研究のアップデート) -- (治療)
  • パーキンソン病における外科的治療の役割
  • 機能的脳神経外科 : 日本定位・機能神経外科学会機関誌 = Functional neurosurgery : official journal of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery 43(1), 44-48, 2004-04-20
  • NAID 10013438706

関連リンク

手術療法―定位脳手術 淡蒼球破壊術 視床破壊術 脳深部刺激療法 近年パーキンソン病に対する外科的治療が注目されています。 歴史的にみると、視床破壊術が最初に行われ、その後淡蒼球破壊術がよく行われるようになってきました。
1980年代に後腹側淡蒼球破壊術が,1990年代にDBSが開発された. 2000年4月より本邦でもDBSの保険適用が認められた. 破壊術と深部電気刺激(DBS) 破壊術 ...

関連画像

グラフ過去の手術:神経破壊術】過去の手術:神経破壊術】視床破壊術定位・機能神経外科治療 パーキンソン病


★リンクテーブル★
リンク元pallidotomy」「ヘミバリスム」「淡蒼球手術」「淡蒼球切裁
関連記事淡蒼球」「

pallidotomy」

  [★] 淡蒼球破壊術


ヘミバリスム」

  [★]

hemiballism
ヘミバリズム
淡蒼球破壊術片側舞踏病


淡蒼球手術」

  [★]

pallidotomy
淡蒼球破壊術淡蒼球切裁


淡蒼球切裁」

  [★]

pallidotomy
淡蒼球手術淡蒼球破壊術

淡蒼球」

  [★]

globus pallidus (KH), pallidum
レンズ核淡蒼部 pars pallida nuclei lentiformis
レンズ核被殻内包錐体外路線条体


解剖 (KL.753)

神経連絡 (KL.754)

入力線維

出力線維


-globus pallidus


術」

  [★]

surgery
外科外科学手術外科術外科手術




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡