活性中心

出典: meddic

active center
活性部位 active site



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/05/21 17:36:44」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 討論会レビュー ポスター賞 酸化型〔2Fe-2S〕ferredoxin活性中心の電子親和力に対する周辺ペプチド結合からの水素結合の効果
  • 安田 奈都美
  • Bulletin of Japan Society of Coordination Chemistry (59), 124-126, 2012-05
  • NAID 40019399599
  • ヒトアルカリ性ホスファターゼ・アイソザイムの阻害剤に対する感受性の相違
  • 飯岡 拓馬,出山 義昭,吉村 善隆,鈴木 邦明
  • 北海道歯学雑誌 32(2), 202-209, 2012-03-15
  • … 一方,etidronateに対して小腸型は骨型に比べてより低濃度で阻害された.Etidronateを除いて,アイソザイムのタイプによって阻害剤に対する反応性は異なる傾向を示した.ALPはホモダイマーでありその界面に活性中心が存在する.そこで,タンパク質のサブユニットを解離させ構造に影響を与えるsodium dodecyl sulfate(SDS)を用いて,ALP活性の阻害剤濃度依存性に与える影響を調べた.その結果,骨型はSDS存在下でtidronateに …
  • NAID 10030576420
  • 2Ea03 チオシアネート加水分解酵素の基質特異性に対する活性中心近傍アルギニン残基の影響(タンパク質工学,一般講演)
  • 渡邉 俊則,荒川 孝俊,山中 保明,浪間 聡志,中山 洋,片山 葉子,堂前 直,養王田 正文,尾高 雅文
  • 日本生物工学会大会講演要旨集 (63), 141, 2011-08-25
  • NAID 110008911370

関連リンク

分子生物学における活性部位(かっせいぶい、英: active site)は、基質が結合し化学 反応が進む酵素の部位のことである。多くの酵素はタンパク質からできているが、 リボザイムと呼ばれるリボ核酸でできた酵素も存在する。酵素の活性部位は、基質の 認識に ...
世界大百科事典 第2版 活性中心の用語解説 - 不均一系触媒反応で固体触媒の働きを 説明するために,1925年イギリスのテーラーH.S.Taylorは,触媒表面の特別な部分, たとえば原子配列の不規則な部分などが,反応分子を吸着し反応をひき起こす活性点 ...

関連画像

図1 光合成酸素発生の活性中心 2 ヒドロゲナーゼの活性中心コラーゲン(上)とインスリン 酵素 S:基質 ES:酵素-基質  活性中心 の 構造 数値 は 結合 反応がおこる活性中心の構造


★リンクテーブル★
先読み活性部位」「active site
拡張検索第XIII因子活性中心
関連記事」「中心」「活性

活性部位」

  [★]

[[]]
active site
[[]]


active site


active site」

  [★]

See also Catalytic site


第XIII因子活性中心」

  [★]

active center of factor XIII


心」

  [★]

heartmindcardiac
核心強心心臓心臓性
精神心陰影
心虚


漢方医学

機能

  • 1. 意識水準を保つ
  • 2. 覚醒・睡眠のリズムを調節する
  • 3. 血を循環させる

失調症状

→ 心虚
  • 焦燥感、不安感、集中力の低下、不眠、嗜眠、情緒不安定、顔面紅潮、舌尖の真紅、動悸、脈の結代、胸内苦悶感、息切れ


中心」

  [★]

centercentrehubcentrumcentrocentralmedial
センター中央中心性中心的中枢神経性中枢性中枢的内側内側性中央に置く椎体中枢ハブ

活性」

  [★]

activity
活性度活動性活量活動




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡