流行性耳下腺炎性髄膜炎

出典: meddic

mumps meningitis


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 流行性耳下腺炎性髄膜炎の6症例について
  • 布施 栄信 [他]
  • 県立がんセンター新潟病院医誌 2(2), ????, 1962-12
  • NAID 40017745995

関連リンク

流行性耳下腺炎(りゅうこうせいじかせんえん)は、ムンプスウイルス(英語版)の感染 によって発生するウイルス性の病気。一般にはおたふく風邪 ... 無菌性髄膜炎: 10人に1 人と合併症としては最多(40%が耳下腺の腫脹無しで発生)。 難聴(ムンプス難聴): 重 篤 ...
流行は? 世界中で年間を通してムンプス(流行性耳下腺炎、おたふくかぜ)の発生がみ られますが、ムンプスの発生のピークは晩冬から早春にかけて見 .... そのような組織で の炎症が、耳下腺炎や無菌性髄膜炎といったムンプスに特徴的な症候なのです。

関連画像

定点把握感染症(五類)の月別 定点把握感染症(五類)の保健所 で 下がります 無菌 性 髄膜炎 ウイルス71型, エコーウイルス 保環研】感染症情報:新潟県  もの の 無菌 性 髄膜炎 の


★リンクテーブル★
先読みmumps meningitis
関連記事髄膜炎」「耳下腺」「耳下腺炎」「流行」「髄膜

mumps meningitis」

  [★]

ムンプス髄膜炎ムンプス性髄膜炎

髄膜炎」

  [★]

meningitis
脳脊髄膜炎
蛋白細胞解離


病因

  • 感染症(細菌、ウイルス、真菌など)、悪性腫瘍の浸潤 → 髄膜の炎症

分類

病原体

  • 菌血症→脳脈絡叢→髄腔
  • 菌体成分(LPSなど)→BBB, 上衣細胞、脳細胞の障害。神経膠細胞による炎症サイトカインの分泌
  • 血行性、あるいは神経軸索によりウイルスが髄腔に波及。

臨床経過

宿主要因と髄膜炎に関わる病原体

頻度・年齢階層が資料によって異なるため混乱しないように注意。

YN.J-137改変

4ヶ月未満 B群溶連菌(50%) 大腸菌(25%) インフルエンザ菌(20%) リステリア菌(1%)  
4ヶ月~6歳未満 インフルエンザ菌(70%) 肺炎球菌(25%)      
6歳~50歳未満 肺炎球菌(65%) インフルエンザ菌(10%) 髄膜炎菌  
50歳以上 肺炎球菌(80%) 黄色ブドウ球菌      
免疫不全者 クレブシエラ 連鎖球菌 緑膿菌 黄色ブドウ球菌 真菌

first aid step1 2006 p.161

Newborn (0–6 mos) Children (6 mos–6 yrs) 6–60 yrs 60 yrs +
Streptococcus agalactiae Streptococcus pneumoniae Neisseria meningitidis Streptococcus pneumoniae
Escherichia coli Neisseria meningitidis Enteroviruses Gram-negative rods
Listeria Haemophilus influenzae type B Streptococcus pneumoniae Listeria
  Enteroviruses HSV  
incidence of H. influenzae meningitis has ↓ greatly with introduction of H. influenzae vaccine in last 10–15 years.

CBT QB vol2 p.562

  1位 2位 3位
新生児 大腸菌 B群溶連菌 リステリア菌
小児期(6歳以下) インフルエンザ菌 肺炎球菌  
成人 肺炎球菌 髄膜炎菌  

IMD.1042

年齢 病原体
3ヶ月未満 B群溶連菌 大腸菌 リステリア菌
3ヶ月以上の乳小児 インフルエンザ菌 肺炎球菌  
成人 肺炎球菌 髄膜炎菌  
高齢者 肺炎球菌 グラム陰性桿菌 リステリア菌

小児細菌性髄膜炎起炎菌(PED.606)

<3か月 3か月≦
グラム陽性 球菌 Streptococcus agalactiae
Streptococcus pneumoniae
Staphylococcus
Enterococcus faecalis
Streptococcus pneumoniae(PSSP/PISP/PRSP)
桿菌 Listeria monocytogenes Listeria monocytogenes
グラム陰性 球菌 Neisseria meningitidis Neisseria meningitidis
桿菌 Escherichia coli
Enterobacter cloacae
Serratia marcescens
Haemophilus influenzae type b

新生児

  • Streptococcus agalactiaeは産道感染
  • Escherichia coliもおそらく産道感染

新生児と老人

  • Listeria monocytogenesは産道感染するので新生児に多い。新生児と老人に多いのは通性細胞内寄生菌で細胞性免疫の弱い宿主に感染やすいため?

乳児~幼児

  • Haemophilus influenzae type B

乳児~大人

  • Enteroviruses
  • Neisseria meningitidis

小児~大人

  • Herpes simplex virus

乳児~老人

  • Streptococcus pneumoniae

老人

  • グラム陰性桿菌は老人

髄膜炎の鑑別

  細菌性髄膜炎 ウイルス性髄膜炎 結核性髄膜炎 真菌性髄膜炎 癌性髄膜炎
外観 混濁 clear 水様~
キサントクロミー
日光微塵
clear~
日光微塵
clear~
キサントクロミー

70-180
(mmH2O)
↑↑
200~800以上

200~300

200~800

200~800

200~300
細胞
0-5
(/mm3)
500~数百万 10~1,000 25~1,000 25~1,000 25~500
好中球 リンパ球 リンパ球 リンパ球 好中球
タンパク
15-45
mg/dl
↑↑
50~1,500

正常~100

50~500

100~500

50~500

50-80
mg/dl
↓↓
0~40

正常
↓↓
~40
↓↓
~40

~40

予後不良因子

  • 入院時の状態に依存する:痙攣、意識レベルの変化、低血圧 (IRE.407)

国試



耳下腺」

  [★]

parotid gland (KH,Z)
glandula parotis
顎下腺舌下腺唾液腺唾液大唾液腺


  • 図:N.21(顔面神経が貫通)

解剖

神経

関係する臓器、組織



耳下腺炎」

  [★]

parotitis
唾液腺反復性耳下腺炎


関連疾患

  • ウイルス性耳下腺炎
  • 白血病、腫瘍


流行」

  [★]

fashionepidemicprevalenceprevailprevalentepidemic
epidemia
伝染性普及方法蔓延有病率様式罹患率流行性流行病伝染病
集団発生


髄膜」

  [★]

meninx, meninges (M)
脳脊髄膜





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡