浅頚リンパ節

出典: meddic

superficial cervical lymph nodes (N,KH)
nodi lymphatici cervicales superficiales




和文文献

  • 完全房室ブロックを呈した縦隔型リンパ腫の馬の1例(臨床病理学)
  • 杉山 晶彦,竹内 崇,森田 剛仁,松鵜 彩,神田 鉄平,島田 章則,天谷 友彦,日笠 喜朗
  • The journal of veterinary medical science 70(10), 1101-1105, 2008-10-25
  • … 15歳齢,去勢雄のポニーが4ヵ月前より体重減少を呈し,臨床検査において著しい徐脈と完全房室ブロックを示した.剖検時に,前縦隔領域における分葉状の大型塊の形成および浅頚リンパ節の腫脹が認められた.当該病変ではCD3陽性のリンパ球様腫瘍細胞がシート状に増殖していたが,核分裂像は乏しかった.著者らの知る限り,本例は馬における完全房室ブロックを伴った縦隔型リンパ腫の最初の報告である. …
  • NAID 110006967095
  • 乳癌における磁性体を用いた新センチネルリンパ節生検同定法に関する研究
  • 片寄 喜久,南谷 佳弘,鎌田 収一,中川 拓,今野 広志,小川 純一
  • 日本外科学会雑誌 103(臨時増刊), 168, 2002-03-10
  • NAID 110003949732

関連リンク

ここからのリンパは浅頚リンパ節に流れ、そこから深頚リンパ節へ注ぎます。浅い部位に あるリンパ節は小さくても容易に触れる ... 耳介の真後ろにある乳様突起という骨の 出っ張り付近のリンパ節群で、側頭部からのリンパを集め、浅頚リンパ節に注ぎます。 ...

関連画像

ラフェース院長の美容、医療 頭部の深リンパ節群とその周囲 Right Inguinal Lymphadenopathy Icd Define 浅頚リンパ節の腫大リンパ腫 浅頚リンパ節FNA_14.JPG リンパ節でしょうか、これは


★リンクテーブル★
リンク元頚部リンパ節
関連記事リンパ節」「リン」「」「」「リンパ

頚部リンパ節」

  [★]

cervical lymph node
  • M.567



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

国試




リンパ節」

  [★]

lymph node (Z), lymph gland
lymphonodus


  • 扁平楕円
  • 直径3cm
  • 脂肪組織で覆われた先生結合組織でできた被膜に包まれる
  • リンパ管の合流部にできる
  • 構造は大まかに3層:皮質、傍皮質、髄質。
  • リンパの流れ:輸入リンパ管→辺縁洞→中間洞→髄洞→輸出リンパ管

解剖

  • 帽状域 mantle zone:増殖したリンパ球がリンパ小節の発生母治から出て行こうとしている小リンパ球が密集したもの
  • 胚中心 germinal center:抗原刺激に反応したときに形成される。記憶B細胞や形質細胞が分化する部位
リンパ球は暗調域-(中心芽細胞から中心細胞(sIgを発現)へ)→基底明調域→頂部側明調域と移動する
  • 傍皮質:ヘルパーT細胞が活性化すると傍髄質臥拡大し、髄質の深部まで伸びてくる。 ←胸腺依存領域とも呼ばれる

:*T細胞

  • 髄質

臨床関連

  • EBウイルスに感染したB細胞に対する細胞障害性T細胞が傍皮質で観察される
  • AIDS
  • The characteristic lymph node changes in AIDS are progressive transformation of the germinal centers.

参考

  • 胸部のリンパ節 - 日本食道学会
[display]http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0053/1/0053_G0000152_0061.html

</nowiki>




リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






節」

  [★]

ganglionganglianodeknot、(分類学)section、(文章)clausenodalganglionic
結節結節型結節状結節性神経節セクション、切片、結び目ノット薄切部門リンパ節割面ノード結節腫ガングリオン


頚」

  [★]

cervixcervical
頸髄頚髄頸椎頚椎頸部頚部子宮頸部子宮頚部


リンパ」

  [★]

lymph (Z)
lympha
淋巴
リンパ節





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡