海馬台

出典: meddic

subiculum
海馬支脚アンモン角支脚 subiculum cornuammonis



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 1. 前海馬台領域の神経線維連絡
  • 本多  祥子,古田  貴寛,金子  武嗣,石塚  典生,柴田  秀史,佐々木  宏
  • 東京女子医科大学雑誌 79(11), 468-468, 2009-11-25
  • 第33回東京女子医科大学神経懇話会
  • NAID 120002693151
  • 1.前海馬台-嗅内野結合の形態学的解析(一般演題,第26回東京女子医科大学神経懇話会,学術情報)
  • 本多 祥子,佐々木 宏
  • 東京女子医科大学雑誌 76(5/6), 247, 2006-06
  • NAID 110007525464

関連リンク

嗅内野に入った信号は、海馬内のそれぞれの領域に同時に平行して信号を送っています。嗅内野II層細胞(小さい細胞で濃く染まっている)からの信号は歯状回( DG )とCA3へ、III層細胞からの信号はCA1と海馬台に送られます。
海馬台 1.海馬台のシナプス結合 [“海馬”を究める 池谷祐二 http://gaya.jp/research/index.htm] 海馬支脚もまた海馬体の主要な出力成分を担っており、この部位を研究することは重要である。しかし、海馬支脚の主要細胞である錐体細胞の ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
リンク元subiculum」「海馬支脚」「subicula
拡張検索前海馬台
関連記事海馬」「

subiculum」

  [★] 海馬台鉤状回

Ammon's horncornu ammonishippocampal formationhippocampussubiculasubicular


海馬支脚」

  [★]

subiculum of hippocampus
海馬台


subicula」

  [★]

海馬台

subicularsubiculum

前海馬台」

  [★]

presubiculum
海馬傍回

海馬」

  [★]

hippocampus
アンモン角 Ammon's horn cornu ammonis cornu Ammonis、大海馬
大脳辺縁系



台」

  [★]

stand
位置群落静置耐える立つ抵抗スタンド




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡