泡沫細胞

出典: meddic

foam cell


foamcell

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 疣状黄色腫の2例
  • 信原 桂子,上原 慎司,石井 正光 [他]
  • 臨床皮膚科 65(11), 899-902, 2011-10
  • NAID 40019005559
  • 動脈硬化病変におけるヒスタミンの役割
  • 王 克〓,谷本 昭英,笹栗 靖之
  • 産業医科大学雑誌 32(1), 63-71, 2010-03-01
  • … ヒスタミンは,ヒスチジン脱炭酸酵素によってL-ヒスチジンから合成され,炎症,アレルギー,胃酸分泌,神経伝達といった生体反応を調節する生体アミンである.動脈硬化病変では,マクロファージ由来の泡沫細胞から産生されたヒスタミンは,血管平滑筋,血管内皮,炎症細胞に特異的ヒスタミン受容体を介して作用し,炎症反応に関わる多くの分子の発現を調節している.動脈硬化病変の形成と進展には,ヒスタミンネットワークに …
  • NAID 110007588849

関連リンク

マクロファージは別名「貧食細胞(異物をむさぼり食うようにして体内にとりこむという 意味)」とも呼ばれ、過剰のLDL(悪玉コレステロールともいわれます)が存在すると、 酸化などの変化を受けた変性LDLを取り込んで、泡沫細胞となってコレステロール エステルを ...
いろいろな危険因子により内皮細胞が活性化されると、血液中の単球が内皮細胞の 表面に接着し、内皮細胞に侵入するようになります。ここに過剰のLDL(悪玉 コレステロール)が存在すると、単球はマクロファージへと成熟・分化し、泡沫細胞を形成 するようになり ...

関連画像

泡沫細胞形成過程泡沫細胞.jpgきて、泡沫細胞(黄色腫細胞 泡沫細胞の他、好中球 泡沫細胞 ( foam cell )きて、泡沫細胞(黄色腫細胞


★リンクテーブル★
国試過去問102E023
リンク元内膜
関連記事細胞

102E023」

  [★]

  • 創傷の肉芽形成で増えるのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102E022]←[国試_102]→[102E024

内膜」

  [★]

intima, intimal (adj.), inner membrane, internal tunic
tunica intima (Z)
中膜血管


組織

病理

血管の損傷

  • 内膜の内皮下結合組織が肥厚

粥状硬化症

  • 内皮下結合組織に粥腫ができる。
  • necroticcenterはfibrous capにかこまれる
fibrous cap
平滑筋マクロファージ泡沫細胞リンパ球コラーゲンエラスチンプロテオグリカン血管新生
necrotic center
壊死組織コレステロールの血漿、泡沫細胞カルシウム

梗塞

  • 肥厚する



細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡